悲壮感漂いすぎてつらい。釘を使って人間を表現した写真作品

こちらはチェコのアーティストVlad Artazovの作品です。これらの写真は釘を様々な角度に曲げて擬人化し、あるシチュエーションで撮影されています。

釘の持つか細いシルエットやライティングのせいかとても切なくなるようなものばかりです。人間が道具として作りだした釘で人間をここまで表現できることに驚きです。ちょっとした湾曲で感情が表現されていますね。

どうやら性的な舞台設定?と思われる光景があります。ただ、釘なので、そこまで詳細に表現はできていませんが。また、モノクロームなことや、ライティングの効果でドラマティックに演出されています。






すべての画像を見る






 
 
 

2012年12月1日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

これは酷い。イギリスの音楽フェス終了後の光景が目を疑う有様・・・... 90,000人の音楽ファンが溢れかえった後の光景はゴミの山でした。この写真は音楽フェス終了後に空撮されたもので、その燦々たる風景を映し出しています。まるで竜巻が通り過ぎたかのようにも見えますね。 このフェスはReading Festival(レディング・フェスティバル)という名の音楽フェスで、...
今にも喋り出しそう。動物を擬人化した写真シリーズ「Second Skins」... さまざまなものを擬人化するという手法はポピュラーな方法として多くのアーティストやイラストレーター、画家などによって使用されていますね。星座、お金、車、ポケモン、野菜などなど当サイトでも多く紹介してきました。以下。 擬人化ならぬモンスター化!!邪悪でかっこいい12星座のイラストレーション ...
女流騎士の勇壮な姿。青森県十和田市で開催された「桜流鏑馬(さくらやぶさめ)」の光景... 「流鏑馬(やぶさめ)」とは走る馬上から的に鏑矢(かぶらや)を射る、平安時代末期から鎌倉時代にかけて武士の間で行われていた日本の伝統的な稽古や儀式のことですね。 青森県八戸市にある櫛引八幡宮の流鏑馬神事、茨城県笠間市の笠間稲荷神社、三重県桑名市の多度大社、東京では新宿区の穴八幡宮など神事として全国各...
マクロ撮影で捉えた食虫植物・モウセンゴケの美しい姿... モウセンゴケは食虫植物の一種で被子植物門のモウセンゴケ科に属する植物です。葉の一面にある粘毛の先端から甘い香りのする粘液を分泌して虫を捕獲しています。一度捕まると粘着液­が取れず逃げることができないそうで、日本にも数種類が分布しているようです。 そのモウセンゴケの姿をフォトグラファーJoni ...
素敵!カナダの美しい大自然に鉄道模型を走らせてみた!「THE CANADIAN」... Jeff Friesenの写真シリーズ「THE CANADIAN」をご紹介します。 こちらはカナダの森や海、湖などに模型の列車とレールを配置し、さもそこを列車が走っているかのように撮影された写真シリーズです。溶け込み過ぎて違和感がないですね。とてもロマン溢れる写真作品です。 自分がミニチ...
強烈な個性。ファッショナブルな東京の若者を紹介した写真シリーズ「Tokyo Adorned」... こちらはアメリカの映画監督Thomas cardの「Tokyo Adorned」という写真シリーズで東京の若者の個性的なファッションに注目したものです。 同じ日本人が見てもかなり驚きのファッションですね。スチームパンクやアニメや漫画、サブカルから強く影響を受けたファッションやカラフルでサイケ、...
     

SNSで更新情報を配信中!!