日本画家・栗原永輔の個展「色彩の器」がPENSEE GALLERYで9/18より開催


日本画家・栗原永輔の個展「色彩の器」が群馬県桐生市にあるPENSEE GALLERY(パンセギャラリー)で開催されます。

ここ数年に渡り、毎年開催される栗原の個展ですが、今年の個展も同様に花や炎などがモチーフとなっています。
世界が破滅する壊劫(えこう)の終末に起こり、世界を焼き尽くしてしまう大火である劫火(ごうか)を装飾的に表現した出品作「劫火」、DMに使われている花の色を強調するために、様式化と画面構成をした作品「真紅」、その中心に展示されている満月を描いた「月」。
以前の躍動感や迫力を強調したような作品ではなく、力強さを残しつつも、どこか落ち着いた、安定感のある印象を受けます。

是非、実際の作品を見てみたいですね。開催期間は、2016年9月18日(日)~2016年9月22日(木)です。今回の個展用の告知動画もありますので、合わせてご覧ください。

HP http://eikuri.exblog.jp/
Facebook(個展用)  https://www.facebook.com/shisaiutuwa20160918/

また、栗原は2016年9月9日~9月12日の期間に横浜赤レンガ倉庫で「ShareArt Award 2016」という展覧会にも参加されるようです。こちらも是非。

AZA-3

 

劫火(Disastrous conflagration)
AZA-6

 

月(S20号)(Moon S20 No.)
AZA-4

 

真紅(True red)
AZA-5

こちらが告知用の動画です。


場所:PENSEE GALLERY
日程:2016年9月18日~2016年9月22日
営業時間:12:00~18:00 (最終日 17:00まで)※20日、21日は18:30~21:00まで
入場:無料
住所: 群馬県桐生市本町3-3-1
WEBサイト:http://penseegallery.jp/

受賞歴  
2008年 トリエンナーレ豊橋「星野眞吾賞展」入選(最終審査進出) (愛知県 豊橋市 豊橋市美術博物館)
2008年 アートリンク上野-谷中2008 アートコンペ「龍門」入選   (東京都 台東区上野 ギャラリー空)
2013年 「第40回近代日本美術協会展」 新人賞 (東京都台東区 東京都美術館)
2014年 「第41回近代日本美術協会展」ホルベイン賞(東京都台東区 東京都美術館)
2015年「近美関東美術展」近代日本美術協会理事長賞(東京都台東区 東京都美術館)
2015年 「第42回近代日本美術協会展」クリティック賞 (東京都台東区 東京都美術館)
2016年 「近美関東美術展」大賞受賞 (東京都台東区 東京都美術館)
2016年  「近代日本美術協会春季展」奨励賞受賞 (東京都千代田区 東京交通会館B1 ゴールドサロン)

個展   
2009年 アートリンク上野ー谷中2009 個展「華 DEPARTURE」(東京都文京区 ギャラリーKINGYO 2F会場)
2009年 芸工展2009個展 「栗原永輔展」(東京都文京区 ギャラリーKINGYO 1F会場)
2011年 「花 栗原永輔日本画展」(東京都文京区 喫茶・ギャラリー りんごや)
2014年 芸工展2014 栗原永輔個展「炎」(東京都文京区 ギャラリーKINGYO) 
2015年 栗原永輔個展「闇の中の光」(東京都中央区 孔雀画廊)
2016年 栗原永輔個展「闇の中の光」(群馬県桐生市PENSEE GALLERY)

グループ展
2011年 アートリンク上野ー谷中2011 「栗原永輔 佐藤雄一2人展」(東京都文京区 ギャラリーKINGYO 2F会場)
2012年 「第1回 ANOTHER SKY 100人展」 (カナダ バンクーバー Ayden Gallery)

招待展示
2014年 「Life 2014」 (東京都中央区銀座 GALLERY ART POINT )

その他にも、数多くの企画展やグループ展などに作品を出品。

主な作品所蔵先
個人蔵

所属
 一般社団法人 近代日本美術協会 準委員

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

10/14から日本画家・栗原永輔の個展「炎」がギャラリーKINGYOにて開催... 10/14(火)〜10/19(日)の期間で日本画家・栗原永輔の個展「炎」が文京区の千駄木にあるギャラリーKINGYOにて5年ぶりに開催されます。下の作品は今回の展覧会のDMにもなっている「狂瀾怒濤(It rages. )」という作品です。渦巻く黄色い線光は火花のようで怒り狂った龍の迫力を伝えます。制...
身も凍る怪奇の世界。「真冬の幽霊画展」が12/19まで銀座で開催中... 現代日本画家、池永康晟、岡本東子、中原亜梨沙、鈴木博雄、内田すずめの展覧会「真冬の幽霊画展」が銀座にあるぎゃらりい秋華洞で12/19まで開催されています。 身も凍る怪奇の世界を掛け軸や浮世絵など古今の作品群とともに紹介されます。 池永康晟は当サイトでも紹介させていただいた画家ですね。どん...
静謐の極致へ。ラファエル前派に魅了された画家「フレッチャー・シブソープ展」が渋谷で開催... 2016/1/19(火)~1/26(火)に期間に渋谷のBunkamura Galleryでイギリス画家フレッチャー・シブソープ(Fletcher Sibthorp)を紹介する展覧会が開催されます。 フラメンコを踊る女性躍動的に美しく描く画家として、一躍有名となりましたが近年描いているのは、フラ...
幽霊画が大集合。4年の歳月を経て「うらめしや~、冥途のみやげ」展が7/22より開催!!... 「うらめしや~、冥途のみやげ ―全生庵・三遊亭圓朝 幽霊画コレクションを中心に―」展が東京藝術大学大学美術館、地下2階展示室で開催されます。 幽霊画はとても人気で定期的に展覧会は開かれていますね。今回は東京、谷中にある全生庵に所蔵されている明治の噺家三遊亭圓朝ゆかりの幽霊画50幅が展示されます...
「縄文」をモチーフにした松山賢の個展 「縄文怪人土偶怪獣」が新宿髙島屋で開催... アーティスト松山賢の個展「縄文怪人土偶怪獣」が、6月7日(水)〜19日(月)の期間に新宿髙島屋10階美術画廊で開催されます。 「縄文怪人土偶怪獣」と題した本展では、松山賢が日本人の根源的美術表現としての「縄文」をテーマに制作した油彩・アクリルの平面作品に加え、野焼きによる立体作品まで近・新作が...
統合失調症となり、精神科病院で描き続けた画家アドルフ・ヴェルフリ。日本初の大規模回顧展が開催... スイス人のアドルフ・ヴェルフリ(Adolf Wölfli)(1864-1930)はアウトサイダー・アート/アール・ブリュットのアーティストの1人と知られており、世界的に高い評価を受けている画家です。日本では紹介される機会が少なく、馴染みのないアーティストかもしれません。そのアドルフ・ヴェルフリの初の...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る