果実に骨があったら・・・かなり不気味


ブラジルのアーティストMonica Piloniの立体作品「Série Hybris」、「Hybris」は果物の中に骨格の構造があります。

リンゴやオレンジ、パパイヤ、グレープフルーツにイチジクなどの果物の中に骨が垣間見えています。まるで、魚のような、果実が生肉のように見えて実に気味が悪いですね。こんなことを発想する思考に脱帽です。

Monica Piloniは以前、「人間椅子」とも呼べるような立体作品で以前ご紹介していますので、合わせてご覧下さい。こちら⇒⇒⇒ バッキバキの筋肉。これが椅子とか・・・信じられない。 同じ方が制作したと思うとある意味納得ですね。






すべての画像を見る






 
 
 

2015年11月26日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

等身大。グラファイト(鉛筆の芯)で作られた人体の骨格「Ash Dancer」... アメリカ、サンフランシスコのアーティストのAgelio Batle(アゲリオ・バトル)は鉛筆の芯などに使われる素材、グラファイトを使って手や貝、動物の角や羽など様々なものを造形しています。中でも最新作となる等身大の人体の骨をモチーフにした作品は素晴らしい完成度を見せています。この作品は「As...
いずれは枯れる一瞬の生を表現した徳重秀樹の作品「骨花」... 徳重秀樹(とくしげひでき)さんの作品をご紹介します。これらの作品は死んだ動物の骨や毛皮を使って花をつくる「骨花」(ほねばな)という作品シリーズです。2008年より制作を続けて現在に至っています。コデマリやヒマワリ、キンモクセイ、ホオズキ、ツバキなど様々な花が、モチーフになっています。制作のき...
正確で美しい造形写真が満載。粘土で解説した美術解剖学書「立体像で理解する美術解剖」... 「立体像で理解する美術解剖」が技術評論社から発売されています。Amzonに掲載された本書の内容を見るかとかなり期待できそうな内容となっているのではないかと推測されます。多くの術解剖学書は筋肉や骨格などはイラストで描かれています。本書は粘土で造形されており、様々な角度から造形された粘土が撮影さ...
シンメトリックな構造から生まれる美しさ。動物の骨で作られるグロテスクな立体作品... 以前紹介した徳重秀樹(とくしげひでき)さんの作品シリーズは死んだ動物の骨や毛皮を使って花をつくる「骨花」というものでしたが、マルタ共和国のアーティストJohn Paul Azzopardi(ジョン・ポール・アゾパルディ)も同様に骨を用いて立体作品を制作しています。もちろん素材は一緒でもコンセ...
あの人気キャラクターが骨格標本に!!韓国のアーティストHyungkoo Leeが制作する立体作品... 韓国のアーティストHyungkoo Leeはディズニーのミッキーやグーフィー、ドナルドなどの骨格標本を制作しています。以前ご紹介した「被ると頭部がデフォルメされ変顔に・・・人体をオブジェ化するプラスチック製ヘルメット型装置『The Objectuals』」と同じアーティストです。素材...
子どももドン引き!?有名キャラクターの内部構造を人体模型的に表現した作品... ニューヨークに拠点を置く彫刻家、玩具デザイナーJason Freeny(ジェイソン・フリーニー)の作品は、バービー人形や、ミッキーマウスの他にも様々なキャラクターのフィギュアを切り抜き、内部に骨格や内臓などを人体模型的に制作しています。ミッキーマウスやバービー人形の他に、スーパーマリオ、ヨッ...

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る