芋虫ちっく。ギュッとしたらフィットする不思議な物体「TAILORED」

Bryony Roberts Studio(ブライオニー・ロバーツスタジオ)が制作した「TAILORED(テーラード)」は抱きつくことでフィットするように設計されたユニークなオブジェクトです。

抱きつくと肩、胸、と腰の周りに密接にフィットする仕様となっています。蛇腹のように変化し、フィットするフォルムはどこか芋虫や昆虫を想起させますね。
 
「TAILORED(テーラード)」はマサチューセッツ州のボストンにあるPinkcomma Galleryで2016年9月6日から10月14日の期間で展示されていました。
 
 

BRYONY ROBERTS STUDIO












 
 
 

2016年10月3日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

蘇るアート界の巨匠。ダリとウォーホールを衝撃的なリアルさで制作する特殊メイクアップアーティスト辻一弘... 京都出身の日本人アーティスト辻 一弘(Kazuhiro Tsuji)の作品をご紹介します。 以前ご紹介したエイブラハム・リンカーンのリアルな胸像を制作したアーティストの作品です。どうやったらこんな作品が生まれるのか、制作する風景を一から見てみたい作品です。あまりにリアル過ぎて驚きですね。 ...
流木で人型オブジェを制作するアーティスト岩崎永人の彫刻作品シリーズ「Torso」... 1953年山梨県出身のアーティスト岩崎永人さんは流木を使って人型のオブジェを制作しています。様々なフォルムをした流木を組みわせ、自立した人型になっています。 森や林、廃墟のような場所にあるこれらのオブジェは有機的なフォルムをした流木により、新たに生命を得たようで、とても不思議な存在感があります...
手で彫ったとは思えない。台湾のアーティストChien Chu Leeの制作する細密な鉛筆彫刻... 過去に鉛筆を素材に使った彫刻作品、鉛筆彫刻を制作するアーティストは何人も紹介してきたと思います。アメリカのアーティストCindy Chinnやハンガリーのアーティストcerkahegyzoなど。 今回は台湾のアーティストChien Chu Leeの制作した鉛筆彫刻です。Chien Chu Le...
欲しい!いや欲しくない!蛸をモチーフに作られたテーブルの存在感が凄い!!... アメリカの彫刻家ISAAC KRAUSSの制作した「Octopus Table」というテーブルをご紹介します。このテーブルはブロンズで作られています。 以前ご紹介した「海洋生物の造形を取り込んだグロテスクな陶芸作品「BOTTOM FEEDERS」」という陶芸作品もそうでしたが、海の有機的なモチ...
ステンレスの飛沫。金属で液体を表現した芸術作品が有機的で美しい... 中国人アーティストZheng Luはステンレスを使って液体のオブジェを多く制作しています。あの硬い金属とは到底思えないほど有機的なフォルムをしています。 細部を見る独特の形態感の線で成り立っています。文字や何かしらの模様にも見えます。立体物の先にまで行き渡った緊張感が見ているこちらにも伝わって...
静寂と祈りが響き合うMarc Perezの彫刻作品... パリ在住でチュニジア共和国出身の彫刻家Marc Perez(マーク・ペリッツ)(1955年-)の作品が素晴らしいです。 派手さのない地味な作品ではありますが、画像からでも伝わって来る鉄の温かみや形態感が作者の人間性を物語っているかのようです。天を見上げている姿は祈りを捧げているのように見え、足...
     

SNSで更新情報を配信中!!