ダ・ヴィンチの名画が動き出す!?「ウィトルウィウス的人体図」の可動式フィギュア


ウィトルウィウス的人体図とは、古代ローマ時代の建築家であるウィトルウィウスが「建築論」を元にしており、人体のプロポーションの法則や調和などが、ダ・ヴィンチの手で描かれた作品です。現在はイタリアのヴェネツィアニアるアカデミア美術館所に所蔵されています。

以前、「ミロのヴィーナス」の可動フィギュアを記事で紹介しましたが、今度はレオナルド・ダ・ヴィンチが1487年頃、ルネサンス期に描いたとされる「ウィトルウィウス的人体図」が可動フィギュアとなって発売されることになったようです。

手足が4本あり、様々ポーズをとっているわけですから、滑稽で不気味としか言いようがないですね。このフィギュアからはダ・ヴィンチの伝えたかった人体の宇宙に触れるような調和や神秘さは到底、見えてこないわけですが、面白いからなんでもいいですね。

この商品「figma テーブル美術館 ウィトルウィウス的人体図 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア」の価格は5,546円です。気になった方は要チェック!!!!






それにしても「ミロのヴィーナス」同様にクオリティがかなり高いです。






figma テーブル美術館 ウィトルウィウス的人体図 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア






 
 
 

2016年6月6日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

幽霊、魔女、妖精など。物語世界にインスパイアされた幻想的な人形造形... アメリカ、ペンシルバニア州在住のアーティスト、彫刻家のForest Rogers(フォレスト・ロジャース)の作品です。 幽霊、化け物、妖精、人魚、魔女、クリチャーなどをモチーフにしながらもお姫さま、王女のような女性たちも人形のモチーフとしています。 日本の浮世絵や妖怪などからも多くインスパイ...
銀座に復活。ドール収集家による「マリアの心臓人形大博覧会」が7月の【金・土・日・祝】のみ開催... 「マリアの心臓」は片岡佐吉がプロデュースした日本人形、西洋アンティークドール、現代作家人形の展覧会を中心に開催していたギャラリーです。渋谷区神南1丁目にあったのですが、2011年に閉館し、京都の大原に移転しました。 その「マリアの心臓」が2016年7月の金土日祝のみの開催とした展覧会「マリアの...
【必見】2019年に絶対見逃せない要注目の展覧会[随時更新]... 絶対見逃せない!!オススメの展覧会を厳選して紹介します。人気画家の最新の個展、海外の美術館から来日する名作の数々を展示する展覧会など、どう考えても見逃せない展覧会をピックアップしています。 東京の展覧会や、また美術館や博物館が密集している上野の美術館、六本木近辺の美術館・ギャラリー情報またはイ...
怪奇的。人間の髪やアンティーク、亡き祖母の遺品で作られる操り人形たち... 「Handsome Devils Puppets」という名前で活動する人形作家の人形作品は、人間の髪、数々のアンティーク、あと、亡くなった祖母の遺品であるアクセサリーやジュエリーなどから作られています。 人形は「アダムスファミリー」のウェンズデーアダムス、フリーダ・カーロ、シルヴィア・プラスな...
可愛い木彫りの動物が彫れる。はしもとみお初の作品集&ハウツー本... 当サイトでもご紹介したはしもとみおの彫刻作品をおさめた作品集及び、ハウツー本「はじめての木彫りどうぶつ手習い帖」が発売されています。 はしもとみおは犬や猫、熊にオラウータンなど様々な動物の木彫で表現しており、ユニクロのCM出演など様々なメディアが注目している彫刻家です。作品集としても楽しめまた...
球体関節人形ファン必見。人形作家・清水真理の「不思議の国のアリス」をベースにした「アリス・イン・ドリ... 人形作家・清水真理の人形たちが登場し、映画「パップンピット」「サンタクロースがやってきた」の蜂須賀健太郎が監督する「アリス・イン・ドリームランド」が2015年12月に公開されます。 ルイス・キャロル作の「不思議の国のアリス」をベースにしたオリジナルストーリーで10年の構想を経ての公開となり、主...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る