珊瑚を素材にして作られた骨格標本

フィリピン生まれ、ニュージャージー州を拠点に活動するアーティストGregory Halili(グレゴリー・ハリリ)は骸骨をモチーフにした作品を多く手がけています。

中でも多くのサンゴ礁を素材として作られた最新作品が素晴らしく、まるで本物の骨のように成形され、並べられた様は骨格標本さながらのリアルさがあります。金属の棒で固定されており、流木の上に浮いているように設置されています。

この作品以外にも白蝶貝、黒蝶貝などの貝殻に頭蓋骨の側面を彫刻刀と油絵の具で描く作品「Memento」シリーズがとても有名です。貝から浮き出しているよう見える頭蓋骨は異様なほどリアルで、貝の質感を巧みに利用しながら描いています。

以前ご紹介した頭蓋骨をモチーフにした現代アート作品のまとめ記事も関連としてご覧下さい。

Gregory Halili | Nancy Hoffman Gallery











 
 
 

2016年7月10日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

バッグス・バニーの筋肉骨格標本 以前に何度か紹介しているHyungkoo Leeの新作がオフィシャルサイトに掲載されそのクオリティと存在感の強さに驚きです。 以前もディズニーのミッキーやグーフィー、ドナルドなどの骨格標本を制作しており、今回の新作は、その作品の発展系、もしくはバリエーションとも考えられそうな立体作品です。 ...
溢れる生命感。海洋生物の標本アートを制作する芸術家Steffen Damの作品... デンマークの芸術家Steffen Damは、子どもの頃に祖父母の昆虫や科学的な書籍のコレクションに触れることがとても大好きだったようで、現在制作される多くの作品もその影響下にあるようです。 クラゲや海洋生物の標本をアートとして制作しており、そのガラスで制作された標本の中には気泡も一緒に閉じ込め...
正確で美しい造形写真が満載。粘土で解説した美術解剖学書「立体像で理解する美術解剖」... 「立体像で理解する美術解剖」が技術評論社から発売されています。Amzonに掲載された本書の内容を見るかとかなり期待できそうな内容となってます。 多くの術解剖学書は筋肉や骨格などはイラストで描かれています。本書は粘土で造形されており、様々な角度から造形された粘土が撮影されていて、骨や筋肉がどのよ...
新たな形に・・・傷んだ蝶の翅を修復して作られた標本シリーズ「Broken butterflies」... アーティストさんのAnne Ten Donkelaar(アン・テン・ドンケラール)さんは蝶の傷んだ翅を収集しており、その傷んだ翅を新たに修復し、組み合わせることで、作品として蝶に新たな命を与えています。 このシリーズは「Broken butterflies」と名付けられており、様々な種類の蝶の...
あの人気キャラクターが骨格標本に!!韓国のアーティストHyungkoo Leeが制作する立体作品... 韓国のアーティストHyungkoo Leeはディズニーのミッキーやグーフィー、ドナルドなどの骨格標本を制作しています。 以前ご紹介した「被ると頭部がデフォルメされ変顔に・・・人体をオブジェ化するプラスチック製ヘルメット型装置『The Objectuals』」と同じアーティストです。 素材...
子どももドン引き!?有名キャラクターの内部構造を人体模型的に表現した作品... ニューヨークに拠点を置く彫刻家、玩具デザイナーJason Freeny(ジェイソン・フリーニー)の作品は、バービー人形や、ミッキーマウスの他にも様々なキャラクターのフィギュアを切り抜き、内部に骨格や内臓などを人体模型的に制作しています。 ミッキーマウスやバービー人形の他に、スーパーマリオ、ヨッ...
     

SNSで更新情報を配信中!!