イギリスの挿絵画家アーサー・ラッカムが描いた「不思議の国のアリス」の世界


これまでにダリの描いた「不思議の国のアリス」やモスクワのフォトグラファーVladimir Clavijoの写真で表現された「不思議の国のアリス」などを紹介してきましたが、イギリスの挿絵画家(アーサー・ラッカム)(1867〜1939年)の「不思議の国のアリス」の挿絵が素晴らしいです。

Arthur Rackham(アーサー・ラッカム)が挿絵を手がけた「不思議の国のアリス」は著作権が切れた年である1907年に出版されています。当時、茶色と灰色を基調とした水彩絵の具とペンで描かれたアリスは、これまでにないイメージを持ち、独自すぎるゆえなのか、酷評されます。それを受けて、Arthur Rackham(アーサー・ラッカム)は続編である「鏡の国のアリス」の挿絵の仕事を受けませんでした。

アリスの挿絵でといえば、ルイス キャロル本人が依頼した画家ジョン・テニエルが描いたものが有名ですが、ジョン・テニエルの作品と比べると、人体や動物の有機的な曲線や、豊かな色彩、抑揚のある美しい線は、ジョン・テニエルに負けない、むしろArthur Rackham(アーサー・ラッカム)の挿絵の方が優れています。

Arthur Rackham(アーサー・ラッカム)は1900年のグリム兄弟による「グリム童話集」で一気に注目され、小説家ワシントン・アーヴィングによる短編小説「リップ・ヴァン・ウィンクル」で人気を不動のものに。他にはアイルランドの風刺作家ジョナサン・スウィフトの「ガリバー旅行記」、ジェームス・マシュー・バリーの戯曲「ピーター・パン」などの挿絵を手がけています。


Arthur Rackham’s illustrations of Alice’s Adventures in Wonderland











参考:不思議の国のアリスの挿絵 wikipediaアーサー・ラッカム wikipediaArthur Rackham: Art for Fairy Tales, Myths and Legends






不思議の国のアリス (挿絵=ラッカム)

挿絵画家アーサー・ラッカムの世界 (ビジュアル選書)

挿絵画家アーサー・ラッカムの世界2 (ビジュアル選書)

 
 
 

2016年12月18日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

精密なディテール。描き下しイラスト200点が収録された制服資料の決定版「日本の制服150年」... 「日本の制服150年」が青幻舎から発売されています。本書はパイロット・キャビンアテンダント・国鉄・JR 乗務員・郵便配達・郵便局員・医師・看護師・介護福祉士神職・巫女・僧侶・海女・漁師・農夫・大工・鳶職人・自動車整備士・食品加工・仲買人・デパートガール・OL・受付嬢・ホテルマン・ベルボーイ・ウエイタ...
今回は「花」がテーマ。人気絵師50人が参加する「絵師×歌詞」の第2弾が11/20に発売。... 書籍やゲームなど幅広く活躍する「絵師」と呼ばれる人気イラストレーターたちが、最新のJ-POP からアニメソング、懐かしの歌謡曲 まで、実際にある「歌詞」を独自のイメージで描き下ろす絵詩集「絵師×歌詞」の第2弾「絵師×歌詞 花編」が11月20日にサイドランチから発売されます。 ...
「雑誌表紙の匠」と呼ばれたイラストレーター・J. C. ライエンデッカーの画集が発売... 20世紀初頭に活躍したイラストレーターのJ. C. ライエンデッカー(Joseph Christian Leyendecker ジョセフ・クリスチャン・ライエンデッカー)(1874-1951)の画集「アート オブ J. C. ライエンデッカー:The Art of J. C. LEYENDECKER...
圧倒的画力。挿絵や絵本を手掛けるロシアの人気イラストレーターVladislav erkoの緻密でファ... こちらは1962年ウクライナ、キエフ生まれの人気イラストレーター、Vladislav erko(ウラジスラフ・エルコ)のイラストレーションです。緻密に描き込まれた密度と緊張感のある画面ですね。繊細に描かれてはいますがとても力強い作品の数々です。 色彩も豊かで幻想的でファンタジックな雰囲気がとて...
【300点以上掲載】欲しすぎる・・・。イラストレーター生賴範義が精密に描いた旧日本海軍の艦艇画。複製... 大型本「生賴範義 軍艦図録」が発売されています。その内容に心踊らせている生賴範義ファンも少なくないのではないでしょうか。 イラストレーターの生賴範義(おおらいのりよし)と言えば、映画「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」(国際版)や「グーニーズ」、「ゴジラ」シリーズののポスターを手掛け、ゲームでは「...
【昭和レトロ】こんな世界が来るはずだった・・・少年少女雑誌に掲載された未来予想図... これらは昭和20〜40年代に「たのしい一年生」〜「たのしい六年生」や「少年サンデー」、「少年キング」「学習図鑑」などの少年少女雑誌に掲載された来るであろう未来を描いたイラストレーションです。 下の作品は昭和36年「少年」に掲載された小松崎茂(1915〜2001)が描いた「エア・カー時代」の...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る