芸術家・画家を目指す方におススメしたいとても参考になるテキスト【10選】

芸術家・アーティストを目指す方ならとてもためになるテキストが掲載されているサイトをいくつかご紹介します。タイトルの下は抜粋で【続きを読む】というリンクをクリックしていただければ本文を読むことができます。






1.アーテイストとして生きること 宮島達男

この国でアーティストがどう生きるべきかリアルに考える。はっきり言って、絵で飯は喰えない。皆分かっているのに、その幻想の旗を降ろさない。なぜか、、、
【続きを読む】

2.「プロの画家になる方法」プロの画家が教えます!(前編)

美術大学合格率95%という美大受験のための専門コースがある、とある高校の美術教師の話。ある生徒に「君は画力があるから美大の絵画科を受験したらいい」と薦めたら、「美大を出て、絵で食べられるんですか? 食べられないですよね」と言いかえされ、、、、【続きを読む】

3.「画家で食べていけるんですか?」 ”アートを生業にする方法”をプロの画家に訊く!(後編)

現在の日本でプロのアーティストを志す人たちにとって、とくに狭き門とされる”美術系アーティスト”への道。「絵を描くことを生業(なりわい)にする」ためには、一体、どのようなことが必要とされるのか。
【続きを読む】

4.画家になるのに美大は必要か?

画家が美大や芸大を出ている必要があるだろうか?
岡本太郎は、今でいう東京芸大に入ったがすぐに退学。横尾忠則は武蔵野美術大学に入学を希望し受験のため上京したが、高齢の両親の負担を気遣い断念。池田満寿夫は東京芸大受験を3年連続失敗して断念、、、【続きを読む】

5.売れなくてもなぜ人は芸術家をめざすのか

多くの人が夢見るのだが、多くの人が断念せざるをえない芸術というもの。このマーケットは需要より、供給希望者のほうが多いらしい。需要がどれだけあるのか考えられずに、多くの人がむやみやたらに供給したがる。ニーズも注文もなしに、やたらと生産したがるものが芸術というものらしい。、、、【続きを読む】

6.作家には、自分の作品を大切にしてほしい 小山登美夫

アーティスト自身、自分がどういった作品をつくっているのかを自覚することも大切だし、自分の作品がうまく伝わる場所を探すこともアーティストの仕事のひとつとして重要です。東京だけではなく、京都でも大阪でもどこでもいいのですが、ギャラリーを歩いてみてください。どういう運営をしていて、、、、
【続きを読む】

7.売れない画家に学ぶこと

一本の明確なテーマはおそらく、「売れなくても創作しつづける根性を学ぶ」あたりかもなのしれない。生活のためにつまらない仕事に時間や人生を奪われる私にとって、売れなくとも芸術至上に生きた芸術家の人生に学びたいということなのである。安定や保障が大事な世の中にあって、そんな基準を逆さまにして、自分の創作のほうを優先順位にした芸術家に学ぶことはないのか、、、【続きを読む】

8.アートは一銭も生み出さないだろうと思ってた 会田誠

大学院修了後もしばらく、経済的なビジョンはまったくなかったですね。割り切ってバイトはやったけど、経済的なことについては思考停止。現代美術のコマーシャルギャラリーはなく、教員をやりながら描くことにも興味がなかった。レンタル代を払って銀座の貸し画廊で個展をやるのも、、、、、
【続きを読む】

9.芸術家を名乗るに値する者とは

横尾忠則は、芸術には狂気がなければならないと言ったと思う。
一方、池田満寿夫は、自分には狂気はないと言った。
しかし、これらを、言葉通りに受け取ってはならない。
彼らの言う狂気は、正常の基準が異なるのだ。
横尾忠則は、世間を正常の基準に置いて言っているのだが、、、、【続きを読む】

10.アーティストとしてサーバイブするための100のリスト

1. 制作を、あなたの生活の優先順位の一番上に持ってきましょう。
2. ポートフォリオを作りましょう。
3. 自分のゴールは何か、考えてみましょう。
4.努力してでも、人脈を、、【続きを読む】

もちろんすべてを真に受けることはしなくてもいいと思いますが、それぞれの立場で実感することが多く述べられているのではないでしょうか。すべて読むのに多少時間がかかるとは思いますので是非ブックマークして時間のある時にでも読んでみて下さい。


芸術起業論 (幻冬舎文庫)
村上 隆
幻冬舎 (2018-12-06)
売り上げランキング: 4,883
芸術闘争論 (幻冬舎文庫)
村上 隆
幻冬舎 (2018-12-06)
売り上げランキング: 34,342
現代アートの本当の学び方 (Next Creator Book)
会田誠 荒木慎也 大野左紀子 苅宿俊文 暮沢剛巳 谷口幹也 土屋誠一 筒井宏樹 成相肇 橋本誠 日比野克彦 福住廉 三脇康生 村田真 山木朝彦 川崎昌平
フィルムアート社
売り上げランキング: 213,142
今日の芸術―時代を創造するものは誰か (光文社知恵の森文庫)
岡本 太郎
光文社
売り上げランキング: 6,139

 
 
 

2012年12月13日に投稿された記事を再編集しています。一部リンク切れがありましたので、修正しました。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

素晴らしい共同作業!!息子の原案を元に描かれるアニメクリエーターのイラスト... フランス人アニメクリエーターのロマン・トマのTwitterアカウント(@Thomasintokyo)では、息子の描いた絵を元に、ロマン・トマが新たにイラストを描き、そのイラストを投稿しています。 長男、次男くんの描いた元の絵ももちろん素晴らしいのですが、ロマン・トマのイラストがかっこいい!!ス...
すべてを肯定する「YES」の1文字。ジョンとヨーコの出会いを決定付けた記念碑的作品「天井の絵」... こちらはオノ・ヨーコとジョン・レノンの出会いのきっかけとなった作品「天井の絵/イエス(YES)・ペインティング」です。 1966年、前衛芸術家として活躍していたオノ・ヨーコはロンドンのインディカ・ギャラリーで個展「未完成の絵画とオブジェ」を開催します。その前日にジョン・レノンがギャラリーを訪れ...
人間に懐く姿が可愛い。使い手感が演出できるドラゴンを首に巻くアクセサリー... 映画、ゲーム、小説などのファンタジー作品でドラゴンが登場することはよくありますね。凶暴な肉食獣であったり、召喚すると一緒に戦ってくれる仲間だったり、知性があり、言葉を話したりなど様々な設定がありますね。 カナダのグラフィック・アーティストAelia PetroのEsty shop「ArtByA...
これは胸アツ!?アーマタイプの装甲型レギンスがカッコイイ。... バンクーバーのデザインスタジオ「Mitmunk」の販売しているレギンスをご紹介します。メカニックなビジュアルをレギンスに再現しました。まるで漫画やSF映画の世界のようですね。コーディネートが難しいそうですが。コスプレなんかにいいかもですね。 価格は7,900円とレギンスにしてはちょい高めですが...
【薬物】LSDを摂取した女性が描いた自画像... 注意 薬物の使用、所持等は法律により厳しく禁止されています。当記事は助長を目的としたものではなく、危険性を訴えた記事です。 The use and possession of drugs is strictly prohibited by law. This article is not ...
【薬物】芸術家が実験台に。LSDを投与しながら描いた絵の結果が興味深い... 注意 薬物の使用、所持等は法律により厳しく禁止されています。当記事は助長を目的としたものではなく、危険性を訴えた記事です。 The use and possession of drugs is strictly prohibited by law. This article is not ...
     

SNSで更新情報を配信中!!