一瞬の美しさを絵に。画家Ai Shahが描く波紋をモチーフにした絵画作品

オーストラリアの画家Ai Shahは水面をモチーフとした美しい絵画を油絵の具で描いています。描かれた画面は油絵の具らしい重厚な抵抗感があり、自然の美しい移ろいの一瞬の風景を切り取ったかのような作品になっています。

自然の風景を描くという何百年、何千年もの間、続けてきたとてもシンプルな行為ではありますが、その奥深さがこれらの作品群からわかりますね。雨音や風がそよぐ気配が感じられそうなくらい臨場感があります。

Ai Shah




©Ai Shah
©Ai Shah






 
 
 

2016年2月5日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【油絵】ロックと寺院。風景とミュージシャンを融合させて描いた超細密な絵画... 険しくそびえ立つ崖の上の風景、その風景の中に寺院のような建造物がありますが、よく見るとどうやら人型をしています。 北京在住の中国人アーティストDU Kunは中国のミュージシャンをモチーフとした風景画を描いています。拡大した画像を見ると寺院の中にある仏像や格子や透かし彫りなどの装飾まで細密に描か...
なんでこんな所に・・木の断面に風景を描いた絵画シリーズ「Log Series」... ハワイ出身、ニューヨークを拠点に活動するアーティストAlison Moritsuguの制作する芸術作品がとても不思議。絵はキャンバスや紙に描くものと思いがちではありますが、Alison Moritsuguはなんと木の断面に、風景を描いています。 平面以外に様々な所に絵を描くアーティストは沢山い...
悪夢のような非現実感。狂気じみたメタモルフォーゼの世界を描く絵画作品... 特異なモチーフや構成、空間感など独特の非現実感を持ったシュールレアリズムに影響された作品は現代でも多く制作されていますね。当サイトでも多くその要素のある絵画、写真を紹介してきました。 若き才能。22歳のフォトグラファーが生み出すスケール感あるシュールな作品世界 【閲覧注意】シュールで不気味。...
【多重人格者】約20の人格が存在する解離性同一性障害者の女性が描く絵... イギリスのKim Noble(キム・ノーブル)(1960年生まれ)は解離性同一性障害(DID)を患っています。俗にいう多重人格障害です。それぞれの人格の独立性がとても強く、過去に類似例がないほど、重度の解離性同一性障害(多重人格)です。小説や映画で扱われることがよくあるので、ご存知の方も多いはず。 ...
豊かなイマジネーションの世界。ポーランドの画家Jacek Yerkaが描くのシュールレアリスム絵画... ポーランド出身の画家Jacek Yerka(ヤチェク・イェルカ)の作品はルネ・マグリットやサルバドール・ダリを彷彿とさせるシュールレアリスム絵画です。 イマジネーション溢れる不思議な風景や生き物と都市、住居などを融合させた絵を描いています。こんな世界があるなら行ってみたいと思えるようなファンタ...
まるで宇宙。石を描いているのに石には見えない超リアルな絵画... 1947年に生まれアメリカのメイン州の画家Alan Mageeはアクリル絵の具と油絵の具でかなりリアルな石の絵を描きます。リアルなことにも驚きなのですが、描かれた石の構成が素晴らしい。 明らかに、ただの石ではなく、1つ1つの石が惑星や宇宙の一部分かのような神秘的なものを感じさせます。石の表面に...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る