新たな形に・・・傷んだ蝶の翅を修復して作られた標本シリーズ「Broken butterflies」


アーティストさんのAnne Ten Donkelaar(アン・テン・ドンケラール)さんは蝶の傷んだ翅を収集しており、その傷んだ翅を新たに修復し、組み合わせることで、作品として蝶に新たな命を与えています。

このシリーズは「Broken butterflies」と名付けられており、様々な種類の蝶の翅を、紡ぎ合わせられたり、紙にインクで模様が描かれ、付け足されたり、蝶の翅ではなく、羽毛で覆うことで修復されたりしています。

この作品群は詩人のGioconda Belli(ジョコンダ・ベッリ)さんによる「The Butterfly Workshop」という著書から多くのインスピレーションを得ています。

Broken butterflies






Queen of wings

Queen of wings 細部

Map Butterfly

Map Butterfly 細部

The one with the feathers






African Queen

African Queen 細部

24 pieces butterfly

24 pieces butterfly 細部

Blue spinner

Blue spinner 細部

Balloon butterfly






 
 
 

2017年1月23日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

幻想的世界。魚や生物を特殊な薬品によって透明化した冨田伊織のサイエンスアート... 冨田伊織の透明標本をご紹介します。冨田のこれらの作品は特殊な薬品を魚や様々な生き物に付けることで筋肉を透明化し、軟骨を青く、硬骨を赤く染色することができています。 元々、小型の動物など骨格要素を観察するために観察された技法です。淡く色付いた細い骨はまるで鉱物のような美しさを放っています。200...
幻獣ハンターの蒐集物。妖精や異世界生物の標本がロンドンの地下室で発見される... 1960年から長きにわたって放置されたロンドンの孤児院の地下室には幾つもの木箱があり、様々な驚くべき数々の標本が見つかりました。見つかったのは標本には妖精であろう羽の生えた小人や角のある胎児、背中に鰭のある人型、龍など世にも奇妙な生き物ばかり。 標本だけでなく、その生き物たちについて綴った記録...
珊瑚を素材にして作られた骨格標本 フィリピン生まれ、ニュージャージー州を拠点に活動するアーティストGregory Halili(グレゴリー・ハリリ)は骸骨をモチーフにした作品を多く手がけています。 中でも多くのサンゴ礁を素材として作られた最新作品が素晴らしく、まるで本物の骨のように成形され、並べられた様は骨格標本さながらのリア...
溢れる生命感。海洋生物の標本アートを制作する芸術家Steffen Damの作品... デンマークの芸術家Steffen Damは、子どもの頃に祖父母の昆虫や科学的な書籍のコレクションに触れることがとても大好きだったようで、現在制作される多くの作品もその影響下にあるようです。 クラゲや海洋生物の標本をアートとして制作しており、そのガラスで制作された標本の中には気泡も一緒に閉じ込め...
昆虫とフィギュアを融合させた標本「Pests」... Amy Swartzは昆虫とフィギュアを融合させた標本「Pests」を制作しました。タイトルの「Pests」というのは「害虫」という意味です。 なんとも不気味というかユーモラスと言うか・・・面白いことを考えたものですね。接合するのが難しそうではありますが・・・2011年以来、進行中のシリーズだ...
バッグス・バニーの筋肉骨格標本 以前に何度か紹介しているHyungkoo Leeの新作がオフィシャルサイトに掲載されそのクオリティと存在感の強さに驚きです。 以前もディズニーのミッキーやグーフィー、ドナルドなどの骨格標本を制作しており、今回の新作は、その作品の発展系、もしくはバリエーションとも考えられそうな立体作品です。 ...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る