骸骨を真珠に造形する中場信次のジュエリー彫刻


中場信次は真珠や貴金属などに細やかな彫刻を施したジュエリー作品を制作しています。骸骨を真珠に彫刻したシリーズ「Vanitas」や人物の顔を思わせる「peal boy ring」や「MOON FACE Ring」などです。

どれも精巧に作られており、オリジナリティに溢れていますね。中場信次は「身体に着ける事の出来る彫刻(Wearable sculpture)」という考えでジュエリーを制作し、展覧会や個展を通して発表しています。主な所蔵先にボストン美術館、国立西洋美術館、モントリオール美術館などにがあります。

作品に使う素材には貴金属や貴石以外にも、身じかでありふれた素材、アルミ缶やペットボトル又廃棄物など希少性や価格の高低に関わらづ全て平等に扱うことで素材に秘めた可能性と美しさを引き出し、ジュエリーとしての新たな命を与え、又、ジュエリー最古の技法の一つであるGlyptic(宝石彫刻術)の研究にワクワクしながら日々新しい作品を作り続けています。
SHINJI NAKABA Jewelry & Glypticより

これらの中場信次の作品はこちらで購入することができます。ほとんど販売済みとなっているようですが、一部受注生産もされているようですので気になった方は是非。⇒⇒⇒http://s-nakaba.shop-pro.jp/






すべての画像を見る




 
 
 

2015年8月26日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

欲しい!いや欲しくない!蛸をモチーフに作られたテーブルの存在感が凄い!!... アメリカの彫刻家ISAAC KRAUSSの制作した「Octopus Table」というテーブルをご紹介します。このテーブルはブロンズで作られています。以前ご紹介した「海洋生物の造形を取り込んだグロテスクな陶芸作品「BOTTOM FEEDERS」」という陶芸作品もそうでしたが、海の有機的なモチ...
【江戸〜明治】感染症への注意や健康を促す浮世絵・啓蒙ポスター集... カリフォルニア大学サンフランシスコ校に保管されている健康を促すポスターをご紹介します。これらは江戸〜明治時代初期に制作された木版画です。病気に対する予防法などがこのようなビジュアルで浮世絵として伝えられていたことが興味深いですね。当時は普通なのかもしれませんが、現在見るとユーモアと機...
本物にしか見えない。すべて木で作られた彫刻作品... こちらはアメリカの彫刻家Tom Eckertの作品です。これらの作品群は木で作られています。本当に驚きですね。まるで浮いているようにモチーフが組み合わさっており作品の周りが不思議な空間になっています。木を彫り、彩色は、スプレーガンとエアーブラシの両方を使用し水性ラッカーで塗装されています。そ...
ビジュアル効果が凄い。異常な存在感を放つハンガーで作られた彫刻作品... こちらはスコットランド出身でロンドンを拠点に活動するアーティストDavid Mach(デイビット・マック)(1956-)の制作した彫刻作品です。これらの作品群はすべてハンガーで作られています。ちょっと怖いくらいの異様なパワーを持っている作品ですね。作品の放つ熱量が凄く画像を見ているだけでも圧倒されて...
木から作られた驚くほどリアルな彫刻作品... こちらは、イタリアの彫刻家Peter Demetz(ピーター・デメッツ)(1969-)の作品です。サイズ的には約50〜120㎝という小さな人物像ではありますが、そのリアルさ、肌や衣服の表現には目を見張るものがあります。見た目の素材としての木は眼前にあるわけですが、木の木目がありながらも、肌の微妙な抑...
流れる落ちるような艶かしさと美しさ。布の立体感が秀逸な彫刻作品「Ghosts Underground... イタリアの彫刻家Livio Scarpellaの作品をご紹介します。顔にまとわりつく布の表情が秀逸ですね。イタリア、ヴェネツィアのロココ調の彫刻家Antonio Corradini(アントニオ・コッラディーニ)(1668〜1752)に触発されて制作されたシリーズです。液体のような布は...

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る