【イラスト】うつ病や統合失調症など精神疾患をイラスト化したシリーズ「Real Monsters」

既存のクリエイションを創作の対象とする「◯◯をイラスト化」や「◯◯を浮世絵化」、「◯◯をGIF化」、「◯◯を立体化」などの制作物はなにかと話題となりやすいです。

以前に「12星座をモンスター化」、「マッドマックスをGIF化」、「浮世絵を立体化」は当サイトで紹介した作品でも反響がありました。

イギリス在住、フリーランスのイラストレーターToby Allenはうつ病や統合失調症、睡眠障害、解離性同一性障害などといった精神疾患をイラスト化した作品シリーズ「Real Monsters」をBehanceに投稿しています。

精神疾患に関するイメージやモチーフを巧く作り上げており、全体的にポケモンっぽいテイストとなっています。






統合失調症 Schizophenia

精神障害の一つ。基礎症状は連合障害(認知障害)と自閉(自生思考等)等である。副次的に精神病状態(幻覚・妄想)等多様な症状を示し、罹患者によって症状のスペクトラムも多様である。(wiki)

うつ病 Depression

気分障害の一種であり、抑うつ気分、意欲・興味・精神活動の低下、焦燥(しょうそう)、食欲低下、不眠などを特徴として、著しい苦痛や機能の障害を伴う精神疾患である。(wiki)

睡眠障害 Sleep Disorder

人や動物における睡眠の規則における医学的な障害である。一部の睡眠障害は、正常な身体、精神、社会や感情の機能を妨げるほど深刻となる。(wiki)

解離性同一性障害 Dissociative Identity Disorder

解離性障害のひとつである。かつては多重人格障害と呼ばれていた。解離性障害は本人にとって堪えられない状況を、離人症のようにそれは自分のことではないと感じたり、あるいは解離性健忘などのようにその時期の感情や記憶を切り離して、それを思い出せなくすることで心のダメージを回避しようとすることから引き起こされる障害であるが、解離性同一性障害は、その中でもっとも重く、切り離した感情や記憶が成長して、別の人格となって表に現れるものである。(wiki)

偏執病 Paranoia

精神病の一種で、体系だった妄想を抱くものを指す。自らを特殊な人間であると信じたり、隣人に攻撃を受けている、などといった異常な妄想に囚われるが、強い妄想を抱いている、という点以外では人格や職業能力面において常人と変わらない点が特徴。(wiki)

不安障害 Anxiety

過剰な反すうや心配、恐怖の特徴を有するいくつかの異なる種類の一般的な精神疾患を含んだ総称である。(wiki)

音嫌悪症 Misofonia

音(おと)恐怖症とは、突発的な音、大きい音、(自分にとって)正体不明の音などに対し、異常なまでの恐怖感や不安感、不快感などが出る症状の事。(link)

場面緘黙症 Selective Mutism

家庭などでは話すことができるのに、社会不安(社会的状況における不安)のために、学校や幼稚園といったある特定の場面、状況では全く話すことができなくなる現象を言う。幼児期に発症するケースが多い。(wiki)






社交不安障害 Social Anxiety

社交場面で否定的な評価を受けたり、他人に辱められることに強い不安を感じることを主な症状とする精神疾患である。(wiki)

回避性パーソナリティ障害 Avoidant Personality Disorder

広範にわたって持続してきた社会的な活動の抑制、自分なんかふさわしくないという感覚、否定的な評価に対する過敏さ、社会的な交流の回避などのパターンによって特徴づけられる、パーソナリティ障害の下位分類である。加齢と共に寛解する傾向がある。(wiki)

双極性障害 Bipolar

躁(そう)状態(躁病エピソード)と鬱(うつ)状態(大うつ病エピソード)の病相(エピソード)を繰り返す精神疾患である。うつ病とともに「気分障害」のカテゴリに含まれている。古い呼び名では躁うつ病[5]、あるいは他の名称として双極性感情障害、双極症とも言う。自殺リスクが高く、20年後の自殺率は6%以上で、自傷は30-40%のケースで起こっている。(wiki)

