【ファンタジー】空想上の動物。サイとカブトムシが融合した未知生物オブジェ


SF、ファンタジー小説や映画などでは空想上の動物や生き物が多く登場しますね。既存の動物がデフォルメされたり、ある種の生き物が融合したりなど。その造形や世界観にワクワクしたことがある人は多いのではないでしょうか。

Emily Hollandの制作した「Rhinoceros Beetle」は動物のサイと昆虫のカブトムシが融合した立体作品です。サイの四肢とカブトムシの上翅、頭部の角など2つに生き物を見事に融合させています。

サイの顔の皺など細部もかなり作り込まれています。ちょっと気持ち悪い気もしますがカブトムシサイズだと思うと可愛いかもしれません。

以前ご紹介したの作品もかなり近いものがありますので合わせてご覧ください。
⇒⇒⇒SFファンタジー感が溢れる小さい幻獣達。美しい世界を創造するロシアのアーティストの立体作品






すべての画像を見る






 
 
 

2015年9月19日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【虫注意】本物の昆虫のパーツを組み合わせて作られた妖精達... アムステルダム在住のアーティストCedric Laquieze(セドリック・ラキエゼ)の作品をご紹介します。これらの作品は蝶や蜻蛉、蠍、カブトムシなど本物の昆虫の翅や足を使って作られた妖精のような生き物のオブジェです。 人肌や小人のような妖精ではなく、昆虫のパーツを使うことによって童話世界やフ...
異種混合が新しいオブジェの誕生へ。トミカがお寿司を運ぶアート作品「トミ寿司」... 「中野裕介/パラモデル」の作品をご紹介。以前もご紹介したパラモデルの作品ですが→おもちゃで覆い尽くされた空間!プラレールを使った大規模なアート作品が凄い! こちらもとてもユニークで面白いです!使われているのはおもちゃの車で有名なトミカ、とお寿司の食品サンプルです。この2つが本当にジャストサイズ...
絶対こんな椅子には座りたくない!!人肌をリアルに表現したミニチュアソファ... スコットランドのアーティストJessica Harrisonの作品です。このアーティストは人間の皮膚のような質感で小さいソファを作りました。なんか気持ち悪いですね。 でも小さいから許せる!!(笑)毛が生えていたり、皺が寄っているのがリアルな感じで怖いです。これが本物の皮膚から作られていると想像...
こんな使い方があるなんて・・・はんだ付けアートが予想以上の美しさで驚き... 「はんだ付けアートの世界」というサイトではんだを使った立体作品が掲載されています。 「はんだ」というのは、銀色の鉛とスズを主成分とした合金のことです。「はんだ付け」なら学校の授業で習うことがあり、多くの人が経験したことがあるのではないでしょうか。金属同士を接合したり基板に固定するなどで使われて...
圧倒的。筋肉解剖図のようなフィギュア作品がハンパない存在感... 木下雅雄(Masao Kinoshita)さんの制作した立体作品をご紹介します。なんとも不気味でかっこいい立体作品ですね。素材はウレタン樹脂やFRP(繊維強化プラスチック)を使用し、着色しています。 彫刻とフィギュアの境界にある存在感のある作品を制作し、東京、横浜、台北などで定期的に個展、展覧会を...
ナイスアイデア!!ペットボトルから作られたサボテンが可愛い... チェコのアーティストVeronika Richterováはペットボトルを再利用してサボテンなどの植物の立体作品を制作しています。ペットボトルの特性を熟知していることもあり、様々な形態をペットボトルで再現することができるようです。 水をあげる必要もなく、インテリアとしても抜群。透明感があり、と...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る