[PR]筆文字ロゴのご用命は「ふで無双」へ ふで無双バナー


【薬物】LSDを摂取した女性が描いた自画像


1960年代ブームとなった「サイケデリック・アート」はLSD摂取時におこる幻覚に影響を受けたアートですね。アートだけでなく音楽の世界にもそういったムーブメントもあり、ご存知の方は多いと思います。

当サイトでもある芸術家がLSDの影響下で描いた9つのドローイングを以前ご紹介したことがありましたね。こちら⇒芸術家が実験台に。LSDを投与しながら描いた絵の結果が興味深い

今回ご紹介するこちらの女性もLSDを数時間ごとに摂取して自分を描いたそうで、約10時間を費やし、11枚の自画像を描いています。その時間による自画像の変遷が薬物の危険性を物語っています。

確かに興味深い結果とはなっていますが、薬の力を借りて得ているということと、それに伴ったリスクがあることはとても恐ろしいです。怖い!!!では、ご覧下さい。






服用後15分経過。目立った効果が現れる前に描いた最初の自画像。幻覚が生まれるとされている必要最小限の約200マイクログラム(0.2ミリグラム)摂取しています。

45分後。髪が長くなり、描く際に鮮やかな色を使い出しています。

1時間45分後経過。髪の毛がかなり長く、顔色がより鮮やかになりました。徐々に変化が現れています。

2時間15分後。別人に。

3時間30分後。ついに白目に・・・

6時間経過。本当に色彩がサイケデリックに。もはや、原型を止めておりません。

6時間45分経過。カーニバルのマスクを装着しているみたいですね。

8時間45分経過。もはや、自分自身の顔を描くことを止め、頭の中に現れたものを描こうと試みたようです。

9時間30分経過。最後の自画像。ピークが過ぎたように多少、人間らしいフォルムを取り戻しています。






 
 
 

2015年10月1日に投稿された記事を再編集しています。

ふで無双バナー

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る