ウクライナのアーティストAlexey Monzhaleyが描く奇怪な恐竜やSF的な怪物たち


ウクライナのアーティストAlexey Monzhaleyが描く、怪物や空想上の恐竜のドローイングが素晴らしいです。人間との比較で実際のスケール感や想定された骨格、雄雌の違いなどまで描き分けています。

エイリアンや、河童、妖精、既存の動物と融合したかのような恐竜も描き、様々な造形的要素を組み合わせて特異なクリチャーを作り出しています。恐竜だけでなく、SF的な要素の強いキャラクターも多く描いており、とても魅力的です。ゲームやSF映画との親和性が良さそうですね。

deviantARTにこれら以外の作品が投稿されていますので、是非、ご覧ください。

http://monopteryx.deviantart.com/

関連の記事も合わせてどうぞ
・【ネコ】地球外生命体に取りつかれクリチャー化したエイリアン猫
・ダニやノミ、サナダムシなどが勢揃い。ビンテージ風に顕微鏡撮影された寄生虫の肖像写真
・異形の怪物達が佇むモノクローム作品。版画家Richard A. Kirkの退廃的幻想世界
・リアリティとファンタジーが見事に融合。「The Art of Mystical Beasts ZBrush、Photoshopほか、デジタル技法で描く幻獣アート」
















この記事に興味のある方はこちらもオススメです

まるでレントゲン写真!?キャラクターの骨格を描いたドローイング「X-ray Serie」... 私はドイツのベルリンに住むフリーランスイラストレーター、コミック・アーティストChris Panda(クリス・パンダ)のドローイング作品をご紹介します。セラームーンやドナルド、アリスにスパイダーマン。様々なキャラクターの骨格がそのキャラクターの中に描かれています。面白いですね。 日本からは、「...
「心は画人ではなく武人」鬼気迫る挿絵。剣豪の末裔、画家・伊藤彦造の仕事... 伊藤一刀斉(いとう いっとうさい)の末裔、画家・伊藤彦造(1904〜2004)の作品をご紹介します。伊藤一刀斉は戦国時代から江戸初期にかけての剣客で、一刀流剣術の祖(自称したことはない)。様々な逸話があり、漫画家井上雄彦による「バガボンド」に登場しています。 伊藤彦造も幼少の頃真剣をもって剣の...
サラリーマン大仏に女子高生大仏。現代のアイコンを仏像化したイラスト「Idols」... 東京とアメリカのミネアポリスを活動拠点とするイラストレーターAndrew Browneは女子高生やサラリーマンなどの日本的アイコンや「スター・ウォーズ」のダースベイダーを仏像化することで特異なイメージを作り出しています。 現代の日本とアメリカのポップカルチャーまたは、メカニックでSF的な要素や...
【イラスト】ボールペンと金箔で描かれた美しい神話的ファンタジー世界... カナダのトロントを拠点とする女性アーティストRebecca Yanovskaya(レベッカ・ヤノフスカヤ)のイラストレーションをご紹介します。こちらのイラストレーションは大部分がボールペンで描かれており、金の部分は金箔が使われています。SFやファンタジーの世界観、クリムト、ウィーン分離派の影響を色濃...
コカインやLSDなど。20種類の薬物を毎日使い続けて描いたデザイナーの自画像... 芸能人や有名人の覚醒剤による逮捕が話題となり、薬物依存の怖さを身近に感じることが多くなりました。 サンフランシスコを拠点に活動するグラフィックデザイナーのBrian Pollettは自身で薬物を使用し、イラストレーションを描くという実験をシリーズ化した作品「Pixel-Pusha's 20 D...
顔で埋め尽くされる画面。統合失調症の画家Edmund Monsiel(エドムンド・モンシエル)の濃密... ポーランドのアーティストEdmund Monsiel(エドムンド・モンシエル)(1897–1962)は統合失調症のアーティストです。統合失調症とは幻聴、幻覚、異常行動などを伴う認知能力、思考、知覚、感情、言語、自己と他者の感覚、これらの他人との歪みによって特徴付けられる症状を持つ精神障害の一つで、(...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る