装備したいクールな武器。デジタルで描かれたメカニカルな「Heretic」シリーズ

ウクライナのデジタルアーティストSamouelは3Dモデリング、レンダリング、アニメーションのためのソフトウェア「3ds Max」を使ってこれらの武器を制作しています。

デジタルで描かれているので、実際手に持つことはできませんが、ビジュアル的な美しさと入り組んだギミック、ゴールドを挿し色に使ったブラックをベースにしたデザインがとてもクールでかっこいいですね。「Heretic」と名付けられてだけあって異端者が邪悪な魔物を退治する時に使う武器なのかもしれませんね。

それぞれのパーツがどのような機能性を持っているか、全体のスペックについての説明はないので、その機能が気になるところです。モニターで出てきて、自動標準や拡張機能があり、武器本体が拡大したりとか、変態的で3タイプくらいにトランスフォームしたりするとなお、かっこよさそうですね。






Heretic Composite Bow

Heretic Composite Bow Arrows






Heretic Crusher Hammer

Heretic Battle Axe

The Shadow of Heretic

Samouel Digital blacksmith






 
 
 

2016年9月20日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

不気味な表情。歪みある女性のポートレイトシリーズ... ポーランドのアーティストMagdalena Pacewiczのデジタルワークが興味深いです。元となるのは女性のポートレイトですが、作り出されたイメージは霊的で悪魔的。白目を向いたり、歯がむき出しになったりとかなり不気味。 一瞬見える残像的な映像表現にも思えますね。心理学、精神医学における現象名...
ダークで陰鬱な世界観を見せるフィリピン人アーティストXetobyteのデジタルワーク... Photo Manipulation(フォトマニピュレーション)は海外ではポピュラーな分野の1つで、多くのアーティストが。写真を元にしたデジタルアートと考えもらったいいかもしれません。 こちらはそのフォトマニピュレーションを制作するフィリピンのデジタルアーティストXetobyteの作品です。シ...
ある意味違和感なし!?彫刻作品に現代の衣服をデジタル処理で着せてみたら・・・「Street Ston... フランスのグラフィックデザイナーのAlexis Persan(アレクシス ペルサン)の「Street Stone」という作品をご紹介。 彫刻作品に現代のファッションをデジタル処理で着せる作品です。 作業工程の動画ありますので、そちらも合わせてどうぞ。意外に簡単に作業しているようですが、陰...
壮大なスケールで描かれる未来。夢の中のような現実感のない世界... 矢に打たれた宇宙飛行士、谷底のような図書館、巨大な書籍を解読する学者、スイスの画家であるアルノルト・ベックリンの代表作である「死者の島」をオマージュした風景など、未来を予測して描いたのか、それとも夢の中を描いたのか。 上海のデジタルアーーティストJie Maは見たこともないようなシュールな光景...
SF世界が広がるサイバーパンクなイラスト群。ヨーロッパの田舎風景に現れた戦闘用巨大歩行ロボット... こちらはコンセプトアートやイラストを描くポーランドのアーティストJakub Rozalskiの作品です。一昔前のヨーロッパの風景の中に畑を耕したり、家畜を連れている農民が描かれていますが、背後には戦闘用であろう巨大な2足歩行ロボットや戦闘員も描かれています。 黒い煙を上げ動くロボットたちは移動...
ビフォーアフターが凄い!!ロシアのフォトショマスターが魅せる凄技の数々... ロシアのデジタルアーティストMax AsabinはAdobeのPhotoshop(フォトショップ)を使って画像を合成し、SNS等に公開しています。 投稿された画像は、合成する前のざっくりした画像と、合成後の完成した画像が比較されるように、1枚となっています。完成度が高く、元の画像と比べると、技...
     

SNSで更新情報を配信中!!