フォルムは愛らしい!?人肌がリアル過ぎる立体作品

こちらはルーマニアのアーティストFelix Deac(フェリックス・デアック)の作品です。

質感は人肌がリアルで気持ちが悪いと思う方のほうが多そうな気がしますが、案外フォルムは可愛らしいです。人間ではない、他の生命体のようなフォルムをしており、ただ、質感は人のものなので、とても奇妙な感じがします。

よく見ると人間の皮膚以外にも、脈やホクロ、皺や毛穴までかなりリアルに表現されています。リアルに作り込まれた人体の細部と、フォルムのユーモラスさとのギャップがありますね。











Felix Deac






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

電子部品で現代的曼陀羅を表現したアート作品「Technological mandala」... ロンドンのマルチメディアアーティストLeonard Ulianの作品をご紹介します。これらの作品はラジオやコンピュータなどを解体して取り出された電子部品とマイクロチップを使って曼陀羅を表現しています。 実に意外な切り口に驚きですね。欧州圏のアーティストがこういった形で曼陀羅を制作している点も意...
あの人気キャラクターが骨格標本に!!韓国のアーティストHyungkoo Leeが制作する立体作品... 韓国のアーティストHyungkoo Leeはディズニーのミッキーやグーフィー、ドナルドなどの骨格標本を制作しています。 以前ご紹介した「被ると頭部がデフォルメされ変顔に・・・人体をオブジェ化するプラスチック製ヘルメット型装置『The Objectuals』」と同じアーティストです。 素材...
不要となったプラスチック製品から作られる幻想的な立体作品... こちらはカナダ出身のマルチメディア·アーティストAurora Robson(オーロラ・ロブソン)が制作した立体作品、インスタレーション作品です。 これらの作品は捨てられたゴミ同然のプラスティックが素材に使われています。海岸に漂流して流れ着いたペットボトルやゴミの集積場を訪れ素材収集をしています...
まるで水面。一瞬の美しさを閉じ込めた立体作品... こちらはアメリカ人アーティスト、Sophia Collier(ソフィア・コライダー)の作品です。この水面を切り取ったようなオブジェ、光を受けて揺らぐ水面がとてもリアルに再現されていますよね。 Collierはアーティストであった父の影響から、物心をついたころからアートの存在が身近にあり、創造す...
完全に本物。ゴミをリアルに作ったらゴミにしか見えなくなった作品シリーズ「From the Stree... アーティストTom Pfannerstill作品シリーズ「From the Street」をご紹介します。 これらの作品は路上に落ちたゴミをリアルに再現した作品で、紙に描かれた作品ではなくギターのボディ材として使われるバスウッド(木)に描かれています。 木をキャンバスとして変形加工してあ...
これが絵画!?ゴミみたいなボロボロ過ぎる絵画作品... ブルックリンを拠点に活動するアーティストValerie Hegartyの作品をご紹介します。なんともダイナミックな作品ですね。ボロボロになったり、額が枝になっていたりと、、、。もうなんだかよく分かりませんね。 絵画というよりはインスタレーション、立体作品といったほうが適切かもしれません。 ズ...
     

SNSで更新情報を配信中!!