Peter Ferguson(ピーター・ファーガソン)

茶褐色の風景。カナダ人アーティストPeter Ferguson(ピーター・ファーガソン)が描く奇妙な世界

カナダ人アーティストPeter Ferguson(ピーター・ファーガソン)(1968-)は赤みのかった茶色の風景を多く描いています。ただの風景ではなく、現実と非現実が入り交じったような不思議な世界観があります。

ピーテル・ブリューゲルを引用しているの作品がちらほらと見られますね。擬人化や実在しない生物たちはどこか妖しげで童話的でもあり、シュールな趣き、夢の中のような現実感のない光景となっています。一部、日本語を使った作品や博物学的も構図の絵画もあり、様々な要素や様式を取り入れているようでもあります。

イラストレーターとしても活動しており、マーベルコミック、ワシントン·タイムズ、ロサンゼルス·タイムズなど有名クライアントと仕事をしています。イラスト作品はこちらをご覧下さい。






Peter Ferguson(ピーター・ファーガソン)

Peter Ferguson(ピーター・ファーガソン)

Peter Ferguson(ピーター・ファーガソン)

Peter Ferguson(ピーター・ファーガソン)






Peter Ferguson(ピーター・ファーガソン)

Peter Ferguson(ピーター・ファーガソン)

Peter Ferguson(ピーター・ファーガソン)

Peter Ferguson(ピーター・ファーガソン)

Peter Ferguson(ピーター・ファーガソン)

Peter Ferguson(ピーター・ファーガソン)






 
 
 

2015年8月15日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【驚愕】アルツハイマー病になりながらも自画像を描き続けた画家の記録... イギリス・ロンドンの画家ウィリアム・ウテルモーレン(William Utermohlen)の絵画作品をご紹介します。1933年生まれのウィリアムはアルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)を患った画家として有名で、発病から晩年の作品変遷は驚愕の内容です。 ウィリアム・ウテルモーレンは、1933...
【10/12〜】日本画家・栗原永輔の個展「闇の中の光」が孔雀画廊で開催... 10/12(月・祝)〜10/18(日)の期間で日本画家・栗原永輔の個展「闇の中の光」が孔雀画廊にて開催されます。 前回、開催された個展では赤々とした龍たちが黄色い線光は火花のように描かれていました。迫力ある画面と線描がとても印象的でした。 今回は、向日葵がモチーフとなっており、龍の力強さ...
世界観と画力が圧倒的。「ドラゴンクエストX」、「ファイナルファンタジーXI」などを手掛けたコンセプト... 本記事最後にプレゼント募集あり 「INEI」のアートワークを収めた「INEI」初の作品集「The Art of INEI コンセプトアート」がとても素晴らしいのでご紹介したいと思います。 「INEI」(会社としては株式会社INEI(陰翳・インエイ))は世田谷にあるコンセプトアートのス...
【必見】2019年に絶対見逃せない要注目の展覧会[随時更新]... 絶対見逃せない!!オススメの展覧会を厳選して紹介します。人気画家の最新の個展、海外の美術館から来日する名作の数々を展示する展覧会など、どう考えても見逃せない展覧会をピックアップしています。 東京の展覧会や、また美術館や博物館が密集している上野の美術館、六本木近辺の美術館・ギャラリー情報またはイ...
【6選】繊細緻密な絵画の世界。奇跡のリアリズムとも言うべき日本の写実画家達の作品... 日本の写実画家の作品をご紹介します。当サイトではスーパーリアリズム、フォトリアリズムを多く紹介してきましたが、こちらも同様にリアルに描かれていますが、写真を用いて対象を克明に描写するフォトリアリズムとは違い、画家自身がモチーフ、女性や対象と向き合いそれぞれの解釈で描いています。 描かれた画面か...
不気味!?岩に片目だけを描くアーティスト... オーストラリアのメルボルンを拠点に活動する若い女性のアーティストJennifer Allnutt(ジェニファー・オールナット)は、タスマニアのクイーンズタウンにあるQバンクギャラリーの最近の居住地で、集めた石や岩に目を描いています。 クィーンズタウンには豊富な採掘歴があり、至るところに多くの変...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る