薄っすらエロティック。中国の「春宮画」を靴の中敷に表現した現代アート作品

春画は男女の交わりなどを描く江戸時代に流行した絵画の1つ、浮世絵の一種ですね。菱川師宣、鈴木春信、喜多川歌麿、葛飾北斎など江戸時代に有名な絵師達よって描かれました。この春画の起源は中国の「春宮画」にあり、日本に伝来され「春画」と略されるようになったものです。

中国のアーティストPeng Weiはシルクで作られた靴の中敷にその「春宮画」を見せる作品「好事成双 Good Things come into Pairs 2011-2014」を制作しました。薄いシルク越しに局部が描写されており、モザイクがかかっているようです。

Peng Weiは自国の服飾文化や古典美術、歴史やなどをテーマにした作品を制作しており、作品はボストン美術館、サンフランシスコアジア美術館、ブルックリン美術館など多くの美術館に所蔵されています。シリーズ化されている作品も多く、10年以上制作を続けている作品もあります。
















中国春宮画の魅惑 (エロティシズムの美術史)

 
 
 

2016年2月18日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【押さえておくべき名作・23選】過去200年で歴史を揺るがした衝撃的で革新的な芸術作品... 美術史の中で名を残す革新的な芸術作品をご紹介します。年代的には過去200年、1800年初頭から選出されています。 Paddle8というオークションハウスのキューレーターが選出したもので、とても参考になるので是非ご覧下さい。どの作品も有名なもので憶えておいて損はしないと思います。 ...
「縄文」をモチーフにした松山賢の個展 「縄文怪人土偶怪獣」が新宿髙島屋で開催... アーティスト松山賢の個展「縄文怪人土偶怪獣」が、6月7日(水)〜19日(月)の期間に新宿髙島屋10階美術画廊で開催されます。 「縄文怪人土偶怪獣」と題した本展では、松山賢が日本人の根源的美術表現としての「縄文」をテーマに制作した油彩・アクリルの平面作品に加え、野焼きによる立体作品まで近・新作が...
享年30歳。飛び降り自殺した画家・深井克美の描く幻想世界... 深井克美(ふかいかつみ)という画家をご存知でしょうか?30歳(1948年~1978年)という若さで亡くなられた函館生まれの画家です。 14歳の時、結核に感染し当時としては難病である脊椎カリエス(肺からの結核菌(けっかくきん)が血行性に運ばれて発症する結核性脊椎炎 出典:goo)を患っていま...
【山下清】「裸の大将」で有名な放浪画家が貼絵で描いた花火... こちらはテレビドラマでとても有名な画家・山下清(1922〜1971)の花火をモチーフにした作品です。一瞬のきらめきを放つ花火がとても好きだったようで多くの花火の作品を描いています。これらの作品群は貼絵などの技法を使って描かれています。1925年3歳の時に、高熱を伴う風邪により軽度の知的障害・言語障害...
【連続殺人犯】300人以上を殺害したヘンリー・リー・ルーカスが描いた絵... ヘンリー・リー・ルーカス(Henry Lee Lucas)(1936〜2001)はアメリカの約3000件の殺害を自供した連続殺人犯です。14歳ではじめての17歳の少女を殺害し、性的虐待を受けていた売春婦である母親の喉をナイフで切り裂いて殺害しています。母親からの性的虐待の影響で、幻聴に苛まれ、乖離症...
【必見】2019年に絶対見逃せない要注目の展覧会[随時更新]... 絶対見逃せない!!オススメの展覧会を厳選して紹介します。人気画家の最新の個展、海外の美術館から来日する名作の数々を展示する展覧会など、どう考えても見逃せない展覧会をピックアップしています。 東京の展覧会や、また美術館や博物館が密集している上野の美術館、六本木近辺の美術館・ギャラリー情報またはイ...
     

SNSで更新情報を配信中!!