ウルトラファン垂涎。怪獣にメカニック、ウルトラヒーローのデザイン画などが掲載された「ウルトラ怪獣アートワークス1971−1980」

河出書房新社から「ウルトラ怪獣アートワークス1971−1980」が発売されています。「帰ってきたウルトラマン」、「ウルトラマンエース」、「ウルトラマンタロウ」、「ウルトラマンレオ」、「ウルトラマン80」のために描かれた怪獣、メカや基地、ウルトラヒーローなどのデザイン画やラフ、イメージイラストなど、円谷プロに現存する全てのアートワークが収録されいる、ウルトラファン垂涎と言える書籍となっています。

また、ボーナストラックとして、「ウルトラマングレート」、「ウルトラマンパワード」の全アートワークも収録し、これまでトリミングやクリンナップなどで消されていた、デザイン画に記載されていたメモ書きや指示などもそのままの状態で収録。
未発表だった資料も発掘掲載し、ウルトラシリーズの裏側まで覗ける、「ウルトラマンシリーズ放送開始50周年」アニバーサリーにふさわしいウルトラファン垂涎のアーカイヴ本となっています。

ファンの方はもちろん、アーティスト、イラストレーター、クリエイターなど創作、制作に関わる方なら、クリエイションがとても参考になるのではないでしょうか。「ウルトラ怪獣アートワークス1971−1980」は大型本で、価格は2,700円、128ページとなっています。気になった方は是非!!






「ウルトラ怪獣アートワークス1971−1980」表紙

「ウルトラ怪獣アートワークス1971−1980」表紙

「ウルトラ怪獣アートワークス1971−1980」






「ウルトラ怪獣アートワークス1971−1980」

「ウルトラ怪獣アートワークス1971−1980」

Amazonのカスタマーレビュー

今まで私が見てきた怪獣の本というと、本編からのスクリーンショットなどによるいわゆる「大百科」「怪獣図鑑」ものがほとんどだったので
こういうデザイナー、クリエイターサイドからの本がとても新鮮に映りました。
実際に怪獣を作るうえで原画ってとても大事だと思うのですが、古い物ほど表に出て来ないだろうし、
これだけ残っていただけでも歴史的価値のある資料だと思います。

これだけの量のデザイン画を網羅したという点でとても評価できると思います。
ただ怪獣、メカ設定等の各デザイナーに関しては記載がありません。この怪獣デザインいいなメカデザイン誰かなと興味を持てば持つほどストレスがたまります。一点ずつ自分の力で原画のサインや絵のタッチから判別するしかなさそうです。
また大量の写真を一冊にまとめた為どうしても詰め込みすぎになるのは仕方ないですが、デザイン画を留めた画鋲やテープあたりはトリミングして、少しでも、1センチでもいいから大きく載せて欲しかった。もうちょっと編集で粘ってもらえたらもっと見やすくて更に良い本になったと思えてもったいないなと思いました。

ウルトラ怪獣アートワークス1971−1980






 
 
 

2017年1月28日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

世界観と画力が圧倒的。「ドラゴンクエストX」、「ファイナルファンタジーXI」などを手掛けたコンセプト... 本記事最後にプレゼント募集あり 「INEI」のアートワークを収めた「INEI」初の作品集「The Art of INEI コンセプトアート」がとても素晴らしいのでご紹介したいと思います。 「INEI」(会社としては株式会社INEI(陰翳・インエイ))は世田谷にあるコンセプトアートのス...
ついに復刊!!約900点のスケッチが収録された「湯浅政明大全 Sketchbook for Anim... 2016/12/17に復刊ドットコムからアニメーション監督・湯浅政明の「湯浅政明大全 Sketchbook for Animation Projects」が発売されます。 「四畳半神話大系」や「クレヨンしんちゃん」シリーズ、「マインド・ゲーム」などで知られ国内外から高い評価を得ているアニメーシ...
【スター・ウォーズ】巨匠ジョージ・ルーカスが選んだ最高のコンセプトアート作品をフルカラーで掲載する作... スター・ウォーズシリーズ最新作、エピソード7「フォースの覚醒」が2015年12月18日に公開されますね。公開までに様々な話題で溢れており、スター・ウォーズファンにとっては待ちきれない作品ですね。 そんな中、株式会社ボーンデジタルから「Star Wars Art スター・ウォーズ アートシリーズ...
増補新装版であらたに甦る!平成耽美主義・山本タカトの集大成的画集「ネクロファンタスマゴリア」が刊行... 山本タカトの画集「ネクロファンタスマゴリア ヴァニタス」(増補新装版/普及版サイン本)が河出書房新社から7/27に4,104円で販売されます。この「ネクロファンタスマゴリア ヴァニタス」は大型化した山本作品の新しい魅力を伝えるのに最適なA4サイズの新フォーマットを採用し好評を博し、久しく品切れになっ...
「雑誌表紙の匠」と呼ばれたイラストレーター・J. C. ライエンデッカーの画集が発売... 20世紀初頭に活躍したイラストレーターのJ. C. ライエンデッカー(Joseph Christian Leyendecker ジョセフ・クリスチャン・ライエンデッカー)(1874-1951)の画集「アート オブ J. C. ライエンデッカー:The Art of J. C. LEYENDECKER...
待望。日本を愛した明治初期の画家ロバート・フレデリック・ブルームの初画集「JAPAN」... アメリカ画家・Robert Frederick Blum(ロバート・フレデリック・ブルーム)の画集「JAPAN」が芸術新聞社より販売されています。 Robert Frederick Blumが日本に興味を持ったのは1876年に開催された万博で見た日本の展示がきっかけとなっています。その後、日本...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る