古着で肉塊を表現し、屠殺場や肉屋を再現したインスタレーション作品

ニューヨークに拠点を置くアーティストTamara Kostianovsky(タマラ・コスティアノフスキー)は古着を使って、肉の塊を表現しています。

展示された会場の吊るされている肉の塊は、屠殺場や肉屋を再現しており、古着とは思えないほどリアルに制作されています。

Tamara Kostianovsky
















 
 
 

2017年2月25日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

悪魔か天使か。イギリスの教会に見世物のように吊るされた有翼人「Morning Star」... イギリスの現代アーティストPaul Fryerのインスタレーション作品(空間芸術)「Morning Star」はイギリスの首都ロンドンにあるメリルボーン聖教会で2008年に発表されました。 胴体や腕、脚に巻きついた人工的なワイヤー、身動きが取れなくなったのは悪魔か、天使なのか、神に反逆した堕天...
手が届きそう・・・本物のような月「Museum of the Moon」... イギリスのアーティストLuke jerram(ルーク·ジェラム)のインスタレーション作品「Museum of the Moon」は月をモチーフにした立体作品で、NASAの提供する画像を元にまるで本物のような月を制作しています。 HIVにマラリア、インフルエンザ。病原菌やウィルスをガラスで再現し...
空間にさりげなく溶け込んだ植物。草花をモチーフにした木彫作品があまりにリアルで繊細。... 彫刻家・須田悦弘さんの木彫作品をご紹介します。須田悦弘さんは植物をモチーフに木を彫り着色することでリアルなまるで本物のような彫刻作品を制作しています。 展示方法も独特で展示されている作品と思えないほど、何気なく会場に佇んでいます。それはまるで本物の植物のようです。 もちろん近くにはキャプ...
神秘的。美しいビーチリゾート、バハマに沈む巨大な彫像... こちらはバハマの海中に設置されたJason deCaires Taylorが制作した巨大な彫刻作品です。 高さ5m、重さ60tもある巨大な作品です。継ぎ目が見えるので設置方法はある程度予想できるかもしれませんが、その様子もありますのでご覧下さい。 (adsbygo...
物の価値を消し、別の価値を生む。消しゴムで消した対象をその消しカスで立体再現する入江早耶の芸術作品... 入江早耶は、日用品などの表面を消しゴムで消し、その消しカスから、元の視覚情報を立体に還元した小さくて精巧なオブジェを制作しています。 以前に、消しカスで作ったバラが芸術的すぎると話題になっていましたが、入江早耶の作品はそれを圧倒的に凌駕するコンセプトと技術を持った芸術作品です。 ...
捕獲された年老いた天使。イメージを覆すリアルな彫刻作品「Angel」... こちらは2008年にアーティストユニットSun Yuan & Peng Yu’sによって制作された立体作品、インスタレーション作品「Angel」です。 ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖典や伝承に登場する神の使いである天使の容姿は幼児や美しい女性、美少年などの容姿が一般的ではありますが、Su...
     

SNSで更新情報を配信中!!