悪魔的で不気味。最新ラジコンカー「エアロスパイダー」を魔改造した工作作品

タカラトミーより発売された「エアロスパイダー」をご存知でしょうか。壁、天井など垂直な面を走ることのできるラジコンカーですが、フィギュア造形師のY_NAKAJIMAさんが制作した「はぐれトーマス」はその「エアロスパイダー」を改造した作品となっています。

以前ご紹介した「きかんしゃトーマス」のトーマスを改造して兵器にしたかのような「多脚機関戦車トーマス」もY_NAKAJIMAさんが制作されていましたね。この「はぐれトーマス」も「多脚機関戦車トーマス」に劣らずかなり不気味です。

トーマスの顔だけが壁や天井に張り付いて動く様は、不気味を通り越して狂気のようなものまで感じますね。目が光る様は怖いの一言。動画が公開されていますのでご覧下さい。






壁に顔があるだけで十分に不気味ですが、壁を移動するトーマス(顔だけ)はもっと不気味。もちろん回転もする。天井も。もはや監視されているよう。ではご覧ください。

失敗作のクローントーマスユニットは通常機能を停止され纏めて廃棄されるが、
中には奇跡的に機能を回復し動き出すものがある。
そういうものは「はぐれトーマス」となって廃墟や洞くつ等に住み着くようになる…。
壁や天井に張り付いて移動する。

クローントーマス育成器 / はぐれトーマス






エアロスパイダー 04ブラック

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【卓越した技術】まるで本物。人物をモチーフにしたハイパーリアリズム彫刻を制作するアーティスト... もの凄くリアルな彫刻を制作するアーティストを紹介したいと思います。かなり人間に近い、まるで人間かのような彫刻のことを「ハイパーリアリズム彫刻」といい、世界各国でこのような作品を制作するアーティストがいます。シリコン、レジン樹脂、ファイバーグラスなどを駆使して人肌に近い表情を作り出しています。 ...
装着したら楽しそう!?耳に耳のイヤリング、指に指の指輪が斬新... ベルリンのアーティストNadja Buttendorfの発想がかなり奇想天外で面白いです。 以下は耳の形、デザインをしたシリコンで作られているイヤリング「Yes, it's a real EARring!」と、指の形、デザインをした、こちらも素材がシリコンの「Fingerring」です。 シ...
【必見】2019年に絶対見逃せない要注目の展覧会[随時更新]... 絶対見逃せない!!オススメの展覧会を厳選して紹介します。人気画家の最新の個展、海外の美術館から来日する名作の数々を展示する展覧会など、どう考えても見逃せない展覧会をピックアップしています。 東京の展覧会や、また美術館や博物館が密集している上野の美術館、六本木近辺の美術館・ギャラリー情報またはイ...
伊藤博敏の展覧会「IN THE STONE!」【約20点を展示・販売】... 過去何度か、紹介したことのあるアーティスト伊藤博敏さんの展覧会(個展)「IN THE STONE!」が中野ブロードウェイ4FにあるGALLERY リトルハイで開催されます。 「石に取り付けられている不思議なファスナーの中は!?」家業の石材店を営みながら、石を使用した驚きの作品を制作し海外でも高...
強烈なインパクト。ゴミ同然の人形から作られる不気味な人物像... 以前ご紹介したオーストラリアのFreya Jobbins(フレーヤ・ジョブビンズ)のオフィシャルに新作の立体作品が加わったようですので、再度紹介したいと思います。 リサイクルのおもちゃや人形を使うというコンセプトは以前と同じで、半身像など大きさ自体やスケール感がより強くなっています。相変わらず...
イタリアの天才。甲冑師Filippo Negroliの超絶技巧... Filippo Negroli(フィリッポ・ネグロリ)(1510–1579)はイタリア、ミラノの甲冑師です。彼の父ジャン・ジャコモ・ネグロリ率いるネグロリ一家、弟ジョバンバッティスタとフランチェスコによる集団で、フィリッポはハンマーで金属加工しデザインする彫金の技術に長けていました。 当時から...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る