遺体安置所で働いたアルコール中毒患者の画家ヨゼ・ティスニカルの不気味で暗い絵画

Joze Tisnikar(ヨゼ・ティスニカル or ヨージェ・ティスニカル)(1928-1998)はスロヴェニアの画家です。生前は、スロヴェニ・グラデツ病院の遺体安置所で病死した患者の遺体を解剖して調べる剖検(ぼうけん)のアシスタントとして勤めていました。

病院に勤務しつつ、絵を描いていましたが、アルコール中毒に陥ってしまします。その体験を元にした多くの絵画も制作しています。どの作品も暗く陰鬱で、モチーフは死体や葬儀、カラス、虫など死を連想させる風景を多く描きました。笑う姿の人々は誰一人描かれておらず、人物たちはなぜかこちらを強い眼差しで見つめています。

独学で、絵画を学び、1958年から1998年まで、100以上の国内外で個展やグループ展に参加し、画家としては1969年に開催された展覧会で認知され、以降海外でも高く評価されています。1998年にスロヴェニのギャラリーで開催された大回顧展のオープニングの後に自動車事故に巻き込まれて死亡しました。70歳でした。

作品集は1980年に出版された「死の画家ティスニカル」があり、古書となりますが、以下のリンクから購入が可能です。
http://amzn.to/2g1bwfH

関連の記事はこちら

【1】不気味でゾッとする。「死」を描いたポーランドの画家ベクシンスキーの独自世界
【2】H・R・ギーガーの特異な世界観。「エイリアン」のクリチャーデザインで知られる画家
【3】自閉症と知的障害を抱えた芸術家・澤田真一の陶芸作品
【4】【アウトサイダーアート】サヴァン症候群の芸術家ジョナサン・ラーマンが木炭で描いた肖像画
【5】ヘンリー・ダーガーが遺した超大作。誰にも知られず60年以上描き続けた物語「非現実の王国で」






©Joze Tisnikar ©Joze Tisnikar






©Joze Tisnikar ©Joze Tisnikar

https://sl.wikipedia.org/wiki/Jo%C5%BEe_Tisnikar






アルコール中毒の歴史 (りぶらりあ選書)
ジャン=シャルル スールニア
法政大学出版局

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【多重人格者】約20の人格が存在する解離性同一性障害者の女性が描く絵... イギリスのKim Noble(キム・ノーブル)(1960年生まれ)は解離性同一性障害(DID)を患っています。俗にいう多重人格障害です。それぞれの人格の独立性がとても強く、過去に類似例がないほど、重度の解離性同一性障害(多重人格)です。小説や映画で扱われることがよくあるので、ご存知の方も多いはず。 ...
豊かなイマジネーションの世界。ポーランドの画家Jacek Yerkaが描くのシュールレアリスム絵画... ポーランド出身の画家Jacek Yerka(ヤチェク・イェルカ)の作品はルネ・マグリットやサルバドール・ダリを彷彿とさせるシュールレアリスム絵画です。 イマジネーション溢れる不思議な風景や生き物と都市、住居などを融合させた絵を描いています。こんな世界があるなら行ってみたいと思えるようなファンタ...
水彩画の「にじみ」や「はね」を使って描かれたスーパーヒーロー達... アーティストのBluleは水彩絵の具を使って様々なスーパーヒーローを描いています。 水彩画の技法である「にじみ」や「はね」を効果的に使いざっくりとではありますが、特徴を巧みに捉えています。「ハルク」「ソー」「ウルヴァリン」「キャプテンアメリカ」などのアメコミヒーローの他にも、「R2-D2」「孫...
まるで宇宙。石を描いているのに石には見えない超リアルな絵画... 1947年に生まれアメリカのメイン州の画家Alan Mageeはアクリル絵の具と油絵の具でかなりリアルな石の絵を描きます。リアルなことにも驚きなのですが、描かれた石の構成が素晴らしい。 明らかに、ただの石ではなく、1つ1つの石が惑星や宇宙の一部分かのような神秘的なものを感じさせます。石の表面に...
描くことへの執着と透徹した精神性が滲み出た写実作品。高島野十郎作の「蝋燭」「からすうり」... 高島野十郎(1890〜1975年)の作品をご紹介します。【「蝋燭」の画家】という愛称が付けられるほど高島の「蝋燭」という作品は有名です。 この火のともった蝋燭はずっと見ていたくなる、高島氏の心が投影されているような、生命の灯火に似た作品です。画壇とも一切関わらず「俗世」で「世捨て」を貫き、修行...
【超写実的】光と影が美しい。鉛筆で描かれた超リアルな絵画作品... 真っ暗な暗闇から人物が浮き出るように出現する絵を描く、イタリア、バロック絵画の巨匠ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョはとても有名ですね。国立西洋美術館でもカラヴァッジョ展が開催され一躍話題となったことは記憶に新しいと思います。 【傑作約10点】イタリアの天才画家カラヴァッジョの作品が...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る