【連続殺人犯】300人以上を殺害したヘンリー・リー・ルーカスが描いた絵

ヘンリー・リー・ルーカス(Henry Lee Lucas)(1936〜2001)はアメリカの約3000件の殺害を自供した連続殺人犯です。14歳ではじめての17歳の少女を殺害し、性的虐待を受けていた売春婦である母親の喉をナイフで切り裂いて殺害しています。母親からの性的虐待の影響で、幻聴に苛まれ、乖離症状を繰り返し、精神分裂病と診断され、「セックスの際に相手を殺さなければ絶頂に達することができない」と医師に証言しています。

また、殺害した人数は最初、60人と証言していたにも関わらず、100人、のちに3000人と数を増やしており、虚言癖があったため、実際に殺害した数は約300人程度と言われていますが、すべての犯行に証拠や根拠があるわけではなく、213人を殺したことを警察が確定していますが、300人以上の可能性が高いとされています。

描かれた絵のサインは2000年前後のものがほとんどで、死の前年に刑務所で描かれたものです。ジョン・ウェイン・ゲイシーの真似なのか、ピエロなども描かれていたり、サインがうまく描かれているので、殺人犯の描く絵としての作品として意識して描かれているのではないかとも思われます。

2001年にテキサス州のジョージタウン刑務所内で64歳の時に心臓発作を起こし死亡しています。また、ヘンリー・リー・ルーカスはトマス・ハリスの原作の「羊たちの沈黙」に登場するハンニバル・レクターのモデルの1人です。「ヘンリー/ある連続殺人鬼の記録」としてヘンリー・リー・ルーカスを描いた映画化もされています。






ヘンリー・リー・ルーカスの生い立ち

1936年8月23日にアメリカバージニア州ブラックスバーグに生まれました。母親は売春婦で、父親は両足を列車に轢かれ失っていました。前述の通り、母親から虐待を受けており、意味も無く殴りつけたり、ヘンリー・リー・ルーカスの目の前で性交し、それを見るように強要するなど、執拗な肉体的虐待や性的虐待が繰り返されていました。この事実だけで、ヘンリー・リー・ルーカスの生い立ちは想像を絶するほど壮絶だったことがわかります。

ヘンリー・リー・ルーカスは母親を殺害した後も、母親の声が聞こえてくる幻聴に苛まれ続け、乖離症状を繰り返して精神分裂病と診断されています。

ヘンリー・リー・ルーカスが描いた絵

ヘンリー・リー・ルーカス

ヘンリー・リー・ルーカス

ヘンリー・リー・ルーカス

ヘンリー・リー・ルーカス





ヘンリー・リー・ルーカス

ヘンリー・リー・ルーカス






ヘンリー・リー・ルーカスの映画

ドラマの「ウォーキング・デッド」や、映画「クリフハンガー」などで知られるマイケル・ルーカー主演、ジョン・マクノートン監督で1986年に制作されたヘンリー・リー・ルーカスをモチーフにした映画です。
ヘンリー ある連続殺人鬼の記録〈Collector’s Edition〉 [DVD]

ヘンリー・リー・ルーカスについては以下のリンクに詳しい情報が掲載されていますので、ご興味のある方はご覧ください。
300人以上を殺害!? アメリカ史上最悪の連続大量殺人鬼ヘンリー、母親に感情を壊された男
Henry Lee Lucas wikipedia

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

享年30歳。飛び降り自殺した画家・深井克美の描く幻想世界... 深井克美(ふかいかつみ)という画家をご存知でしょうか?30歳(1948年~1978年)という若さで亡くなられた函館生まれの画家です。 14歳の時、結核に感染し当時としては難病である脊椎カリエス(肺からの結核菌(けっかくきん)が血行性に運ばれて発症する結核性脊椎炎 出典:goo)を患っていま...
【山下清】「裸の大将」で有名な放浪画家が貼絵で描いた花火... こちらはテレビドラマでとても有名な画家・山下清(1922〜1971)の花火をモチーフにした作品です。一瞬のきらめきを放つ花火がとても好きだったようで多くの花火の作品を描いています。これらの作品群は貼絵などの技法を使って描かれています。1925年3歳の時に、高熱を伴う風邪により軽度の知的障害・言語障害...
【多重人格者】約20の人格が存在する解離性同一性障害者の女性が描く絵... イギリスのKim Noble(キム・ノーブル)(1960年生まれ)は解離性同一性障害(DID)を患っています。俗にいう多重人格障害です。それぞれの人格の独立性がとても強く、過去に類似例がないほど、重度の解離性同一性障害(多重人格)です。小説や映画で扱われることがよくあるので、ご存知の方も多いはず。 ...
豊かなイマジネーションの世界。ポーランドの画家Jacek Yerkaが描くのシュールレアリスム絵画... ポーランド出身の画家Jacek Yerka(ヤチェク・イェルカ)の作品はルネ・マグリットやサルバドール・ダリを彷彿とさせるシュールレアリスム絵画です。 イマジネーション溢れる不思議な風景や生き物と都市、住居などを融合させた絵を描いています。こんな世界があるなら行ってみたいと思えるようなファンタ...
水彩画の「にじみ」や「はね」を使って描かれたスーパーヒーロー達... アーティストのBluleは水彩絵の具を使って様々なスーパーヒーローを描いています。 水彩画の技法である「にじみ」や「はね」を効果的に使いざっくりとではありますが、特徴を巧みに捉えています。「ハルク」「ソー」「ウルヴァリン」「キャプテンアメリカ」などのアメコミヒーローの他にも、「R2-D2」「孫...
まるで宇宙。石を描いているのに石には見えない超リアルな絵画... 1947年に生まれアメリカのメイン州の画家Alan Mageeはアクリル絵の具と油絵の具でかなりリアルな石の絵を描きます。リアルなことにも驚きなのですが、描かれた石の構成が素晴らしい。 明らかに、ただの石ではなく、1つ1つの石が惑星や宇宙の一部分かのような神秘的なものを感じさせます。石の表面に...
     

SNSで更新情報を配信中!!