静謐な美の世界を描く。38歳で夭折した有元利夫の絵画世界


こちらは、日本人画家・有元利夫の作品です。有元利夫は1978年に具象絵画の登竜門とされていた安井賞で特別賞、翌年には同賞の大賞を受賞するなど、デビュー早々にその才能の高さを世に知らしめました。

1985年に急逝し、わずか10年ほどの短い活動期間ではあったものの、その独特な作風にはファンが多く、今でも展覧会が行われる人気作家です。作品は絵画だけにとどまらず、彫刻や版画などの作品、また好んで聴いていたバロック音楽に感化され、わずかながらではありますが、作曲もした痕跡が残っています。

有元利夫は「古典」や「様式」のもつ力に魅了されており、自身の作品でも、オマージュを捧げた、イタリア初期ルネサンス期の画家、ピエロ・デッラ・フランチェスカに大きな影響を受けていました。また、日本の古い仏教絵画にも傾倒していたため、彼の作品には日本美術特有の柔らかで清らかな静寂が満ちています。それは、一見フレスコ画のようでありながらも、古い仏教画のような、東西の垣根を超えた世界を創り上げています。

微かな笑みをたたえた女性の住む世界にはきっと、「時」というものが存在していないのでしょう。彼女たちの歩く道、手に触れるもの、窓の外に広がる風景・・・彼の織りなす物語の世界は、これからも静かに、ただそこに存在し続けるのでしょう。





有元利夫「花降る日」

有元利夫「春」

有元利夫「室内楽」

有元利夫「ささやかな時間」






有元利夫「厳格なカノン」

有元利夫「幕間の再開」

有元利夫「会話」

有元利夫「春の散歩」





有元利夫 絵を描く楽しさ (とんぼの本)
有元 利夫, 有元 容子, 山崎 省三
新潮社

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

鳩の侍姿が可笑しい。鈴木博雄の日本画作品「長篠鳩合戦豆鉄砲三段撃ち」... こちらは日本画家の鈴木博雄さんの作品「長篠鳩合戦豆鉄砲三段撃ち」(F6,410㎜×318㎜,2015年)です。ご覧の通り、慣用句の「鳩が豆鉄砲を食らう」と「長篠の戦い」での織田軍の三段撃ちをかけたユニークな作品になっています。 構えている銃は火縄銃ではなくもちろん豆鉄砲ですね。この作品はt...
これが日本画!?日本画家・村上裕二が描いたウルトラマン... 日本画家・村上裕二さんの日本画作品をご紹介します。村上さんは日本画の描画材料である岩絵の具であの誰もが知るウルトラマンを描いています。日本画的なテクスチャや表情とウルトラマンがうまくマッチングしています。日本美術院同人に推挙、日本美術院賞、大観賞を2回受賞など若くからその才能が画壇で認められ...
竹内栖鳳が極めた美。近代日本画を代表する京都の画家...   竹内栖鳳(たけうちせいほう)(1864〜1942)、本名恒吉(つねきち)は1864年(元治元年)に京都の二条城の近くの「亀政」という料理屋の家に、長男として生まれ、10歳上の姉・琴がいました。13歳になると土田英林(つちだえいりん)に絵を学び、17歳で幸野楳嶺(こうのばいれい)の私塾...
身も凍る怪奇の世界。「真冬の幽霊画展」が12/19まで銀座で開催中... 現代日本画家、池永康晟、岡本東子、中原亜梨沙、鈴木博雄、内田すずめの展覧会「真冬の幽霊画展」が銀座にあるぎゃらりい秋華洞で12/19まで開催されています。身も凍る怪奇の世界を掛け軸や浮世絵など古今の作品群とともに紹介されます。池永康晟は当サイトでも紹介させていただいた画家ですね。どん...
コロコロ、フモフモ!!江戸時代の絵師が描いたワンコたち(9選)... 江戸時代の日本画家・浮世絵師が犬をモチーフに描いた作品を集めてみました。コロコロ、フモフモしていて本当に可愛い犬たちです。ネット上では犬より猫のほうが人気な傾向があるようですが、犬もなかなか可愛いですよ!上の作品は山口素絢の「朝顔狗子図」(1792)という作品です。ではさっそくご覧下さい。 ...
元首相・細川護煕の芸術的才能 第79代内閣総理大臣・細川護煕(ほそかわもりひろ)さんは60才で政界を引退してから、その後、陶芸や絵画など芸術の道を選んでいます。東京都知事選挙にも出馬しました。また、東北芸術工科大学学と京都造形芸術大学の初代学園長の経歴もあり、旧熊本藩主細川家の第18代当主としても知られています。東京都出...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る