美しく力強い意匠。緻密に彫刻された銃アートの世界


アメリカの彫刻家Mike Dubber(マイケル・ダバー)さんはハンドガン、ライフル、ダブルガンに細密な彫刻を施すアーティストです。ハンマーとノミを使ってこれらの彫刻を施す仕事しています。

銃にゆかりのあるテーマなどを設定した上で彫刻し制作しています。緻密に彫刻されているものの、銃の持つイメージや力強さを強調した意匠となっており、1つ1つのデザインに意味を感じさせる作品となっています。
フアン・カルロス国王、教皇ヨハネ・パウロ二世などの著名な方もMike Dubberさんの作品をコレクションしています。

アメリカの手彫りの銃愛好家のための組織The Firearms Engravers Guild of America(FEGA)とコルトが承認するコルト専門に彫刻したColt Master Engraverの両方のタイトルを獲得しているアーティストでもあります。

FirearmsEngraving






Will Bill Hickock(コルト・シングル・アクション・アーミー)
ガンマン、保安官のワイルド・ビル・ヒコック(Will Bill Hickock)(1837〜1876)をモチーフにして制作された作品です。黒のAと8のツーペアが彫られているのは、銃で背後から撃たれて死んだ際に、手に持っていたからで、「デッドマンズ・ハンド(死人の手札)」として呼ばれています。銃は西部開拓時代に使用されていた回転式拳銃が使われています。

White & Black Knights 1911 .45 Autos
白と黒の騎士が彫られた二丁の軍用自動拳銃コルト

2006 CCA Louisville Gun






The Greatest Generation Colt Model of 1911

The Gambler
コルトのシェリフモデル0.45が使用された「The Gambler」という作品。2006年にネバダ州、リノのコルトコレクター協会で「Howard Dove Award”」を受賞しています。






銃の科学 知られざるファイア・アームズの秘密 (サイエンス・アイ新書)[Kindle版]

 
 
 

2016年8月18日に投稿された記事を再編集しています。

1 / 1





ADBの最新情報をお届けします。