【閲覧注意】チベットの伝統的な葬儀「鳥葬」


鳥葬とは、チベットで現在も行なわれている伝統的葬儀の1つで、数百年後に始まったと考えられ、現在も続けられています。

チベット高地に住むチベット人々にとって、最も一般的な葬儀の方法がこの鳥葬で、チベットでは、お墓のために土を掘るには土地が硬く、岩であることや、火葬するには燃料や木材が乏しいため、鳥葬は火葬よりも実用的だとされています。

鳥葬師が鳥葬台と呼ばれる、儀式が行われるための場所で亡骸を断片し、血の臭いを漂わせ、「聖なるワシ」と呼ばれるハゲワシが亡骸を啄ばみます。宗教的にはハゲワシに食べられることによって、魂の抜け出た遺体を「天へと送り届ける」という意味合いがあります。

鳥葬を行っている写真がGetty Imagesに掲載されており、一部始終が記録されています。






鳥葬の儀式のために建てられた「祈りの旗」と、集まるハゲタカ

鳥葬の前にChalang寺でナイフを研ぐ鳥葬師。鳥葬によって得られる報酬は約100元(約13.5米ドル)。






鳥葬の最中にハゲタカが食べやすいように体の骨を砕く鳥葬師






鳥葬の国―秘境ヒマラヤ探検記 (講談社学術文庫)

 
 
 

2017年2月2日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

着眼点が秀逸。シャボン玉の中に広がる世界を捉えたフォトグラファーの作品「World in a Bub... こちらはフォトグラファーTom Stormの「World in a Bubble」というプロジェクトの一連の写真作品です。アメリカ、ヨーロッパ、アジアの各国のランドマークを背景に多くのシャボン玉を撮影しています。 写し出されたシャボン玉はまるでシャボン玉の中にその風景が広がっているようでとても...
夢の中のよう。浮遊感溢れるガーリーでドリーミーな写真シリーズ「distorted gravity」... 女性が浮遊する写真と言えば、「本日の浮遊 Today's Levitation」の林ナツミが日本ではとても有名ですが、海外にも多くの浮遊する女性を撮影しているフォトグラファーがいます。 こちらはポルトガルを拠点に活動するフォトグラファーAnka Zhuravlevaの写真シリーズ「distor...
ギャグみたいなアート。まぶたにリアルな目を描かれたモデルたちの写真シリーズ「How We See」... 漫画やアニメ、ドラマなどでまぶたに目を描いて起きているふりする古典的なボケがありますが、それをモデルにやった写真シリーズがLaurie Simmons(ローリー・シモンズ)の作品「How We See」です。 ニューヨークを拠点に活動するこの方の作品は以前もご紹介していますが、(コスプレ・アニ...
愛しき者の死に向き合った写真。荒木経惟が22年間捉え続けた愛猫チロの姿... 写真家・荒木経惟さんが飼っていた猫・チロは2010年3月2日に、人間なら100歳を超えるかという22歳で亡くなっています。 荒木経惟さんはチロが亡くなるまでに多くのチロの写真を残しています。元々、猫嫌いだったそうですが撮影にするうちにチロに魅力されていきます。日を追うごとに深まってゆく愛に満ち...
ロシアの現役バレエダンサーが捉えた練習風景や舞台裏... フランスの印象派画家のエドガー・ドガのバレエの楽屋や練習風景を描いた作品はとても有名ですね。当時、一般人では出入りできない場所から描いたバレエダンサーの姿や表情をいきいきとまた、優雅に描いています。バレエをする少女の顔立ちや人体のプロポーションがとても美しく表現しています。 現役のロシアのバレ...
40年以上前に撮影された写真。子どもの夢にインスパイアされた作品がリアルにゾクゾクする・・・... こちらはアメリカのブルックリン生まれの写真家Arthur Tress(アーサー・トレス)(1940-)の「The Dream Collector」という写真シリーズです。 子どもたちの夢に触発されており、モノクロームであることやシンプルな演出がとてもリアリティを感じさせます。不安や焦燥感を掻き...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る