【見逃せない!!】ベルギー美術500年の旅。ボス、マグリット、ヤン・ファーブルなどの展覧会「ベルギー 奇想の系譜」

2017年7月15日(土)~9月24日(日)の期間に渋谷にあるBunkamura ザ・ミュージアムで「ベルギー 奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで」が開催されます。

現代から、16世紀のフランドル絵画、19世紀の象徴派などベルギーの500年にわたる美術、芸術を紹介する展覧会となっており、ヒエロニムス・ボス、ピーテル・ブリューゲル、ジェームズ・アンソールなどの巨匠画家に加え、トマス・ルルイ、ヤン・ファーブルなどの現代アート作品が展示されます。

修道士マルクスの異世界幻視譚であるトゥヌクダルスの幻視をモチーフにしたヒエロニムス・ボスの「トゥヌグダルスの幻視」やブリューゲルの「七つの大罪」シリーズである「大食」は必見の作品と言えますね。あと、「ファーブル昆虫記」で知られるアンリ・ファーブルの曾孫であるヤン・ファーブルの作品も展示されます。これは楽しみ!!

ベルギー 奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで






ヒエロニムス・ボス工房《トゥヌグダルスの幻視》 1490-1500年頃 油彩、板 ラサロ・ガルディアーノ財団
fpIF07I3qujWYDdO4hmDADSAWR0caAIyPyzQWOEg9yvG2Uu4tPPVpCQHN428IpHi
© Fundación Lázaro-Galdiano


ジャン・デルヴィル《レテ河の水を飲むダンテ》 1919年 油彩、キャンヴァス 姫路市立美術館

spice.eplus-1






トマス・ルルイ《生き残るには脳が足らない》 2009年 ブロンズ ロドルフ・ヤンセン画廊
spice.eplus-2
copyright: Studio Thomas Lerooy, Brussels courtesy: Rodolphe Janssen, Brussels photo: Philippe D, Hoeilaart

ピーテル・ブリューゲル(父)[原画] 《大食》 1558年 エングレーヴィング、紙 神奈川県立近代美術館 葉山
spice.eplus






図説 ヒエロニムス・ボス: 世紀末の奇想の画家 (ふくろうの本)

ブリューゲル NBS-J (ニューベーシック・アート・シリーズ)

ブリューゲル NBS-J (ニューベーシック・アート・シリーズ)
ローズ=マリー・ハーゲン/ライナー・ハーゲン
タッシェン・ジャパン

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

「縄文」をモチーフにした松山賢の個展 「縄文怪人土偶怪獣」が新宿髙島屋で開催... アーティスト松山賢の個展「縄文怪人土偶怪獣」が、6月7日(水)〜19日(月)の期間に新宿髙島屋10階美術画廊で開催されます。 「縄文怪人土偶怪獣」と題した本展では、松山賢が日本人の根源的美術表現としての「縄文」をテーマに制作した油彩・アクリルの平面作品に加え、野焼きによる立体作品まで近・新作が...
パロディづくしの300点。「パロディ、二重の声 ――日本の一九七〇年代前後左右」が東京ステーションギ... 東京ステーションギャラリーで「パロディ、二重の声 ――日本の一九七〇年代前後左右」展が、2017年2月18日(土)~4月16日(日)の期間で開催されます。 本展は、グラフィックデザイナー横尾忠則(よこお ただのり)、現代美術家の篠原有司男(しのはら うしお)、美術家の吉村益信(よしむら ますの...
【必見】2019年に絶対見逃せない要注目の展覧会[随時更新]... 絶対見逃せない!!オススメの展覧会を厳選して紹介します。人気画家の最新の個展、海外の美術館から来日する名作の数々を展示する展覧会など、どう考えても見逃せない展覧会をピックアップしています。 東京の展覧会や、また美術館や博物館が密集している上野の美術館、六本木近辺の美術館・ギャラリー情報またはイ...
【必見】映画「エイリアン」で有名なH・R・ギーガーの展覧会が銀座で開催... スイス人のアーティストH・R・ギーガー(ハンス・ルドルフ・ギーガー)と言えば、SF映画「エイリアン」を思うかべる方が多いと思います。H・R・ギーガーは「エイリアン」に登場するあのグロテスクで存在感のある怪物をデザインしたクリエイターです。映画ではその「エイリアン」だけでなく、「スピーシーズ 種の起源...
【必見】安藤緑山や宮川香山など。明治から現代までの超絶技巧を堪能できる展覧会「驚異の超絶技巧! 明治... 大阪のあべのハルカス美術館で「驚異の超絶技巧! 明治工芸から現代アートへ」が2019年1月26日(土)~4月14日(日)の期間で開催されてます。初公開となる安藤緑山の「松茸、占地」や展覧会チラシで使われている「胡瓜」など野菜や果物をモチーフにした象牙彫刻(牙彫)や陶磁では、宮川香山の「猫ニ花細工花瓶...
身も凍る怪奇の世界。「真冬の幽霊画展」が12/19まで銀座で開催中... 現代日本画家、池永康晟、岡本東子、中原亜梨沙、鈴木博雄、内田すずめの展覧会「真冬の幽霊画展」が銀座にあるぎゃらりい秋華洞で12/19まで開催されています。 身も凍る怪奇の世界を掛け軸や浮世絵など古今の作品群とともに紹介されます。 池永康晟は当サイトでも紹介させていただいた画家ですね。どん...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る