レタスが波で、富士が茄子。野菜を使った冷蔵庫の広告が秀逸

葛飾北斎

葛飾北斎の「富嶽三十六景」の1つ「神奈川沖浪裏」は巨大な波と翻弄される舟の背景に富士山が描かれているだれもが知る有名な作品ですね。その「神奈川沖浪裏」を斬新に取り入れた広告がとても秀逸です。

なんと、波がレタス、茄子が富士と「神奈川沖浪裏」の要素が野菜に置き換わっています。コピーは「水が合う、野菜とイオン。」。野菜の新鮮さをダイナミックに弾ける波として伝えたかったのでしょうか。結果、とても強いビジュアルインパクトを与えることに成功しています。レタスの葉先などは北斎が描く波の造形そのものですね。

これは「ナノイー」でビタミンやポリフェノールなどの栄養素をアップする技術が搭載されたPanasonicの冷蔵庫の広告ポスターです。






部分的に比較すると・・






北斎決定版 (別冊太陽 日本のこころ)北斎決定版 (別冊太陽 日本のこころ)
浅野 秀剛

平凡社
売り上げランキング : 33156

Amazonで詳しく見る

 
 
 

2015年8月21日に投稿された記事を再編集しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
1 / 1