装着したら楽しそう!?耳に耳のイヤリング、指に指の指輪が斬新

ベルリンのアーティストNadja Buttendorfの発想がかなり奇想天外で面白いです。
以下は耳の形、デザインをしたシリコンで作られているイヤリング「Yes, it’s a real EARring!」と、指の形、デザインをした、こちらも素材がシリコンの「Fingerring」です。

シリコンで作られている上に、個々の肌の色調に合わせて様々な色合いを作り出すことができるので、自分の肌の色に合わせることで、リアルさを増幅させることが可能となっています。Nadja Buttendorfはこれらの作品の他に、肌の質感をしたネックレスなども制作されています。

以前、自身の身体を拡張させるオーストラリアのアーティストStelarc(ステラーク)をご紹介しておりますので、ご興味のある方は合わせてどうぞ。以下。

第3の耳と腕・6本の足がある芸術家。身体を拡張し続けるステラークの先端テクノロジーアート






Yes, it’s a real EARring!

様々な皮膚の色に対応しています。






Fingerring
近くで見ると、皮膚の質感や皺など、かなりリアルに作り込まれているのがわかります。

便利なのか不便なのかよく分からない「Fingerring」を紹介した動画です。困惑。

関連の記事はこちら

【1】身体改造が趣味。現役歯科医師でデザイナーの「Fangophilia」が制作するシルバーアクセサリー
【2】どうなってるの??身体に絵画を描いた奇妙なボディペインティング「Museum Anatomy」
【3】皮膚感覚的グロテスク。身体を抜け殻のような脱皮した姿で表現した彫刻作品






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

鉱石で作られた不思議な形のハンドメイド・ペンダント... アメリカのフロリダ州を拠点に活動するアーティストCheryl Lee Myers(シェリル・リー・メイヤー)ののestyショップ「ElementalUrchin」には奇妙なフォルムのアクセサリーが販売されており、その不思議な形態感に魅了されます。 すべてハンドメイドでアメジストやシトリン、スモ...
【骨格】鳥やネズミの頭骨をモチーフにしたシルバーアクセサリー作品... 骨をモチーフにしたアクセサリーは巷に溢れかえっていますが、イギリスのアーティストBethany Robinson(ベサニー・ロビンソン)のシルバーアクセサリー作品は、動物の骨をモチーフにしており、デザインやその造形性がとても興味深いです。 Bethany Robinsonのアクセサリーは動物の...
【卓越した技術】まるで本物。人物をモチーフにしたハイパーリアリズム彫刻を制作するアーティスト... もの凄くリアルな彫刻を制作するアーティストを紹介したいと思います。かなり人間に近い、まるで人間かのような彫刻のことを「ハイパーリアリズム彫刻」といい、世界各国でこのような作品を制作するアーティストがいます。シリコン、レジン樹脂、ファイバーグラスなどを駆使して人肌に近い表情を作り出しています。 ...
段ボールを使って作られた仏像。彫刻家・本堀雄二が制作した仏像彫刻... 段ボール仏像作家・本堀雄二の段ボールから作られた仏像彫刻をご紹介します。本堀雄二さんは使い古しの段ボールで多くの仏像彫刻を制作しています。 神戸市出身で阪神大震災以降、新しい材料を使うことに抵抗を感じる様になったそうです。 ゴミ同然の使い古しの段ボールを仏像に変えてしまう一連の行程は命を...
流木で人型オブジェを制作するアーティスト岩崎永人の彫刻作品シリーズ「Torso」... 1953年山梨県出身のアーティスト岩崎永人さんは流木を使って人型のオブジェを制作しています。様々なフォルムをした流木を組みわせ、自立した人型になっています。 森や林、廃墟のような場所にあるこれらのオブジェは有機的なフォルムをした流木により、新たに生命を得たようで、とても不思議な存在感があります...
何かが生まれる瞬間!?それとも変身か・・・体内からパワーが噴出するような人間を表現した彫刻作品... こちらはPaige Bradleyの「Expansion」というタイトルのブロンズ彫刻作品です。 「Expansion」は拡大や拡張、発展といった意味があり、まさに1人の人間が内面から変化するような様が表現されています。とてもシンプルで分かりやすいですね。 彫刻作品自体に亀裂のようなもの...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る