ビフォーアフターが凄い!!ロシアのフォトショマスターが魅せる凄技の数々

ロシアのデジタルアーティストMax AsabinはAdobeのPhotoshop(フォトショップ)を使って画像を合成し、SNS等に公開しています。

投稿された画像は、合成する前のざっくりした画像と、合成後の完成した画像が比較されるように、1枚となっています。完成度が高く、元の画像と比べると、技術の高さに驚かされます。比較してみるとビックリですね。

2007年頃から、独学でPhotoshopを学んだそうです。
Max AsabinがPhotoshopで作業している光景を撮影した動画もありますので、是非ごらんください。











作業している光景を撮影した動画

 
 
 

2017年2月2日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

ダークで陰鬱な世界観を見せるフィリピン人アーティストXetobyteのデジタルワーク... Photo Manipulation(フォトマニピュレーション)は海外ではポピュラーな分野の1つで、多くのアーティストが。写真を元にしたデジタルアートと考えもらったいいかもしれません。 こちらはそのフォトマニピュレーションを制作するフィリピンのデジタルアーティストXetobyteの作品です。シ...
壮大なスケールで描かれる未来。夢の中のような現実感のない世界... 矢に打たれた宇宙飛行士、谷底のような図書館、巨大な書籍を解読する学者、スイスの画家であるアルノルト・ベックリンの代表作である「死者の島」をオマージュした風景など、未来を予測して描いたのか、それとも夢の中を描いたのか。 上海のデジタルアーーティストJie Maは見たこともないようなシュールな光景...
SF世界が広がるサイバーパンクなイラスト群。ヨーロッパの田舎風景に現れた戦闘用巨大歩行ロボット... こちらはコンセプトアートやイラストを描くポーランドのアーティストJakub Rozalskiの作品です。一昔前のヨーロッパの風景の中に畑を耕したり、家畜を連れている農民が描かれていますが、背後には戦闘用であろう巨大な2足歩行ロボットや戦闘員も描かれています。 黒い煙を上げ動くロボットたちは移動...
怪しき世界。Roby Dwi Antonoの描く薄暗くシュールな絵画世界... インドネシアのジョグジャカルタを拠点とするグラフィックデザイナー、アーティストシュルレアリスム画家のRoby Dwi Antonoの作品をご紹介します。 古典的なルネサンス絵画を基本として、Mark Ryden(マーク・ライデン)とMarion Peck(マリオン・ペック)の影響を強く受けた絵...
【必見】2019年に絶対見逃せない要注目の展覧会[随時更新]... 絶対見逃せない!!オススメの展覧会を厳選して紹介します。人気画家の最新の個展、海外の美術館から来日する名作の数々を展示する展覧会など、どう考えても見逃せない展覧会をピックアップしています。 東京の展覧会や、また美術館や博物館が密集している上野の美術館、六本木近辺の美術館・ギャラリー情報またはイ...
世界観と画力が圧倒的。「ドラゴンクエストX」、「ファイナルファンタジーXI」などを手掛けたコンセプト... 本記事最後にプレゼント募集あり 「INEI」のアートワークを収めた「INEI」初の作品集「The Art of INEI コンセプトアート」がとても素晴らしいのでご紹介したいと思います。 「INEI」(会社としては株式会社INEI(陰翳・インエイ))は世田谷にあるコンセプトアートのス...
     

SNSで更新情報を配信中!!