ダ・ヴィンチの名画が動き出す!?「ウィトルウィウス的人体図」の可動式フィギュア

ウィトルウィウス的人体図とは、古代ローマ時代の建築家であるウィトルウィウスが「建築論」を元にしており、人体のプロポーションの法則や調和などが、ダ・ヴィンチの手で描かれた作品です。現在はイタリアのヴェネツィアニアるアカデミア美術館所に所蔵されています。

以前、「ミロのヴィーナス」の可動フィギュアを記事で紹介しましたが、今度はレオナルド・ダ・ヴィンチが1487年頃、ルネサンス期に描いたとされる「ウィトルウィウス的人体図」が可動フィギュアとなって発売されることになったようです。

手足が4本あり、様々ポーズをとっているわけですから、滑稽で不気味としか言いようがないですね。このフィギュアからはダ・ヴィンチの伝えたかった人体の宇宙に触れるような調和や神秘さは到底、見えてこないわけですが、面白いからなんでもいいですね。

この商品「figma テーブル美術館 ウィトルウィウス的人体図 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア」の価格は5,546円です。気になった方は要チェック!!!!






それにしても「ミロのヴィーナス」同様にクオリティがかなり高いです。






figma テーブル美術館 ウィトルウィウス的人体図 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア






 
 
 

2016年6月6日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

幽霊、魔女、妖精など。物語世界にインスパイアされた幻想的な人形造形... アメリカ、ペンシルバニア州在住のアーティスト、彫刻家のForest Rogers(フォレスト・ロジャース)の作品です。 幽霊、化け物、妖精、人魚、魔女、クリチャーなどをモチーフにしながらもお姫さま、王女のような女性たちも人形のモチーフとしています。 日本の浮世絵や妖怪などからも多くインスパイ...
お値段は約3万円!!スタジオジブリ×竹谷隆之による究極の王蟲フィギュアが発売... スタジオジブリ×竹谷隆之による究極の『王蟲』が2019年9月30日(月)から予約開始され、株式会社千値練(せんちねる)から2020年4月に発売されます。 宮崎駿監督による「風の谷のナウシカ」に登場する「王蟲」フィギュアがタケヤ式自在置物となり、32,000円(税別)で販売され、サイズは全長...
【展覧会】可愛くて、ちょっぴりダークな不思議な世界。近未来(コンドウミク)の個展が中野で開催... 近 未来(コンドウ ミク)さんの個展「Alice in teeny slumber ~アリスのうたた寝~」が中野ブロードウェイ4Fにあるギャラリー リトルハイで2019年11月1日(金)~11月11日(月)(11月6日水曜休廊・12:00~19:00(最終日は17:00まで))の期間で開催されま...
愛くるしい表情が堪らん。羊毛フェルトで作られた小さな動物たちが可愛い。ギュッとしたい... 羊毛フェルトを素材に針で刺しまるめて作る人形は「フェルティングドール」とも呼ばれており、手芸コーナーに行くと初心者向けにキットが販売されたりもしています。 サンクトペテルブルクに住むアーティストTatyanaが作るフェルティングドールは実によくできていて、表情の作り込み、特に目にガラスが使用さ...
【必見】2019年に絶対見逃せない要注目の展覧会[随時更新]... 絶対見逃せない!!オススメの展覧会を厳選して紹介します。人気画家の最新の個展、海外の美術館から来日する名作の数々を展示する展覧会など、どう考えても見逃せない展覧会をピックアップしています。 東京の展覧会や、また美術館や博物館が密集している上野の美術館、六本木近辺の美術館・ギャラリー情報またはイ...
また現れた!!人々を困惑させる奇妙すぎるオブジェ作品「Quasi」... 以前、ご紹介したニュージランド出身のアーティストRonnie Van Hout(ロニー・バン・ハウト)(1962-)の作品「Quasi」(2016年)が、今度はニュージーランドのウェリントン市立美術館(The City Gallery Wellington)の屋上に出現しました。 2016年か...
     

SNSで更新情報を配信中!!