不気味な表情。歪みある女性のポートレイトシリーズ

ポーランドのアーティストMagdalena Pacewiczのデジタルワークが興味深いです。元となるのは女性のポートレイトですが、作り出されたイメージは霊的で悪魔的。白目を向いたり、歯がむき出しになったりとかなり不気味。

一瞬見える残像的な映像表現にも思えますね。心理学、精神医学における現象名の1つ「空想の友人」である「Imaginary friends」などのタイトルが付けられています。歪んだ肖像はその女性の精神状態を表現したのでしょうか。

behanceに多く掲載されていますので、ご覧下さい。

当サイトではポーランド出身のアーティストも紹介していますので合わせご覧下さい。(反響が多かった作品)以下。こう見るとかなり特異なテイストの作品が多い気がしますね。お土地柄なのでしょうか。

【超クール】ポーランド生まれのデザイナーKatarzyna Konieczkaの過激でアバンギャルドなコスチューム世界
【トラウマ注意】ジワジワ来る恐怖。ホラー級の女性を描くポーランドの画家の絵

娘をモデルにしたダークゴシックな肖像写真シリーズ「Childhood Lost」
幻想的でダークなアート作品。ロシアの芸術家Yaroslav Gerzhedovichが描く悪夢的世界
















 
 
 

2015年12月15日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

ダークで陰鬱な世界観を見せるフィリピン人アーティストXetobyteのデジタルワーク... Photo Manipulation(フォトマニピュレーション)は海外ではポピュラーな分野の1つで、多くのアーティストが。写真を元にしたデジタルアートと考えもらったいいかもしれません。 こちらはそのフォトマニピュレーションを制作するフィリピンのデジタルアーティストXetobyteの作品です。シ...
装備したいクールな武器。デジタルで描かれたメカニカルな「Heretic」シリーズ... ウクライナのデジタルアーティストSamouelは3Dモデリング、レンダリング、アニメーションのためのソフトウェア「3ds Max」を使ってこれらの武器を制作しています。 デジタルで描かれているので、実際手に持つことはできませんが、ビジュアル的な美しさと入り組んだギミック、ゴールドを挿し色に使っ...
不忍池に出没する奇妙な人々を撮影したポートレイト写真「Thirteen Orphans」... 山縣 勉(Tsutomu Yamagata)の写真シリーズ「Thirteen Orphans」をご紹介します。 このシリーズは東京都台東区の野恩賜公園にある不忍池(しのばずのいけ)で山縣 勉が出会った人々を撮影した作品です。以下のコンセプトを読むとわかりやすいと思います。 公園で...
ダンボールで描かれた有名人のポートレイト「Cardboard Relief Portraits」... イギリス人アーティストGiles Oldershaw(ジャイルズ・オールダーショウ)の作品をご紹介します。このアーティストはダンボールを使って俳優などのポートレイトを制作しています。 ダンボールには色んな使い方があるもんですね。ダンボールを使って作品制作するアーティストは今までに何人かご紹介し...
チェコのフォトグラファーKarolina Ryvolovaが捉える妖しさとシュールさが漂う女性たちの... チェコ共和国のフォトグラファーKarolina Ryvolovaの写真作品が魅惑的です。神話や伝説に触発れているそうでとても妖艶な雰囲気を醸し出しています。 全体的には暗くて静かなイメージを持っていますが、鮮やかな色彩感と躍動感がありますね。童話のワンシーンを見ているような感覚にも陥ります。 ...
ある意味違和感なし!?彫刻作品に現代の衣服をデジタル処理で着せてみたら・・・「Street Ston... フランスのグラフィックデザイナーのAlexis Persan(アレクシス ペルサン)の「Street Stone」という作品をご紹介。 彫刻作品に現代のファッションをデジタル処理で着せる作品です。 作業工程の動画ありますので、そちらも合わせてどうぞ。意外に簡単に作業しているようですが、陰...
     

SNSで更新情報を配信中!!