コカインやLSDなど。20種類の薬物を毎日使い続けて描いたデザイナーの自画像

注意
薬物の使用、所持等は法律により厳しく禁止されています。
当記事は助長を目的としたものではなく、危険性を訴えた記事です。
The use and possession of drugs is strictly prohibited by law.
This article is not intended to promote, but is an article that appeals to danger.

芸能人や有名人の覚醒剤による逮捕が話題となり、薬物依存の怖さを身近に感じることが多くなりました。最近逮捕された女優の沢尻エリカさん、「電気グルーヴ」のメンバーで俳優のピエール瀧さん、元野球選手の清原和博さん、歌手のASKAさんなどなど、過去を遡れば、あの人も!?こんな人も!?と驚くほど多くの芸能人、有名人の方が逮捕されていますね。

サンフランシスコを拠点に活動するグラフィックデザイナーのBrian Pollettは自身で薬物を使用し、イラストレーションを描くという実験をシリーズ化した作品「Pixel-Pusha’s 20 Day Binge」を発表しました。

このシリーズ20日間、毎日連続で20種類の薬物を使用しイラストを描くという実験です。コカインにLSD、MDMA、アンフェタミンなど有名なドラッグの名もちらほらと出てきますが、一般的には知られていないような名前の薬物も多く登場します。

以前、LSDを投与しながら絵を描いた画家を紹介しましたが、こちらは錯乱状態に陥った生っぽさがない分、薬物が怖いというか、描かれたイラストレーションのクオリティを見ると制作する客観性が失われていないように見えるのが驚きですね。投与した量の記述がないので、ごく少量なのかもしれません。

カラフルな色彩なのでパッと見、綺麗な世界観に見えますが、頭部が心臓になったり、溶け出したり、崩壊する様は異様といえるでしょう。最後、20日目の薬物に注目。

一見、ポップで面白いビジュアルの現代美術作品という印象もあるのですが、そのコンセプトを聞いたら深く考えたくなるような作品です。

薬物を使用した恐ろしさは使用した人にしか分からない世界かもしれませんし、今回のデザイナーが本当に伝えたかった事は、一線を越えてしまったデザイナーが対岸にいる私たちに恐怖のみを突き付けることではなかったような気もしますよね。

今回の作品は薬物を投与することで描画そのものが変化・退行していく作品では寧ろなくて、様々な薬物を投与していくことで自分がおかれた世界観や症状を分かりやすく説明してくれているといった感じでしょうか。

薬物自体が恐ろしいということに違いはないかもしれませんが、薬物を使うと「なぜ」危なくて「どう」いった世界を感じるのか、過程に非常に納得する・説得力がある点では参考になる作品でもありますよね。
海外では薬物のオーバードーズ(過剰摂取)で亡くなるケースは少なくないようで、そのオーバードーズで亡くなった方の中にはプロレスラーやミュージシャン、俳優、女優、モデルなどといった著名人も少なからずいるようです。「たった作品1枚」が「侮れない作品1枚」でもあるようです。






1日目 Butylone (ブチロン)

2日目 GHB (ガンマヒドロキシ酪酸 )

3日目 コデイン

4日目 THC ( テトラヒドロカンナビノール )

5日目 エタノール

6日目 亜酸化窒素

7日目 コカイン

8日目 サイロシビン

9日目 4-HO-MIPT

10日目 ポッパーズ( 亜硝酸アミル3 )






11日目 DMT ( ジメチルトリプタミン )

12日目 エーテル

13日目 25I

14日目 MXE( メトキセタミン )

15日目 MDMA( メチレンジオキシメタンフェタミン )

16日目 アンフェタミン

17日目 メスカリン

18日目 ケタミン

19日目 LSD ( リゼルグ酸ジエチルアミド )

20日目 愛






トレインスポッティング [DVD]

 
 
 

2019年11月20日に投稿された記事を再編集しています。
注意
薬物の使用、所持等は法律により厳しく禁止されています。
当記事は助長を目的としたものではなく、危険性を訴えた記事です。
The use and possession of drugs is strictly prohibited by law.
This article is not intended to promote, but is an article that appeals to danger.

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

精密なディテール。描き下しイラスト200点が収録された制服資料の決定版「日本の制服150年」... 「日本の制服150年」が青幻舎から発売されています。本書はパイロット・キャビンアテンダント・国鉄・JR 乗務員・郵便配達・郵便局員・医師・看護師・介護福祉士神職・巫女・僧侶・海女・漁師・農夫・大工・鳶職人・自動車整備士・食品加工・仲買人・デパートガール・OL・受付嬢・ホテルマン・ベルボーイ・ウエイタ...
素晴らしい共同作業!!息子の原案を元に描かれるアニメクリエーターのイラスト... フランス人アニメクリエーターのロマン・トマのTwitterアカウント(@Thomasintokyo)では、息子の描いた絵を元に、ロマン・トマが新たにイラストを描き、そのイラストを投稿しています。 長男、次男くんの描いた元の絵ももちろん素晴らしいのですが、ロマン・トマのイラストがかっこいい!!ス...
【見逃せない】この2人が!!宇野亞喜良と山本タカトがコラボした展覧会が東京、金沢で開催... 日本を代表すると言っても過言ではなく2人のイラストレーター宇野亞喜良(1934年生まれ)と山本タカト(1960年)の展覧会「二人展 宇野亞喜良×山本タカト『天守物語』」が開催されます。 本展では、1917年に発表された泉鏡花の戯曲「天守物語」をモチーフにした展覧会で、宇野亞喜良と山本タカトの挿...
美しき物語と耽美な装飾。世紀末アール・デコ時代に活躍したカイ・ニールセンの挿絵画... コペンハーゲン出身、デンマークのイラストレーターKay Nielsen(カイ・ニールセン)(1886-1957)は19世紀後半から1930年頃のイギリスを中心とした挿絵の黄金期である「挿絵の黄金時代」に活躍した1人です。 オーブリー・ビアズリーのアール・ヌーヴォー的な線描を受け継いだとされ、同...
統合失調症を発症したLouis Wain(ルイス・ウェイン)の作品変遷が凄まじい... こちらは統合失調症を発症したイギリス人イラストレーターLouis Wain(ルイス・ウェイン)(1860〜1939)作品です。このイラストレーターは猫をモチーフに生涯多くのイラスト作品を残しています。 統合失調症を発症する以前は擬人化された猫を描いており、児童書の挿絵を執筆し、新聞、専門誌、雑...
リアルで怖い。可愛いキャラクター達がおぞましいクリチャーに変貌したイラスト集... スウェーデンのイラストレーターでタトゥーアーティストのDennis Carlsson(デニス・カールソン)は様々なキャラクターを、奇怪でグロテスクなキャラクターに変貌させています。 「ポケモン」のピカチュウや「となりのトトロ」、「クマのプー」、「リロ&スティッチ」など、尖った歯にむき出しの歯茎...
     

SNSで更新情報を配信中!!