アルチンボルドの代表作・四季シリーズが日本初展示。国立西洋美術館で6月から開催!!

上野公園内にある国立西洋美術館で2017年6月20日(火)〜9月24日(日)の期間に「アルチンボルド展」が開催されます。

ジュゼッペ・アルチンボルド(1527-1593年)は、果物や野菜、植物、魚介類などが密集した奇妙な肖像画を描く画家として知られていますね。ご存知の方も多いと思います。イタリア・ミラノ出身の画家で、ルネサンス後期の美術であるマニエリスムの画家としても知られています。

本展では代表作と言える連作四季「春」「夏」「秋」「冬」すべてがウィーン美術史美術館、王立サン・フェルナンド美術アカデミー美術館、デンバー美術館から日本にやってきます。






「春」は彩り豊かな花たちに覆われ、春に咲く花によって構成されいて、モデルは少女。
「夏」は青年がモデルで、トウモロコシ、きゅうりなどに加えて果物である、白桃、野いちごなど、野菜と果物によって埋め尽くされています。
「秋」はキノコやブドウ、紅葉した草木が「春」「夏」同様に細密に描かれています。
「冬」は枯れたような大きな樹がベースとなっており、根っこや枝が体のパーツに見立てられています。「春」「夏」「秋」と比べ、モデルとなって人物は年老いているようです。

今回は展示されませんが、アルチンボルドはこの連作四季意外にも、四大元素シリーズである「大気」「火」「大地」「水」やローマ神話のウェルトゥムヌスをモデルにした「ウェルトゥムヌスに扮したルドルフ二世」、上下を逆さまにしても絵が成立する「料理人」や「庭師」などがあります。観覧前に、アルチンボルドの類似作品を事前にチェックしておくといいかもしれませんね!

本展示の大目玉である、この四季シリーズが展示されるのは日本初。連作四季を始めとする約10点が展示される予定となっています。絶対に見逃せない展覧会です。







場所:国立西洋美術館
日程:2016年2月19日(金)~2月29日(月)
電話番号:03-5777-8600
営業時間:午前9時30分〜午後5時30分(金・土曜日は午後8時まで)
休館:月曜日、7月18日(火) *ただし、7月17日(月)、8月14日(月)、9月18日(月)は開館
住所:〒110-0007 東京都台東区上野公園7−7
WEBサイト:http://arcimboldo2017.jp/

アルチンボルド (ニューベーシック) (タッシェン・ニューベーシック・アート・シリーズ)

アルチンボルド―エキセントリックの肖像

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

世界初。画家ミュシャの晩年の巨大な傑作「スラヴ叙事詩」20点が公開... 六本木の国立新美術館で、2017年3月8日(水)から6月5日(月)までの期間にチェコの芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)の展覧会「ミュシャ展」が開催されます。 この展覧会ではミュシャが晩年の17年間をかけて描いた縦約6m、横約8mの20点の油彩画からなる「スラヴ叙事詩」が公開さ...
「縄文」をモチーフにした松山賢の個展 「縄文怪人土偶怪獣」が新宿髙島屋で開催... アーティスト松山賢の個展「縄文怪人土偶怪獣」が、6月7日(水)〜19日(月)の期間に新宿髙島屋10階美術画廊で開催されます。 「縄文怪人土偶怪獣」と題した本展では、松山賢が日本人の根源的美術表現としての「縄文」をテーマに制作した油彩・アクリルの平面作品に加え、野焼きによる立体作品まで近・新作が...
身も凍る怪奇の世界。「真冬の幽霊画展」が12/19まで銀座で開催中... 現代日本画家、池永康晟、岡本東子、中原亜梨沙、鈴木博雄、内田すずめの展覧会「真冬の幽霊画展」が銀座にあるぎゃらりい秋華洞で12/19まで開催されています。 身も凍る怪奇の世界を掛け軸や浮世絵など古今の作品群とともに紹介されます。 池永康晟は当サイトでも紹介させていただいた画家ですね。どん...
銭湯の富士山を絵画として堪能。銭湯絵師・丸山清人の個展が1/8より開催... 昔ながらの銭湯には大きな富士山の絵が描かれており、まるで露天風呂にいるような気分にさせてくれますね。まさに銭湯の名物の1つと言えます。 中野ブロードウェイ4FのアートギャラリーGALLERY リトルハイでは丸山清人個展「THE銭湯富士~伝説の背景画絵師~」が2016/1/8から1/18の期間で...
【傑作約10点】イタリアの天才画家カラヴァッジョの作品が上野に。立西洋美術館で「カラヴァッジョ展」が... 日伊国交樹立150周年記念にて国立西洋美術館では2016年3月1日(火)~2016年6月12日(日)の期間にイタリアが誇る天才画家ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ(1571〜1610)の「カラヴァッジョ展」が開催されます。 38歳で没したカラヴァッジョ。現存する真筆は60点強と言わ...
幽霊画が大集合。4年の歳月を経て「うらめしや~、冥途のみやげ」展が7/22より開催!!... 「うらめしや~、冥途のみやげ ―全生庵・三遊亭圓朝 幽霊画コレクションを中心に―」展が東京藝術大学大学美術館、地下2階展示室で開催されます。 幽霊画はとても人気で定期的に展覧会は開かれていますね。今回は東京、谷中にある全生庵に所蔵されている明治の噺家三遊亭圓朝ゆかりの幽霊画50幅が展示されます...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る