木から生まれる躍動感。動物をモチーフにしたイタリアの彫刻家Giuseppe Rumerioの作品

イタリアの彫刻家Giuseppe Rumerioの作品が素晴らしいです。素材となっているのは松の木で、モチーフは牛や馬、象、猪、オオカミ、ヤギ、ライオンなどの動物たちです。

躍動感にあふれる構図と木の温かみに溢れており、その躍動感は今にも動き出しそうなほどです。悠然と野をかける姿や数頭で捕食する光景など、自然の中の厳しさを表現しており、動物たちの逞しい姿を作品に見ることができます。
















【次ページ】

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

どう見ても本物の人間!?アメリカ人の日常を表現した超リアルな彫刻作品... アメリカ生まれのDuane Hanson(デュアン・ハンソン)(1925-1996)の彫刻作品をご紹介します。 これが彫刻作品???と驚かされるほどリアルですね。これらの作品群は青銅やグラスファイバー樹脂によって作られています。しかもすべて等身大サイズです。 (a...
【卓越した技術】まるで本物。人物をモチーフにしたハイパーリアリズム彫刻を制作するアーティスト... もの凄くリアルな彫刻を制作するアーティストを紹介したいと思います。かなり人間に近い、まるで人間かのような彫刻のことを「ハイパーリアリズム彫刻」といい、世界各国でこのような作品を制作するアーティストがいます。シリコン、レジン樹脂、ファイバーグラスなどを駆使して人肌に近い表情を作り出しています。 ...
装着したら楽しそう!?耳に耳のイヤリング、指に指の指輪が斬新... ベルリンのアーティストNadja Buttendorfの発想がかなり奇想天外で面白いです。 以下は耳の形、デザインをしたシリコンで作られているイヤリング「Yes, it's a real EARring!」と、指の形、デザインをした、こちらも素材がシリコンの「Fingerring」です。 シ...
流木で人型オブジェを制作するアーティスト岩崎永人の彫刻作品シリーズ「Torso」... 1953年山梨県出身のアーティスト岩崎永人さんは流木を使って人型のオブジェを制作しています。様々なフォルムをした流木を組みわせ、自立した人型になっています。 森や林、廃墟のような場所にあるこれらのオブジェは有機的なフォルムをした流木により、新たに生命を得たようで、とても不思議な存在感があります...
何かが生まれる瞬間!?それとも変身か・・・体内からパワーが噴出するような人間を表現した彫刻作品... こちらはPaige Bradleyの「Expansion」というタイトルのブロンズ彫刻作品です。 「Expansion」は拡大や拡張、発展といった意味があり、まさに1人の人間が内面から変化するような様が表現されています。とてもシンプルで分かりやすいですね。 彫刻作品自体に亀裂のようなもの...
人体の一部がピクセル化した彫刻作品「解散‧集合」... 台湾の彫刻家のHsu Tung Hanは人物を彫刻しています。彫刻された人物の一部分がピクセルのようなフォルムからなっており、視覚的に面白い表現をされています。 リアルな人体とピクセルのデジタルな表現が対照的ですね。これらの作品は大きな1本の木から彫り出されているわけではなく、1つの1つの角材...
     

SNSで更新情報を配信中!!