小さくて可愛い。細密に描かれた小指サイズのミニチュア絵画


Brooke Rothshankは水彩絵の具を使ってかなり小さい、小指サイズの極小絵画を描いています。描かれているものは日常生活で見かけるような野菜や果物や靴に動物、一部そうでないものもありますが、誰もが見たことのある一般的な物ばかりです。誰もが見たことのあるモチーフではありますが、なんでも描いているというわけではなくこれらのモチーフ選びがBrooke Rothshankの個性を引き出しているように思えますね。

ただ小さいだけでなく、シャープペンシルなどを使って細密にも描かれていてリアルに感じることのできる水彩絵画です。Brooke Rothshankはこれらの作品をInstagramに投稿していますので、気になった方はInstagramでフォローしてみるのもいいかもしませんね。こちらです。⇒⇒⇒blrothshank














【次ページ】

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

ファンタジックで幻想的。水彩絵の具で繊細に描かれた透明感ある世界... アメリカの女性アーティストStephanie Pui-Mun Lawの作品です。とてもイマジネーションあふれる幻想的な風景が描かれていますね。ファンタジックな世界観の下で妖精や幻獣、虫や植物などをリアルに、また写実的に描いてます。お姫様や魔法使い、王子様など童話的な世界を感じさせる人...
清々しいタッチ。水彩絵具で描かれたヨーロッパの美しいドア... ウクライナのアーティストViktoria Kravchenkoが水彩絵具でヨーロッパ各地の様々なドアを描いています。ベルギーのブリュッセル、フランスのパリ、チェコ共和国のプラハなど実際に旅で見かけたドアたちはその奥になにがあるのかとても気になる素敵なデザインばかりです。日本ではあまり...
上手いし可愛い!!建築家が水彩絵具で描いた鳥たち... 建築家でもあるKarolina Akwarele(カロライナ・キジャック)はさまざまな種類の鳥たちを水彩絵具で描いています。カワセミ、カラス、スズメ、オウムなどがモチーフになっており、水彩絵具らしい軽やかで鮮やかな色彩を放っています。水彩の他にインディアンインク(墨)も併用しているようです。...
やはり秀逸!!猫のフワフワ感を「にじみ」で描くアーティストの水彩絵画... 以前、猫をモチーフにしたセルビアのアーティストEndre Penovácは水彩画を紹介しましたが、新作の水彩画も引き続き素晴らしいことになっています。やはり、猫の毛先やフワフワ感がとても巧く表現されていますね。素敵!!水彩絵の具とブラックインクを使って描いています。新作では、ネコだけでなく、...
美しい木漏れ日。ロシアの水彩画家Ilya Ibryaevの描く「光」... イギリスのロマン主義の画家、ウィリアム・ターナー(1775〜1851)は大気や光の効果を追い求めて多数の作品を残しています。「雨、蒸気、スピード-グレート・ウェスタン鉄道」、「解体されるために最後の停泊地に曳かれてゆく戦艦テメレール号」はその代表的な例と言えるでしょう。モスクワ在住の水彩画家...
羽毛がフワッ、フワッ。水彩絵具で鶏を描いた絵画作品... セルビアのアーティストEndre Penovácの水彩絵の具の「にじみ」で描いた作品を以前紹介しましたね。以下。ねこの毛を巧みに「にじみ」で描きつつも、動物の骨格を意識した描法に驚かされました。絵の具の「にじみ」で描く猫Endre Penovácは猫だけでなく、鶏も水彩絵具で描いてお...

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る