【スチームパンク】マッドサイエンティスト感。死神のような不気味なオーラを漂わせる「ペスト医者」

Steampunk Artwork(スチームパンク アートワーク)」のAlexander Schlesierが制作した「ペスト医者」の衣装や小道具。

骨を掲げた杖と独特なフォルムのゴーグル、歯車や蒸気機関を思わせるギミック、森やトウモロコシ畑から現れる、その姿に医師を連想する方はいないでしょう。

ですが、17世紀から18世紀のヨーロッパに蔓延した黒死病と戦った「ペスト医者」は鳥のようなマスクを被っており、元となっている姿もかなり不気味なのでスチームパンク感を除けば、当時はこんな雰囲気だったかもしれませんね。

ペスト医者が様々な衣装を身につけていたことがわかるが、中にはひと目で分かる独特の格好をするものもいた。できるだけ肌を露出させないよう全身をおおう蝋を引いた重布か革のガウン、つば広帽子、嘴(くちばし)の形をした円錐状の筒に強い香りのするハーブや香料、藁をつめた鳥の口ばしのような仮面(ペストマスク)、木の杖のひと揃いがその典型だった。wikiより

マッドサイエンティスト感が堪らないですね。SF映画で登場しそうな雰囲気です。

imgur






すべての画像を見る

スチームパンク世界の描き方スチームパンク世界の描き方
サイドランチ

エムディエヌコーポレーション
売り上げランキング : 28861

Amazonで詳しく見る

 
 
 

2015年9月29日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

バスキアとウォーホールの2ショット写真... ジャン=ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat)とアンディ・ウォーホール(Andy Warhol)の2人の写真をご紹介します。1983年に2人は出会っています。 ウォーホールが死ぬ1987年までお互いを刺激しあい1985年にはバスキアとウォーホールの2人展を開催しています...
これは酷い。イギリスの音楽フェス終了後の光景が目を疑う有様・・・... 90,000人の音楽ファンが溢れかえった後の光景はゴミの山でした。この写真は音楽フェス終了後に空撮されたもので、その燦々たる風景を映し出しています。まるで竜巻が通り過ぎたかのようにも見えますね。 このフェスはReading Festival(レディング・フェスティバル)という名の音楽フェスで、...
不思議の国のアリス!? iPhoneの写真加工アプリで制作された合成写真が味わい深いシュールな世界... カリフォルニアのアーティストAli Jardineは2010年にiPhoneを持って以来、いくつかの写真加工アプリをダウンロードし、その写真加工アプリを駆使した画像をInstagramに投稿をし続けています。 写真のモチーフとなるのはAli Jardine自身のお子ゲイブとピ​​ピンの2人で、...
こんなにも高く!?昭和時代のそば屋の出前方法が驚愕... 海外サイトSpoon tamagoで昭和の日本の風景、そば屋の男性が自転車で大量の蕎麦を配達する写真が掲載され、話題となっています。 海外の方々だけでなく正直、日本の方が見てもきっと驚くのではないでしょうか。蕎麦屋がこんなにも高く積んで配達している風景はアニメや漫画の世界の話だと思っていたので...
グ、グラビア仏像!?現代における四天王「広目天」が新ジャンル過ぎる... こちらは広告企画プロデューサー、谷口マサトのブログで紹介されていた「グラビア仏像」です。グラビアモデルに仏神の1つである「広目天」のスーツ?を着用させて撮影されています。グラビアモデルに仏像をインスパイアさせるなんて、驚きの発想ですね。素晴らしい。シリーズ化もありですね! 仏像が好きだ...
【空想科学】伝説の珍獣を発見した後、謎の失踪を遂げた動物学者の観察記録シリーズ「Fauna」... こちらはスペイン・バルセロナ生まれの写真家Joan Fontcuberta(ジョアン ・フォンクベルタ)の「Fauna(秘密の動物誌)」という作品シリーズです。 これらは世界各地の珍獣を発見した後に、失踪を遂げる動物学者の写真と観察記録という設定のシリーズで、フィクションではあるのですが、新種...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る