折り紙ネクストレベル。海外のアーティストが毎日制作する折り鶴作品


アーティストのCristian Marianciucは毎日、日課のように折り紙で鶴を作っているアーティストです。

制作された折り鶴は、従来の折り鶴を凌駕するフォルムをしており特に羽の部分が変形、進化しています。羽毛に覆われたものや燃え上がる炎のようなもの、馬になった鶴も登場します。2015年から始めたようで、これまでに300以上の鶴が制作されています。
















 
 
 

2015年11月26日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【虫注意】制作期間5年!!カブトムシやクワガタなど昆虫2万匹でつくられた千手観音像... 昆虫を使った造形作品といえば、「ファーブル昆虫記」の著者である生物学者のひ孫、ヤン・ファーブルがとても有名ですね。 日本にもクワガタやカブトムシ、玉虫、カミキリムシなど様々な昆虫を用いて千手観音像や新田義貞像を制作した方がいます。群馬県に住む稲村米治は1975年、今から約40年前に昆虫約2万匹...
プログラム変更可。1770年代に作られた文字や絵を描くことができる240歳の自動記述人形... この小さな人形はスイス生まれの時計メーカーピエール・ジャケ・ドローによって1770年代に設計された240歳の自動記述ロボットです。最古のコンピュータの一例であると考えられています。貴族を楽しませる為に作られたものだそうで、人形の内部には6000もの可動部品が備えられており、一枚の紙にテキストや絵を描...
折り紙にインスパイアされた陶芸作品「origami plate」... ドイツに拠点を置く陶芸家Angelina Erhorn(アンジェリーナ・アーホーン)は、折り紙をモチーフにした食器を制作しています。 大皿や小皿、皿だけでなく、コップなども制作されており、紙の細やかな凹凸が表現されています。estyショップで販売されていますので、気に入った方は是非! m...
なんてリズミカル!!音楽に合わせてダンスをする折り鶴「DANCING PAPER」... かなり驚きの動きをする折り鶴が面白いです。ボックスの上に並ぶ五羽の折り鶴が音楽に合わせてリズミカルに踊っています。電流を流すと磁力が発生する「電磁石」を使って­鶴の足を動かしているそうで、ステップ踏む折り鶴の姿が笑えます。しかも、曲のセレクト(笑) メイキングもあるようなのでご覧になりたい方はこち...
漢字1文字を切り絵で表現した「彩文字あやもじ」が秀逸... Instagramのユーザーm.y1010は制作した「装飾切り絵【彩文字-あやもじ-】」を自身のアカウントに多く投稿しています。 漢字1文字をイメージした和柄がとても美しいですね。一般的なイメージもありますが、m.y1010の個人的な思いも柄で表現されているように思えます。 投稿数は40...
「日本の美」を感じさせる簪(かんざし)作家・榮のあまりに儚く美しい作品... 簪(かんざし)作家の榮(さかえ)さんの作品をご紹介します。日本の伝統的な装身具である簪や髪飾りなどを真鍮のワイヤーに樹脂膜を張る手法で制作しています。 あまりに美しく国内外でも評価の高いアーティストです。四季の美しさを感じさせる驚くほど美しい作品の数々です。flickrでも多くの作品を見ること...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る