まるで花園。植物や昆虫が優雅に戯れる豪華でメルヘンチックなカップ&ソーサー


ロシアのアーティストSvetlana Oreshkinが制作する磁器作品はカップ&ソーサーやティーポット、シュガーボウル、スプーン、ボウルなどで、植物や昆虫が造形され過剰なまでに装飾されています。

バラや鈴蘭、野いちごなどの植物やトカゲに蝶などの昆虫だけでなく、妖精や鳥などもカップに作られておりなんともメルヘンチックな素晴らしい作品群です。実用性はないですが、このようなカップで紅茶を飲めたらさぞかし楽しいのでしょうね。カラフルで見ているだけも楽しめそう。素敵ですね。
















 
 
 

2015年12月8日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【最新作】芸術家Ronit barangaのフェティッシュで官能的な陶芸作品... 以前ご紹介したイスラエルの芸術家Ronit barangaの陶芸作品に新作が追加されました。やはり面白いですね。手にリアルな表現が加えられていますね。 相変わらず食器から覗く口や唇、歯などはかなり不気味ですね。しかし、どこか陽気な雰囲気も感じなくもないです。食器の他にモチーフが増えたことや手が...
美しき装飾の宇宙。「印花象嵌手」という技法が使われる北村純子の陶芸作品... 北村純子(Junko Kitamura)の陶芸作品をご紹介。これらの作品に施された装飾は「象嵌(ぞうがん)」という工芸技法が使われています。象は「かたどる」、嵌は「はめる」と言う意味があり(wiki)、はめこんで凹文様を表すことで、北村は点刻した文様に化粧土を入れる「印花象嵌手」という技法を用いてい...
イタリアの天才。甲冑師Filippo Negroliの超絶技巧... Filippo Negroli(フィリッポ・ネグロリ)(1510–1579)はイタリア、ミラノの甲冑師です。彼の父ジャン・ジャコモ・ネグロリ率いるネグロリ一家、弟ジョバンバッティスタとフランチェスコによる集団で、フィリッポはハンマーで金属加工しデザインする彫金の技術に長けていました。 当時から...
すべて1点もの。宇宙が広がるガラス・アクセサリー作品「宇宙ガラス」が驚愕の美しさ。... ガラス作家の戸水賢志さんが制作するペンダントトップ「宇宙ガラス」が驚愕の美しさです。戸水賢志さんの作る「宇宙ガラス」はすべてハンドメイドの1点もの。素材は耐熱ガラスを基本に、24金や純金などが使われています。軽くて丈夫、傷もつきにくく、メンテナンスの必要もないそうですよ。 「+α」で販売されて...
超絶技巧。細密な装飾が施された植物をモチーフにした陶芸作品... アーティストHitomi Hosonoさんの陶芸作品がとても素晴らしいです。植物をモチーフに1つ1つの葉や花びらに命を吹き込むかのごとく装飾され、まるで本物のような存在感があります。塊からこれらの装飾を作っているのではなく、それぞれのパーツを作り、つなぎ合わせることで、全体の有機的なフォルムを作り出...
草花が埋め込​​まれた手作りのバングルが可愛い!!... 海外サイトetsyのショップ「ModernFlowerChild」でとても素敵なハンドメイドのバングルやイヤリングなどが販売されています。樹脂の中に本物のドライフラワーなどが入っています。 小さい頃に草花を編んでネックレスやブレスレットにして遊んだことがある人もいるかもしれません。とても乙女心...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る