薄っすらエロティック。中国の「春宮画」を靴の中敷に表現した現代アート作品

春画は男女の交わりなどを描く江戸時代に流行した絵画の1つ、浮世絵の一種ですね。菱川師宣、鈴木春信、喜多川歌麿、葛飾北斎など江戸時代に有名な絵師達よって描かれました。この春画の起源は中国の「春宮画」にあり、日本に伝来され「春画」と略されるようになったものです。

中国のアーティストPeng Weiはシルクで作られた靴の中敷にその「春宮画」を見せる作品「好事成双 Good Things come into Pairs 2011-2014」を制作しました。薄いシルク越しに局部が描写されており、モザイクがかかっているようです。

Peng Weiは自国の服飾文化や古典美術、歴史やなどをテーマにした作品を制作しており、作品はボストン美術館、サンフランシスコアジア美術館、ブルックリン美術館など多くの美術館に所蔵されています。シリーズ化されている作品も多く、10年以上制作を続けている作品もあります。






中国春宮画の魅惑 (エロティシズムの美術史)

 
 
 

2016年2月18日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【押さえておくべき名作・23選】過去200年で歴史を揺るがした衝撃的で革新的な芸術作品... 美術史の中で名を残す革新的な芸術作品をご紹介します。年代的には過去200年、1800年初頭から選出されています。 Paddle8というオークションハウスのキューレーターが選出したもので、とても参考になるので是非ご覧下さい。どの作品も有名なもので憶えておいて損はしないと思います。 ...
「縄文」をモチーフにした松山賢の個展 「縄文怪人土偶怪獣」が新宿髙島屋で開催... アーティスト松山賢の個展「縄文怪人土偶怪獣」が、6月7日(水)〜19日(月)の期間に新宿髙島屋10階美術画廊で開催されます。 「縄文怪人土偶怪獣」と題した本展では、松山賢が日本人の根源的美術表現としての「縄文」をテーマに制作した油彩・アクリルの平面作品に加え、野焼きによる立体作品まで近・新作が...
まるで迷宮。画家・遠藤彰子が大画面に描く幻想的で異空間のような都市... こちらは日本の洋画家遠藤彰子さんの絵画作品です。縦横無尽に広がる都市空間、まるで生き物のようなうねり、空間の歪みを見せています。 人々の顔に落ちるはっきりと描かれた明暗は内面の不安定さを表現しているようにも見え、また、どこか希望を抱いているような表情にも見えます。 遠藤彰子さんは80年代...
絵本でとても有名なミヒャエル・ゾーヴァの非現実的な絵画世界... ドイツ、ベルリン生まれのMichael Sowa(ミヒャエル・ゾーヴァ)の絵画作品をご紹介。 ベルリン芸術大学を卒業後、美術教師を経て画家に。1995年、現代を的確に諷刺した画家に与えられるオラフ・グルブランソン賞受賞しています。 大ヒットしたフランス映画「アメリ」では、主人公の部屋に飾って...
圧倒的美しさ。樹脂の中で泳ぐ超立体的に描かれた金魚が素晴らしい... こちらは美術作家・深堀隆介(ふかほり りゅうすけ)の作品です。綺麗な金魚達です。ぱっと見、桶に金魚が泳いでいる写真に見えるのですが、これらの金魚は全て本物ではなく描かれたものです。 樹脂を何層にも重ね、アクリル絵の具で描いて、樹脂を乗せて、描いて、樹脂を乗せて、描いて、樹脂を乗せてを繰り返すこ...
水彩画の「にじみ」や「はね」を使って描かれたスーパーヒーロー達... アーティストのBluleは水彩絵の具を使って様々なスーパーヒーローを描いています。 水彩画の技法である「にじみ」や「はね」を効果的に使いざっくりとではありますが、特徴を巧みに捉えています。「ハルク」「ソー」「ウルヴァリン」「キャプテンアメリカ」などのアメコミヒーローの他にも、「R2-D2」「孫...
     

SNSで更新情報を配信中!!