【薬物】LSDを摂取した女性が描いた自画像

1960年代ブームとなった「サイケデリック・アート」はLSD摂取時におこる幻覚に影響を受けたアートですね。アートだけでなく音楽の世界にもそういったムーブメントもあり、ご存知の方は多いと思います。

当サイトでもある芸術家がLSDの影響下で描いた9つのドローイングを以前ご紹介したことがありましたね。こちら⇒芸術家が実験台に。LSDを投与しながら描いた絵の結果が興味深い

今回ご紹介するこちらの女性もLSDを数時間ごとに摂取して自分を描いたそうで、約10時間を費やし、11枚の自画像を描いています。その時間による自画像の変遷が薬物の危険性を物語っています。

確かに興味深い結果とはなっていますが、薬の力を借りて得ているということと、それに伴ったリスクがあることはとても恐ろしいです。怖い!!!では、ご覧下さい。






服用後15分経過。目立った効果が現れる前に描いた最初の自画像。幻覚が生まれるとされている必要最小限の約200マイクログラム(0.2ミリグラム)摂取しています。

45分後。髪が長くなり、描く際に鮮やかな色を使い出しています。

1時間45分後経過。髪の毛がかなり長く、顔色がより鮮やかになりました。徐々に変化が現れています。

2時間15分後。別人に。

3時間30分後。ついに白目に・・・

6時間経過。本当に色彩がサイケデリックに。もはや、原型を止めておりません。

6時間45分経過。カーニバルのマスクを装着しているみたいですね。

8時間45分経過。もはや、自分自身の顔を描くことを止め、頭の中に現れたものを描こうと試みたようです。

9時間30分経過。最後の自画像。ピークが過ぎたように多少、人間らしいフォルムを取り戻しています。






 
 
 

2015年10月1日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【薬物】芸術家が実験台に。LSDを投与しながら描いた絵の結果が興味深い... 危険ドラッグやマリファナ、ヘロイン、覚せい剤、LSD、など、世の中には薬物があり、それらの服用した事件や犯罪が世界各国で多発していますね。本当に怖いです。 今回、ご紹介するこれらの9つのドローイングはある芸術家がLSDの影響下で描いた変化の過程を記録したものです。描かれているモデルとなった人物...
ダリにピカソ、クリムトなど。巨匠芸術家が親しい人に手描きで書いた手紙... 巨匠芸術家が書いた手紙をご紹介します。とても珍しいものばかりです。 今では手紙を書く機会がめっきり減りましたね。用事があれば電話やEメールなどで済ませてしまうことが多くなりました。昔の人々は今に比べたら手紙を書くことは多かったでしょう。 ここで紹介する手紙は言葉だけでなくアイデアスケッチ...
なんというコラボ!!3歳の女の子が描いた絵にお母さんが加筆するとこうなる・・・... 子どもの描く絵は自由でなにものにとらわれていないのびのびとした絵がとても魅力的ですね。カナダ人アーティストRuth Oostermanは自身の3歳の娘イブちゃんの描いた絵に加筆することで作品化しているようです。 左がイブちゃんが描いた絵、右がRuth Oostermanがさらに描いた絵となって...
【絵を描く】驚くべき進歩。上達の過程を年齢別に比較した画像に愕然。... 絵の上達ぶりを年齢で追った画像を紹介。まさに見張る上達ぶり。それぞれで上達の過程や段階などはもちろん違いますが、好きで描き、惜しみない努力と苦労があったことは結果を見ればわかりますね。 結果と過程を見るとその年代でどんな作品が好きになって、どんな作品に影響されたのかがわかります。ただ上手になる...
【驚愕】アルツハイマー病になりながらも自画像を描き続けた画家の記録... イギリス・ロンドンの画家ウィリアム・ウテルモーレン(William Utermohlen)の絵画作品をご紹介します。1933年生まれのウィリアムはアルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)を患った画家として有名で、発病から晩年の作品変遷は驚愕の内容です。 ウィリアム・ウテルモーレンは、1933...
不気味でゾッとする。「死」を描いたポーランドの画家ベクシンスキーの独自世界... 不気味さと特有の世界観などからネットでは「見たら死ぬ」、「見ただけで呪われる」などと言われることがあるポーランド南東のサノク出身ズジスワフ・ベクシンスキー(Zdzisław Beksiński)(1929-2005)は、主に「死」をテーマとした絵画作品を多く残しています。 曽祖父は1863年に...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る