遂に来る!!ピーテル・ブリューゲルの名作「バベルの塔」が日本で展示

なんと16世紀に活躍したベルギー(フランドル)の画家ピーテル・ブリューゲルの「バベルの塔」が来年に日本で展示されることが決定されたようです。「ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル『バベルの塔』展」という展覧会名で東京は東京都美術館で4月から、大阪は国立国際美術館で7月から開催されます。

ピーテル・ブリューゲルは2つの「バベルの塔」を描いています。1つは1563年に描いた美術史美術館が所蔵する作品、もう1つは、その2年後の1565年に描いたオランダにある美術館のボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館が所蔵する作品で、来年、日本で展示されるのは後者の1565年に描かれた「バベルの塔」です。

「バベルの塔」とはユダヤ教およびキリスト教の正典の旧約聖書の「創世記」に登場する巨大な塔のことで、天まで届くように高く設計された空想の建造物です。

なんと、日本で展示されるのは実に24年ぶりなんだとか。「バベルの塔」が展示される展覧会にはその他、ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館が所蔵する作品が約90点展示されます。やはり、注目はこの「バベルの塔」で間違い無いようです。今度いつ来るかわからないですから、見逃せないですね。






「バベルの塔」の細部まで閲覧できる特設サイトがオープンされています。かなりの高解像度。

ブリューゲル「バベルの塔」展|Bruegel’s the tower of babel







場所:東京都美術館
日程:2017年4月18日(火)~7月2日(日)
営業時間:9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
休館日:月曜日 ※5月1日(月)は開室
住所:東京都台東区上野公園8-36

ブリューゲル全作品

ブリューゲル全作品
ブリューゲル
中央公論新社






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

10/14から日本画家・栗原永輔の個展「炎」がギャラリーKINGYOにて開催... 10/14(火)〜10/19(日)の期間で日本画家・栗原永輔の個展「炎」が文京区の千駄木にあるギャラリーKINGYOにて5年ぶりに開催されます。下の作品は今回の展覧会のDMにもなっている「狂瀾怒濤(It rages. )」という作品です。渦巻く黄色い線光は火花のようで怒り狂った龍の迫力を伝えます。制...
生誕300年。伊藤若冲の展覧会が東京都美術館が4/22より開催。... 東京都美術館で2016/4/22(金)~5/24(火)の期間に江戸の画家、伊藤若冲の展覧会「生誕300年 若冲展」が開催されます。 京都、相国寺に所蔵されている「釈迦三尊像」、宮内庁三の丸尚蔵館の「動植綵絵」30幅など初期から晩年の代表作品が集結する東京初の大回顧展となっています。また「百犬図...
ギレルモ・デル・トロの脳内を散歩。蒐集物や等身大人形などの怪奇的なコレクション... 映画「パンズ・ラビリンス」や近作では「シェイプ・オブ・ウォーター」、「パシフィック・リム」、「クリムゾン・ピーク」、「ヘルボーイ」などを手掛けたギレルモ・デル・トロ監督の展覧会「Guillermo del Toro: At Home with Monsters」がロサンゼルスのLACMA(ロサンゼル...
幻想的なキノコ・ワールドを描く画家・大竹茂夫の展覧会が神戸で開催... アメリカの児童心理学者、作家のトリイ・ヘイデンの表紙で有名な画家大竹茂夫の個展「大竹茂夫展 不安なきのこ狩り」が神戸市のギャラリー島田で2014年12月13日(土)~24日(水)の期間に開催されます。 私も何度か個展に訪れたことがありますが小さい画面に細かく描き込まれたキノコや子ども達は不思議...
ロサンゼルスカウンティー美術館で鎧や兜、武具などを紹介する展覧会... ロサンゼルスにあるのロサンゼルスカウンティー美術館(Los Angeles County Museum of Art)、通称ラクマ(LACMA)で「Samurai: Japanese Armor from the Ann and Gabriel Barbier-Mueller Collection」...
挿絵原画全29点が展示。泉鏡花×山本タカト「草迷宮」が新宿の紀伊國屋書店で2/6から開催... イラストレーターの山本タカトの新刊「草迷宮」の挿絵29点と新作の「身毒丸」、ポストカードになった絵柄7点が紀伊國屋書店新宿本店で展示されます。新刊である「草迷宮」は以前紹介しましたね。(山本タカトが挿絵を担当した泉鏡花の特装版「草迷宮」が11月上旬発売予定!!)これらが展示される機会となっています。...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る