悲壮感漂いすぎてつらい。釘を使って人間を表現した写真作品


こちらはチェコのアーティストVlad Artazovの作品です。これらの写真は釘を様々な角度に曲げて擬人化し、あるシチュエーションで撮影されています。

釘の持つか細いシルエットやライティングのせいかとても切なくなるようなものばかりです。人間が道具として作りだした釘で人間をここまで表現できることに驚きです。ちょっとした湾曲で感情が表現されていますね。

どうやら性的な舞台設定?と思われる光景があります。ただ、釘なので、そこまで詳細に表現はできていませんが。また、モノクロームなことや、ライティングの効果でドラマティックに演出されています。






すべての画像を見る






 
 
 

2012年12月1日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

これは酷い。イギリスの音楽フェス終了後の光景が目を疑う有様・・・... 90,000人の音楽ファンが溢れかえった後の光景はゴミの山でした。この写真は音楽フェス終了後に空撮されたもので、その燦々たる風景を映し出しています。まるで竜巻が通り過ぎたかのようにも見えますね。 このフェスはReading Festival(レディング・フェスティバル)という名の音楽フェスで、...
今にも喋り出しそう。動物を擬人化した写真シリーズ「Second Skins」... さまざまなものを擬人化するという手法はポピュラーな方法として多くのアーティストやイラストレーター、画家などによって使用されていますね。星座、お金、車、ポケモン、野菜などなど当サイトでも多く紹介してきました。以下。 擬人化ならぬモンスター化!!邪悪でかっこいい12星座のイラストレーション ...
香港のネオンサインが楽しめるオンラインエキシビション「NEONSIGNS.HK 探索霓虹」... 香港のネオンサインが楽しめるオンラインギャラリー「NEONSIGNS.HK 探索霓虹」をご紹介します。このサイトでは香港のネオンサインをGoogleマップにマッピングし、どこにどんなネオンサインがあるか見ることができます。「AKIRA」や「ブレードランナー」「攻殻機動隊」などといった近未来のイメージ...
ネオンカラーでギラつく東京。サイケデリックな繁華街を捉えた夜景写真... ベルギーのブリュッセルを拠点に活動するフォトグラファーであり、映像作家でもあるXavier Portela(ザビエル・ポルテラ)は東京やバンコク、香港などアジアの各地を訪れ、多くの写真をInstagramに投稿しています。 東京の秋葉原、新宿などのギラギラとネオンカラーが眩しい繁華街を撮影して...
次の瞬間を想像させる。悲惨な結果の直前を撮影した寸止め写真... フォトグラファーAaron Tilleyの写真がとても秀逸です。撮影されたのは一見すると日常に溢れる普通のモチーフではありますが、絶妙なタイミング、誰もが想像できるであろう悲惨な次の場面の手前で撮影されています。 風船が割れる直前、ペンのインクがシャツに落ちる直前、卵やグラスが割れる直前など、...
技術力が圧巻。デジタル処理で作られた非現実世界が、かなりリアルに見える... レタッチ(フォトレタッチ)とは、画像データ、特に写真を取り込んだデータを加工・修正する作業で、スウェーデンに拠点を置くErik Johansson(エリック・ヨハンソン)さんは、プロのレタッチャーであり、フォトグラファーです。 限りなくリアルに見えるフォトショップの技術力、レタッチなどが凄いの...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る