虫注意!?昆虫の翅を「花」に見立てた優雅な写真シリーズ「Mimesis」

パリを拠点に活動するフォトグラファーSeb Janiakの写真シリーズ「Mimesis」は昆虫の翅を「花」に見立てた優雅な作品群です。

蝶や蝉など様々な昆虫の翅が花のように咲いています。昆虫の蛇腹状の胴体や触覚のガサガサした感じがないので虫があまり得意じゃない方も大丈夫なのではないでしょうか。

この写真シリーズ「Mimesis」は「模写行動」、「擬態」という意味があるようです。画像加工やレタッチなどはされずに制作されています。

関連の記事はこちら

【1】まるで花園。植物や昆虫が優雅に戯れる豪華でメルヘンチックなカップ&ソーサー/a>
【2】
昆虫図鑑が動いたらきっと楽しいだろうな・・・インフォグラフィックスGIFアニメーション「42 North American butterfly species」
【3】「昆虫記」で有名なファーブルの曾孫。Jan fabre(ヤン・ファーブル)の虫を使った芸術作品
【4】曼陀羅のよう。ダミアン・ハーストの何千匹という昆虫を使った作品シリーズ
【5】なんて魅惑的。蝶や甲虫など様々な昆虫を整然と並べたとても美しいアート作品
【6】【虫注意】制作期間5年!!カブトムシやクワガタなど昆虫2万匹でつくられた千手観音像
















 
 
 

2015年11月17日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

医療と芸術の融合。Dain L. Tasker(ダイン・L・タスカー)がX線フィルムで撮影した花たち... ロサンゼルスはウィルシャー病院の主任放射線医だったDain L. Tasker(ダイン・L・タスカー)(1872〜1962)は本来医療で使用するX線フィルムで美しい花々を撮影しました。Dain L. Tasker医師は1920年代後半に、X線画像処理の技術に興味を持ち、1930年代にX線撮影のプロセ...
美女の口から虫。ルージュと自然色の対比が美しい写真シリーズ「The beauty is inside... Marc Lameyの写真シリーズ「The beauty is inside」は女性の口のクローズアップ写真で、その口からは様々種類の虫が顔を覗かせています。 唇に塗られた人工的なルージュのカラーと虫たちの色彩の対比が美しいですね。このシリーズと対照的に制作された「Women,water an...
毒々しくも美しい。液体の飛沫をハイスピードカメラで撮影した写真がまるで花のよう... 今回は、ニューヨークで活動するフォトグラファー、Jack Longの作品をご紹介します。 彼の作品は、流れる液体を高速撮影することで、花や植物、微生物などを思わせる高度な視覚効果を生み出しているのが特徴で、その作品群は彼の代名詞でもあり、リリースされるたびに見る人に驚きを与え続けています。 ...
芳醇な花のイメージ。豊かな表現力を発揮する元画家Isabelle Meninのデジタルフォトグラフィ... ベルギーのフォトグラファーIsabelle Menin(イザベル・メニン)のデジタルフォト作品です。Isabelle Menin(イザベル・メニン)は写真家として活動する前は10年くらい画家として絵を描いていたそうです。 画家としての経験が現在の作品に影響を与えていることは間違いないようですね...
筋骨隆々のイケメン勢揃い。フランスの農夫カレンダー2017が発売開始... フォトグラファーFred Goudonが撮影した農夫カレンダー「Le Calendrier des agriculteurs 2017」がAmazonで販売されています。フランスの農家にはこんな素晴らしいイケメンがいるのかと感心していたら、なんと、モデルとなっているのは、本物の農夫ではなく、全員俳優...
1990年代ガーリーフォトブームの火付け役。女子高校生写真家として注目されたHIROMIXの写真作品... HIROMIXは1990年代のガーリーフォトブームの火付け役として有名で1995年にCanon写真新世紀優秀賞、最優秀賞受賞、2001年「HIROMIX WORKS」で第26回木村伊兵衛賞受賞するなどちらも最年少で獲得し一躍脚光を浴びました。 現在、写真家としての活動を伝える情報が少なく、新作...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る