小さくても気品溢れる姿。ビーズで作られたドラゴンのアクセサリー「Brooch dragon」

ロシアのアーティストAlyona Lytvinのビーズを使って造られたブローチのドラゴンがとても可愛いです!!

シードビーズ、アンティークビーズサテンや淡水パール、スパンコール、ラインストーンなどビーズだけでなく、様々な装飾物が使用され作られています。爬虫類特有の目の表現がとても素晴らしく、一見、ドラゴンのような架空の生物、ざらついた表皮を表現するのにビーズは向かない素材なのではないかと思ったのですが、全然そんなことはなく、隙間なく敷き詰めることで鱗を巧みに表現しています。

Shop master Alena Litvin






翼は刺繍糸が使われ、その翼を含め、耳、尾、爪はステンレス鋼線で補強されています。お腹の部分にはピンが付いており、ブローチとしの機能も果たしています。それぞれにちゃんと名前も付いており、ネーミングセンスもGood!!これらの作品はLivemasterの「Shop master Alena Litvin」というサイトで販売され、全世界に発送可能のようです。こちらで紹介した作品はサンプルとして掲載されています。

Brooch dragon “Zlata”

すべての画像を見る

   






幻獣と動物を描く:精確な動物デッサンから生まれる空想上のキャラクター

 
 
 

2017年1月21日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

スパンコールやガラスビーズで彩られた動物たち。優雅で美しいアクセサリー作品... ロシア人アーティストJulia Gorinaはシルク、ヴィンテージファブリック、シードビーズ、スパンコールなど様々なガラスビーズ、その他のキラキラとした素敵な高品質の素材を美しいアクセサリー作品を制作しています。 そのアクセサリーは狐や狼、ハチドリ、白鳥、フクロウなどの動物をモチーフにしており...
イタリアの天才。甲冑師Filippo Negroliの超絶技巧... Filippo Negroli(フィリッポ・ネグロリ)(1510–1579)はイタリア、ミラノの甲冑師です。彼の父ジャン・ジャコモ・ネグロリ率いるネグロリ一家、弟ジョバンバッティスタとフランチェスコによる集団で、フィリッポはハンマーで金属加工しデザインする彫金の技術に長けていました。 当時から...
すべて1点もの。宇宙が広がるガラス・アクセサリー作品「宇宙ガラス」が驚愕の美しさ。... ガラス作家の戸水賢志さんが制作するペンダントトップ「宇宙ガラス」が驚愕の美しさです。戸水賢志さんの作る「宇宙ガラス」はすべてハンドメイドの1点もの。素材は耐熱ガラスを基本に、24金や純金などが使われています。軽くて丈夫、傷もつきにくく、メンテナンスの必要もないそうですよ。 「+α」で販売されて...
満月や銀河をモチーフにしたロマンティックで神秘的な指輪... こちらはアメリカのアーティストのKeri Newtonが手作りした指輪作品です。満月や銀河、惑星などがモチーフとなっており、それらを手で包み込むようなデザインとなっています。 購入が可能でクリスタルボール部分はアメシスト、水晶、オパライト、レインボーオーラなどを選ぶことができて、リングの金属部...
角煮にしか見えない!!故宮博物院で人気を博す「肉形石(にくがたいし)」が美味しそう・・・... 「肉形石(にくがたいし)」(高5.73cm×6.6cm×厚さ5.3cm)をご存知でしょうか。以前にご紹介した白菜の形をした着色がされていないヒスイ輝石(宝石として珍重されている翡翠のうちの「硬玉」)が使われている「翠玉白菜」と肩を並べるほど人気のある作品なのです。「翠玉白菜」は2014年6〜9月に東...
【最新作】芸術家Ronit barangaのフェティッシュで官能的な陶芸作品... 以前ご紹介したイスラエルの芸術家Ronit barangaの陶芸作品に新作が追加されました。やはり面白いですね。手にリアルな表現が加えられていますね。 相変わらず食器から覗く口や唇、歯などはかなり不気味ですね。しかし、どこか陽気な雰囲気も感じなくもないです。食器の他にモチーフが増えたことや手が...
     

SNSで更新情報を配信中!!