まるで流木アート。実はこれ、粘土で作られた陶芸作品


写真にしか見えないな絵画作品、本物の人間にしか見えない彫刻作品など制作する際に使用した素材を全く感じさせない高度な技術で制作された芸術作品は多くありますね。当サイトでも紹介しました。以下。

捕獲された年老いた天使。イメージを覆すリアルな彫刻作品「Angel」
蘇るアート界の巨匠。ダリとウォーホールを衝撃的なリアルさで制作する特殊メイクアップアーティスト辻一弘の作品

アーティストChristopher David Whiteは粘土を成形して焼成する陶芸の技術でこれらの作品を制作しています。本物の作品を見ると多少は分かるかもしれませんが、画像を見る限り木にしか見えないですね。

詳しい技法については明記がないのですが、使用した素材にアクリルとあるので、低い焼成温度で軽く焼き固める方法である素焼きをし、陶芸用の絵の具で、着色しているのではないかと思われます。樹木の質感やがさついた表情から、素焼きした状態を巧みに残していることがわかりますね。






すべての画像を見る






 
 
 

2015年8月21日に投稿された記事を再編集しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る