身体醜形障害 Body Dysmorphic Disorder

極度の低い自己価値感に関連して、自分の身体や美醜に極度にこだわる症状である。醜形恐怖また醜貌恐怖とも呼ばれる。(wiki)

心的外傷後ストレス障害 Post traumatic Stress Disorder


強迫性障害 Obsessive Compulsive Disorder

不合理な行為や思考を自分の意に反して反復してしまう精神疾患の一種である。強迫神経症とも呼ばれる。同じ行為を繰り返してしまう「強迫行為」と、同じ思考を繰り返してしまう「強迫観念」からなる。(wiki)

神経性無食欲症 Anorexia Nervosa

神経性やせ症とも呼ばれる、病的な痩せを呈する摂食障害であり、精神疾患の一種である。一般には拒食症(きょしょくしょう)、アノレキシアとも言われる。(wiki)

境界性人格障害 Borderline Personality Disorder

不安定な自己 – 他者のイメージ、感情・思考の制御不全、衝動的な自己破壊行為などを特徴とする障害である。一般では英名からボーダーラインと呼称されることもある。旧来の疾患概念である境界例と混同されやすい。(wiki)






 
 
 

2015年8月29日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

コカインやLSDなど。20種類の薬物を毎日使い続けて描いたデザイナーの自画像... 注意 薬物の使用、所持等は法律により厳しく禁止されています。当記事は助長を目的としたものではなく、危険性を訴えた記事です。 The use and possession of drugs is strictly prohibited by law. This article is not ...
絵師に学ぶ刀と人物を魅せる描き方。「刀剣+ポーズ」のイラスト講座本が発売... 「デジタルで描く! 「刀剣+ポーズ」イラスト真剣講座 キャラクターに命を吹き込む、動き・表情・シーンの秘伝技」がSBクリエイティブから2015/8/29に発売されます。 本書は「イキイキとした、ダイナミックな動きのあるポーズ」や「一枚のイラストだけでキャラの特徴を最大限にアピールできる、顔やカ...
ダイナミックで細密!!ペンで描きこまれた生命感と迫力に溢れたイラストレーション... 日本画や浮世絵など日本風の絵画スタイルと西洋の絵画様式を組み合わせて絵画を制作するなど、異文化同士を同じ画面で融合して絵画やアート作品を制作するアーティストは多くいますね。 中国のイラストレーターであり、デザイナーのRlon Wangはペンを使って細密で迫力ある生命感に溢れた作品を制作していま...
美しき物語と耽美な装飾。世紀末アール・デコ時代に活躍したカイ・ニールセンの挿絵画... コペンハーゲン出身、デンマークのイラストレーターKay Nielsen(カイ・ニールセン)(1886-1957)は19世紀後半から1930年頃のイギリスを中心とした挿絵の黄金期である「挿絵の黄金時代」に活躍した1人です。 オーブリー・ビアズリーのアール・ヌーヴォー的な線描を受け継いだとされ、同...
美しさの法則。自然界の比率、数列を描いたイラスト塗り絵集... 黄金比(Golden Ratio)とは縦と横の比率が1:1.618の数学的な比率のことですね。レオナルド・ダ・ヴィンチの描いた「モナ・リザ」、葛飾北斎「富嶽三十六景(ふがくじゅうろっけい)神奈川沖浪裏」、TwitterやAppleのロゴデザインなども黄金比が用いられているといいます。(wiki) ...
絶妙に可愛い。金魚を擬人化して描いたイラストレーターいわたきぬよの「金魚姫」シリーズ... 【祝🎊】45人の金魚姫を収録。イラストレーターいわたきぬよさんの『金魚姫図鑑-金魚擬人化イラスト集-』は発売! こちらはイラストレーターのいわたきぬよの描いた作品シリーズ「金魚姫」です。 これは可愛い!!それぞれの品種の特徴を上手く捉えた秀逸なイラストレーションですね...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る