医療と芸術の融合。Dain L. Tasker(ダイン・L・タスカー)がX線フィルムで撮影した花たち


ロサンゼルスはウィルシャー病院の主任放射線医だったDain L. Tasker(ダイン・L・タスカー)(1872〜1962)は本来医療で使用するX線フィルムで美しい花々を撮影しました。Dain L. Tasker医師は1920年代後半に、X線画像処理の技術に興味を持ち、1930年代にX線撮影のプロセスで様々な花を記録し始めました。

葉や花びらの繊維まで捉えられています。シルエットや柔和なライン、グラデーションなど、花の魅力は色だけないということがよく分かります。写真は平面ではありますが、X線撮影により花の構造が視覚的に分かりますね。

写真集があったら是非、手に取ってみたいと思ったのですが、2000年に出版されたが一部で古書(洋書)としてしか出回っていませんでした。残念。
















Dr. Dain L.Tasker

 
 
 

2016年2月9日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

毒々しくも美しい。液体の飛沫をハイスピードカメラで撮影した写真がまるで花のよう... 今回は、ニューヨークで活動するフォトグラファー、Jack Longの作品をご紹介します。 彼の作品は、流れる液体を高速撮影することで、花や植物、微生物などを思わせる高度な視覚効果を生み出しているのが特徴で、その作品群は彼の代名詞でもあり、リリースされるたびに見る人に驚きを与え続けています。...
芳醇な花のイメージ。豊かな表現力を発揮する元画家Isabelle Meninのデジタルフォトグラフィ... ベルギーのフォトグラファーIsabelle Menin(イザベル・メニン)のデジタルフォト作品です。Isabelle Menin(イザベル・メニン)は写真家として活動する前は10年くらい画家として絵を描いていたそうです。画家としての経験が現在の作品に影響を与えていることは間違いないようですね...
虫注意!?昆虫の翅を「花」に見立てた優雅な写真シリーズ「Mimesis」... パリを拠点に活動するフォトグラファーSeb Janiakの写真シリーズ「Mimesis」は昆虫の翅を「花」に見立てた優雅な作品群です。蝶や蝉など様々な昆虫の翅が花のように咲いています。昆虫の蛇腹状の胴体や触覚のガサガサした感じがないので虫があまり得意じゃない方も大丈夫なのではないでしょうか。...
怪しいおかっぱ女。宮崎いず美のセルフポートレイトがかなりの中毒性... 宮崎いず美(Izumi Miyazaki)さんのセルフポートレイトがとても興味深いです。なんだろうかこのジワジワ来る感じ・・・なんとも不思議な魅力がありますね。日常?精神世界?宮崎いず美が何人も現れたり、独特の表情を浮かべたり、どこか歯車の合わない現実にいるような感覚を覚えますね。宮崎さんは...
日本の美しさを捉える写真家・保井崇志が撮影する心震える風景... 保井崇志はメディア「RECO」の運営や写真ワークショップなど展開するフリーランスのフォトグラファーです。 京都、大阪、東京を中心にした日本の風景を捉えた写真があまりに美しく、普段気付かない日本の素晴らしさを教えてくれます。奥行きを感じさせる構図、遠近法やシンメトリックな画面からダイナミックでありな...
メキシコの洞窟プール「セノーテ」で撮影された水中写真の透明感が凄すぎて感動するレベル... Christian Vizlさんの水中写真をご紹介します。メキシコにある「セノーテ」をご存知でしょうか?「セノーテ」とは何百万年もの間、降り続いた雨が石灰岩の大地を溶かし洞窟になったもの。メキシコのユカタン半島の世界遺産シアンカアン保護区には推定7,000個近い「セノーテ」があるようです。 その「...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る