【傑作約10点】イタリアの天才画家カラヴァッジョの作品が上野に。立西洋美術館で「カラヴァッジョ展」が3/1から開催。

日伊国交樹立150周年記念にて国立西洋美術館では2016年3月1日(火)~2016年6月12日(日)の期間にイタリアが誇る天才画家ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ(1571〜1610)の「カラヴァッジョ展」が開催されます。

38歳で没したカラヴァッジョ。現存する真筆は60点強と言われており、その中には移動不可能な作品が多数あります。本展は、イタリアの代表的な美術館が所蔵するカラヴァッジョの名品と、その影響を受けたカラヴァジズムの作品約60点、その他関連伝記資料などにより構成し、カラヴァッジョの劇的な人生と作品、そして彼の芸術が美術史に与えた影響を紹介します。

カラヴァジェスキとはカラヴァッジョの画法を模倣し継承した同時代及び次世代の画家たちの総称。ルーヴル美術館に所蔵されている「聖ヨセフ」を描いたジョルジュ・ド・ラ・トゥールはカラヴァッジョに魅力されたのだとか。出品数は日本で過去最多、世界でも有数の規模となります。是非この機会に。


カラヴァッジョ展 CARAVAGGIO | 2016年3月1日[火] – 6月12日[日] | 国立西洋美術館






以下出品作品
「エマオの晩餐」1606年、油彩/カンヴァス、ミラノ、ブレラ絵画館
「女占い師」1597年頃、油彩/カンヴァス、ローマ、カピトリーノ絵画館
「エッケ・ホモ」1605年頃、油彩/カンヴァス、ジェノヴァ、ストラーダ・ヌォヴァ美術館ビアンコ宮
「ナルキッソス」(部分) 1599年頃、油彩/カンヴァス、ローマ、バルベリーニ宮国立古典美術館
「トカゲに噛まれる少年」(部分) 1596-97年頃、油彩/カンヴァス、フィレンツェ、ロベルト・ロンギ美術史財団
ジョルジュ・ド・ラ・トゥール「煙草を吸う男」1646年、油彩/カンヴァス、東京富士美術館

会場:国立西洋美術館
電話番号:03-5777-8600(ハローダイヤル)
営業時間:午前9時30分~午後5時30分
会期:2016年3月1日[火]~6月12日[日]
休館日:月曜日(ただし、3月21日[月]、3月28日[月]、5月2日[月]は開館)、3月22日[火]
住所:〒110-0007 東京都台東区上野公園7-7
WEBサイト:http://www.nmwa.go.jp/jp/index.html






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

銅版画家・多賀新の新作展が銀座の養清堂画廊で4/6から開催... 春陽堂から出版された江戸川乱歩シリーズの表紙など細密で銅版画や鉛筆画で知られる多賀新の新作を展示する個展が銀座の養清堂画廊で開催されます。 開催期間は2015/4/6(月)〜4/18(土)となっています。私も何度か個展にはお邪魔したことがありますが、劣らぬ完成度と変わらない世界観にいつも圧倒さ...
【展覧会】上村松園の代表作「序の舞」ほか、上村松園・上村松篁の母子2代の名作を一挙公開... 近鉄グループの文化事業である松伯美術館では、2019年10月26日(土)から11月24日(日)まで、開館25周年を記念し、特別展「上村 松園」「上村 松篁」「『日本画の心』展 ~真善美を求めて~」を開催します。 松伯美術館は1994年(平成6年)に、上村家からの作品寄贈と近畿日本鉄道株式会...
身も凍る怪奇の世界。「真冬の幽霊画展」が12/19まで銀座で開催中... 現代日本画家、池永康晟、岡本東子、中原亜梨沙、鈴木博雄、内田すずめの展覧会「真冬の幽霊画展」が銀座にあるぎゃらりい秋華洞で12/19まで開催されています。 身も凍る怪奇の世界を掛け軸や浮世絵など古今の作品群とともに紹介されます。 池永康晟は当サイトでも紹介させていただいた画家ですね。どん...
銭湯の富士山を絵画として堪能。銭湯絵師・丸山清人の個展が1/8より開催... 昔ながらの銭湯には大きな富士山の絵が描かれており、まるで露天風呂にいるような気分にさせてくれますね。まさに銭湯の名物の1つと言えます。 中野ブロードウェイ4FのアートギャラリーGALLERY リトルハイでは丸山清人個展「THE銭湯富士~伝説の背景画絵師~」が2016/1/8から1/18の期間で...
初の写真展。画家・金子國義の残した写真が神保町と銀座で同時展示... 神保町にある古書店・小宮山書店と銀座のAKIO NAGASAWA Gallery | Publishingで2015年3月に逝去した画家・金子國義の写真展が2016年1月29日(金)〜2月21日(日)の期間に同時開催されます。 金子國義と言えばフランス文学者の澁澤龍彦に見い出され、1967年に...
世界初。画家ミュシャの晩年の巨大な傑作「スラヴ叙事詩」20点が公開... 六本木の国立新美術館で、2017年3月8日(水)から6月5日(月)までの期間にチェコの芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)の展覧会「ミュシャ展」が開催されます。 この展覧会ではミュシャが晩年の17年間をかけて描いた縦約6m、横約8mの20点の油彩画からなる「スラヴ叙事詩」が公開さ...
     

SNSで更新情報を配信中!!