うげっ、なんじゃこりゃ!海洋生物の造形を取り込んだグロテスクな陶芸作品「Bottom Feeders」


アメリカのアーティストMary O’Malleyの「Bottom Feeders」という陶芸作品をご紹介します。

コーヒーカップに蛸やヒトデ、貝、フジツボなどが造形されていて、まるで海の底からそのまま出てきたようです。しっかり作り込まれた器にグロテスクでリアルな造形を施すことによってよりそのインパクトが強くなっていますね。

実用品ではなく、観賞用のオブジェとして作られたものだと思います。実際使ったらさぞかし使いにくいでしょうし、きっと洗うのが大変ですね。驚きの陶芸作品です。

以前ご紹介しました陶芸作品も合わせてどうぞ。【1】【2】






すべての画像を見る


  






 
 
 

2012年12月20日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

内臓、脳味噌、頭蓋骨丸見え。グロテスク過ぎる可愛いお人形... こちらはイギリスのアーティストJessica Harrison(1982-)の陶芸作品シリーズ「Porcelain」です。昔ながらの工芸的な置物のお人形かと思いきや、とんでもないことになっています。以前もこのアーティストの作品はご紹介したのですが、こういったグロテスクな表現を得意としています...
自閉症と知的障害を抱えた芸術家・澤田真一の陶芸作品... 昭和57年(1982年)生まれ。草津市在住の澤田真一さんの陶芸作品をご紹介します。澤田真一さんは国際美術展、第55回ベネチア・ビエンナーレ」に出展するなど近年とても注目されているアーティストです。スイスの美術館「アール・ブリュット・コレクション」に12点が収蔵され、2010~11年にかけてパリで開催...
ただならぬ存在感。霊的な気配が漂う動物たちの陶芸作品... アーティストErika Sanadaは犬や鳥、小動物を陶芸で制作しています。制作されたのはただの動物たちではなく、瞳は白く、現実に存在しない、この世の生き物ではないような不気味な存在感を放っています。これらの作品の根底にあるものは、幼い時にいじめにあったことや不安定な精神が作用しているそうで...
これが陶芸作品!?粘土から作られたとは思えない恐竜オブジェ... Brett Kernの陶芸作品をご紹介します。まるで風船人形のようなフォルムをしていますが、こちらは粘土からできた陶芸作品です。どこからどう見ても、ビニール製の人形にしか見えませんね。このBrett Kernの作品には恐竜映画「ロストワールド」やテレビ、おもちゃやゲームなどの文化的背景がある...
【最新作】芸術家Ronit barangaのフェティッシュで官能的な陶芸作品... 以前ご紹介したイスラエルの芸術家Ronit barangaの陶芸作品に新作が追加されました。やはり面白いですね。手にリアルな表現が加えられていますね。相変わらず食器から覗く口や唇、歯などはかなり不気味ですね。しかし、どこか陽気な雰囲気も感じなくもないです。食器の他にモチーフが増えたことや手が...
「焼き物」という概念を軽く越えてくる斬新過ぎる桝本佳子の陶芸作品... こちらは、日本人陶芸家、桝本佳子さんの作品です。今回は、陶芸家・・・という枠から気持ちよく突き抜けている桝本さんの作品群をご紹介しますね。兵庫県に生まれた桝本さんは、京都市立芸術大学大学院在学中から、日本や韓国でグループ展を開催するなど、早くからその才能は高い評価を得ていました。 卒業後は...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る