栗原永輔

【10/12〜】日本画家・栗原永輔の個展「闇の中の光」が孔雀画廊で開催

10/12(月・祝)〜10/18(日)の期間で日本画家・栗原永輔の個展「闇の中の光」が孔雀画廊にて開催されます。

前回、開催された個展では赤々とした龍たちが黄色い線光は火花のように描かれていました。迫力ある画面と線描がとても印象的でした。

今回は、向日葵がモチーフとなっており、龍の力強さはそのままに、どこか幻想的な暗闇の中に花々が描かれています。作家在廊予定は10/12(月)、17(土)、18(日)となっております。

強い光がある場所には、必ず深い闇がある そして闇が深いほど、そこにある闇の中の光は大きく輝く
今回の個展は闇と光をテーマに開催します。全ての物事で必ずある「闇と光」。
その「闇と光」を私の作品で感じて頂けたら幸いです。 栗原 永輔

カルマの花 F10号 連作(53.0×45.5cm)

鎮魂の花 F50号(116.6×91.0cm)

光りの花 F80号(145.5×112.0cm)

終季の華 (51.5×72.8cm)

光りの中で F20号(72.7×60.6cm)

個展の案内動画

[展示名] 栗原永輔個展 「闇の中の光」
[会期]2015年10月12日(月 祝)~10月18日(日)
[時間] AM11:00~PM18:00 (最終日 17:00)
[会場] 孔雀画廊
〒104-0031 東京都中央区京橋2丁目5-18 京橋創生館1F
[連絡先] TEL/FAX 03-3535-3334
[アクセス] 最寄駅東京メトロ銀座線「京橋駅」4番出口より徒歩0分
JR・地下鉄「東京駅」八重洲南口より徒歩8分 都営地下鉄浅草線「宝町駅」A5出口より徒歩3分
[URL] http://www.kujaku-gallery.com/

栗原永輔」の詳しいプロフィール
1979年群馬県桐生市に生まれる。実家は桐生市内で婚礼衣装製造業を営む。その実家は曽祖父からの代から掛け軸や図案絵師が描いた絵画、そして数多くの婚礼衣装に囲まれた生活をする。2003年から桐生市内の婚礼衣装製造の会社に就職をする。ここで日本の様式美や装飾美などを主力とした仕事環境に身を置く。特に製造工程の関係で多くの打掛や振り袖などの模写や色配色などを数多く経験し、それが後の日本画制作に大きく影響を与える事になる。そしてこの経験を活かし、2007年以前から興味のあった日本画制作を本格的に始める。

栗原永輔HP
FACEBOOK EISUKE KURIBARA ARTWORKS
作品販売サイト

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

10/14から日本画家・栗原永輔の個展「炎」がギャラリーKINGYOにて開催... 10/14(火)〜10/19(日)の期間で日本画家・栗原永輔の個展「炎」が文京区の千駄木にあるギャラリーKINGYOにて5年ぶりに開催されます。下の作品は今回の展覧会のDMにもなっている「狂瀾怒濤(It rages. )」という作品です。渦巻く黄色い線光は火花のようで怒り狂った龍の迫力を伝えます。制...
身も凍る怪奇の世界。「真冬の幽霊画展」が12/19まで銀座で開催中... 現代日本画家、池永康晟、岡本東子、中原亜梨沙、鈴木博雄、内田すずめの展覧会「真冬の幽霊画展」が銀座にあるぎゃらりい秋華洞で12/19まで開催されています。 身も凍る怪奇の世界を掛け軸や浮世絵など古今の作品群とともに紹介されます。 池永康晟は当サイトでも紹介させていただいた画家ですね。どん...
幽霊画が大集合。4年の歳月を経て「うらめしや~、冥途のみやげ」展が7/22より開催!!... 「うらめしや~、冥途のみやげ ―全生庵・三遊亭圓朝 幽霊画コレクションを中心に―」展が東京藝術大学大学美術館、地下2階展示室で開催されます。 幽霊画はとても人気で定期的に展覧会は開かれていますね。今回は東京、谷中にある全生庵に所蔵されている明治の噺家三遊亭圓朝ゆかりの幽霊画50幅が展示されます...
注目の現代美人画家と台湾で話題の「猫描き」による展覧会「池永康晟・陳珮怡二人展」が開催... 銀座のぎゃらりい秋華洞で11月10日(金)~11月20日(月)の期間に「池永康晟・陳珮怡二人展」が開催されます。 池永康晟(いけながやすなり)は独特な質感と芳香を放つ美人画が、とても有名で、AKB48とのコラボレーション、版画やぬりえ、カレンダーの発売などなどで活躍する日本画家です。 もう1...
日本画家・栗原永輔の個展「色彩の器」がPENSEE GALLERYで9/18より開催... 日本画家・栗原永輔の個展「色彩の器」が群馬県桐生市にあるPENSEE GALLERY(パンセギャラリー)で開催されます。 ここ数年に渡り、毎年開催される栗原の個展ですが、今年の個展も同様に花や炎などがモチーフとなっています。 世界が破滅する壊劫(えこう)の終末に起こり、世界を焼き尽くしてしま...
「正統派の日本美術の復権を目指して」様式美と装飾美を追求した絵画作品... 画家の栗原永輔の絵画作品をご紹介します。岩絵の具、水干(すいひ)絵具や顔料などの画材を使い絵画作品を制作し、龍や百合、椿など日本の花鳥風月を思わせる情緒あるモチーフをダイナミックに描いています。 栗原永輔氏は日本美術を追い求める活動を積極的に続け、仕事で経験した様式美や装飾美を意識した作品を数多く...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る