「フランシス・ベーコン展」が東京国立近代美術館で2013年3月8日より開催


フランシス・ベーコンとは20世紀のアイルランドを代表する画家で、抽象絵画が全盛となった第二次世界大戦後の美術界において、具象絵画にこだわり続けた画家でもあります。そんな20世紀最も重要な画家の1人であるフランシス・ベーコンの回顧展が東京国立近代美術館・豊田市美術館で開催されます。

東京国立近代美術館は2013年3月8日(金) ‒ 5月26日(日)
豊田市美術館は2013年2013年6月8日(土) ‒ 9月1日(日)

フランシス・ベーコンと言えば、あのアトリエを思い浮かべる方が多くいらっしゃるのではないでしょうか?以前もご紹介した「巨匠アーティストの制作現場」の散らかり放題の混沌としたアトリエ風景ですね。まさかこんなアトリエで描いてなんて、、と驚きです。

作品はコチラ

そんな散らかり放題のアトリエで描かれていたベーコンの絵画作品が日本に上陸します。この「フランシス・ベーコン展」の見所はこちらです。

1.没後の大規模な個展としては日本初。アジアでも初
2.回顧展であると同時に、ベーコンにとって重要な「身体」に焦点をあてたテーマ展である
3.イギリス、ドイツ、アメリカ、台湾、オーストラリア、ベルギーなど世界各地か作品が集まる
4.「スフィンクス」をモチーフとする作品が4点集まるのは世界初
5.ベーコンにインスパイアされたヨーロッパと日本のダンサーの映像も紹介
6.ニューヨーク近代美術館所蔵の、最後の三幅対(トリプティック)を展示

これは見逃せない展覧会ですね!

「フランシス・ベーコン展」
開館時間:午前10時-午後5時(金曜日は午後8時まで) ※入館は閉館30分前まで
休館日:月曜日(ただし、3/25、4/1、4/8、4/29、5/6は開館)、5/7
主催:東京国立近代美術館、日本経済新聞社


フランシス・ベーコン(wiki)

関連書籍
フランシス・ベーコン BACON
フランシス・ベーコン BACON

フランシス・ベイコン―暴力の時代のただなかで、絵画の根源的革新へ
フランシス・ベイコン―暴力の時代のただなかで、絵画の根源的革新へ
イギリスの現代画家フランシス・ベイコン(1909‐1992)。暴力に満ちた20世紀の歴史と社会のただなかにベイコンを据え、その人間性と、絵画の根源的革新への意志を浮き彫りにする。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【約500点の資料を展示】たばこと塩の博物館でマッチの歴史とラベルデザインの多彩な世界を紹介... たばこと塩の博物館では、2019年5月25日(土)から7月7日(日)まで、「マッチ ~魔法の着火具・モダンなラベル~」展を開催します。 マッチは、簡単に火を点けられる画期的な道具としてヨーロッパで誕生し、19世紀半ばから世界に広がりました。マッチの誕生により、炭火などで火を長持ちさせる必要がな...
遂に来る!!ピーテル・ブリューゲルの名作「バベルの塔」が日本で展示... なんと16世紀に活躍したベルギー(フランドル)の画家ピーテル・ブリューゲルの「バベルの塔」が来年に日本で展示されることが決定されたようです。「ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル『バベルの塔』展」という展覧会名で東京は東京都美術館で4月から、大阪は国立国際美術館で7月から開催されます。 ピー...
銀座に復活。ドール収集家による「マリアの心臓人形大博覧会」が7月の【金・土・日・祝】のみ開催... 「マリアの心臓」は片岡佐吉がプロデュースした日本人形、西洋アンティークドール、現代作家人形の展覧会を中心に開催していたギャラリーです。渋谷区神南1丁目にあったのですが、2011年に閉館し、京都の大原に移転しました。 その「マリアの心臓」が2016年7月の金土日祝のみの開催とした展覧会「マリアの...
ギレルモ・デル・トロの脳内を散歩。蒐集物や等身大人形などの怪奇的なコレクション... 映画「パンズ・ラビリンス」や近作では「シェイプ・オブ・ウォーター」、「パシフィック・リム」、「クリムゾン・ピーク」、「ヘルボーイ」などを手掛けたギレルモ・デル・トロ監督の展覧会「Guillermo del Toro: At Home with Monsters」がロサンゼルスのLACMA(ロサンゼル...
【展覧会】シュルレアリスム画家ルネ・マグリットの大回顧展が13年ぶりに開催... 2015年3月25日(水)〜2015年6月29日(月)に国立新美術館、 2015年7月11日(土)〜2015年10月12日(月・祝)に京都市美術館でベルギーのシュルレアリスムの画家ルネ・マグリットの「マグリット展」が開催されます。 日本では13年ぶり開催される大規模な回顧展となっており、世界1...
幻想的なキノコ・ワールドを描く画家・大竹茂夫の展覧会が神戸で開催... アメリカの児童心理学者、作家のトリイ・ヘイデンの表紙で有名な画家大竹茂夫の個展「大竹茂夫展 不安なきのこ狩り」が神戸市のギャラリー島田で2014年12月13日(土)~24日(水)の期間に開催されます。 私も何度か個展に訪れたことがありますが小さい画面に細かく描き込まれたキノコや子ども達は不思議...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る