イタリアの天才。甲冑師Filippo Negroliの超絶技巧

Filippo Negroli(フィリッポ・ネグロリ)(1510–1579)はイタリア、ミラノの甲冑師です。彼の父ジャン・ジャコモ・ネグロリ率いるネグロリ一家、弟ジョバンバッティスタとフランチェスコによる集団で、フィリッポはハンマーで金属加工しデザインする彫金の技術に長けていました。

当時から非常に熟練した職人として有名でカール5世、グイドバルド2世・デッラ・ローヴェレなどの王族に愛用されるパレード用の甲冑を多く制作しました。これら甲冑にデザインには人魚やドラゴン、妖精、メデューサなどのモチーフが扱われています。

Filippo Negroli(フィリッポ・ネグロリ)の作品はスペインのマドリードの王立兵器庫やメトロポリタン美術館などに所蔵されています。金属にこれほど細密な造形を施す技術に圧巻です。











wikiより

fishki






図説 西洋甲冑武器事典

 
 
 

2016年4月16日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

小さくても気品溢れる姿。ビーズで作られたドラゴンのアクセサリー「Brooch dragon」... ロシアのアーティストAlyona Lytvinのビーズを使って造られたブローチのドラゴンがとても可愛いです!! シードビーズ、アンティークビーズサテンや淡水パール、スパンコール、ラインストーンなどビーズだけでなく、様々な装飾物が使用され作られています。爬虫類特有の目の表現がとても素晴らしく、一...
角煮にしか見えない!!故宮博物院で人気を博す「肉形石(にくがたいし)」が美味しそう・・・... 「肉形石(にくがたいし)」(高5.73cm×6.6cm×厚さ5.3cm)をご存知でしょうか。以前にご紹介した白菜の形をした着色がされていないヒスイ輝石(宝石として珍重されている翡翠のうちの「硬玉」)が使われている「翠玉白菜」と肩を並べるほど人気のある作品なのです。「翠玉白菜」は2014年6〜9月に東...
【最新作】芸術家Ronit barangaのフェティッシュで官能的な陶芸作品... 以前ご紹介したイスラエルの芸術家Ronit barangaの陶芸作品に新作が追加されました。やはり面白いですね。手にリアルな表現が加えられていますね。 相変わらず食器から覗く口や唇、歯などはかなり不気味ですね。しかし、どこか陽気な雰囲気も感じなくもないです。食器の他にモチーフが増えたことや手が...
【超絶技巧】江戸後期から明治にかけて活躍した象牙彫刻家・島村俊明... こちらは島村俊明(1855・安政2年-1896・明治29年)(しまむらしゅんめい)の象牙彫刻作品です。上の作品は高さが約33㎝。豊かな表情とポーズの柔軟さ、細密に刻まれた衣服の文様など技術の高さが伺えます。 歴史上の人物をモチーフにした作品が多く、明治時代の象牙彫刻全盛期の一翼を担いました。 ...
金属製の虫たち。江戸時代の技を現代に甦らせる満田晴穂の精密な手仕事... こちらは満田晴穂(みつたはるお)の立体作品「自在置物」です。 「自在置物」とは金属で昆虫や爬虫類などを実寸で制作したもので江戸時代から伝わる工芸作品です。詳しくはオフィシャルサイトの説明をご覧下さい。以下。 自在置物とは、江戸末期から明治にかけて甲冑職人達の手によって作られ、主に...
日本的美しさ。枝垂れ桜や龍をモチーフにした手彫りの栞(しおり)「Silverleaf」... 読書をする際に栞(しおり)をお使いになるでしょうか。購入したときに書店で無料で配布していたり、文庫などについている栞代わりになる紐「スピン」を使ってブックマークにすることはよくあることですね。電子書籍で読書をする人もいるでしょうから、マイ栞(しおり)を持っている方は少ないのではないでしょうか。 ...
     

SNSで更新情報を配信中!!