ファン必見!!名作漫画「漂流教室」をテーマとした「楳図かずお『漂流教室』異次元への旅」が発売

「楳図かずお『漂流教室』異次元への旅」がムックより2017/5/1に発売されます。楳図かずおはご存知の通り、「14歳」「おろち」や「まことちゃん」などで知られる漫画家ですね。

本書は漫画家・楳図かずおが週刊少年サンデーで1972年の23号から1974年の27号まで連載した空前絶後の衝撃作「漂流教室」を読み解く、もしくは、旅する内容となっています。

美術評論家の椹木野衣によるロングインタビューや「未来ちゃん」などで知られる写真家の川島小鳥が撮影したルポルタージュ、「漂流教室」の人物相関図に、主要登場人物図鑑、舞台となった大和小学校のイメージ図など、「漂流教室」が好きな方なら、必見となっています。

価格は1,296円、96ページ、平凡社から出版されます。

「今日と変わらない明日が来るとは限らない」というメッセージとともに、『漂流教室』が描いた生きるためのヒントをいま改めて知るための永久保存版。
椹木野衣が3日間かけて行なったロングインタビュー、川島小鳥が撮影したルポルタージュ、楳図かずおからの最新メッセージほか、本書初公開情報多数。






楳図かずお『漂流教室』異次元への旅 (別冊太陽 太陽の地図帖33)

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【スター・ウォーズ】ジョージ・ルーカス自らセレクト。コミック界のレジェンド達の作品が収録された「St... 先日、ご紹介した「Star Wars Art:イラストレーション」に引き続き、2016/1/31に発売された「Star Wars Art:コミックス」をご紹介します。こちらも「Star Wars Art:イラストレーション」同様にかなり濃度の高いStar Wars Artシリーズの作品集となっていま...
【画業30周年記念】完全読本。ホラー漫画界の異才・伊藤潤二の特集本が発売... 注目を浴びるホラー漫画界の異才・伊藤潤二を特集した「伊藤潤二研究 ホラーの深淵から」が12月20日に朝日新聞出版から発売されています。 本書は、2万字ロングインタビュー、単行本未収録作品や特別寄稿の記事、伊藤潤二の仕事場公開、「故郷中津川を巡る」や主要30作品の徹底解説、プロット、シナリオ、ネ...
昭和の広告マッチ1000点収録!!「広告マッチラベルデザイン集」が発売... 「マッチ・ラベル 1950s-70s グラフィックス 高度経済成長期の広告マッチラベルデザイン集」がグラフィック社から発売されています。 本書は、1950年代から1970年代の業種別、デザイン別に俯瞰した昭和の広告マッチ1000点が掲載されている「広告マッチ」をまとめた、初めてのビジュアルブッ...
エクセルで絵を描く方法「パソコンで描く『絵』の描き方」... 以前、ご紹介したエクセルで絵画を作るアーティスト堀内辰男さん(以下詳細)ですが、2019/5/29にマガジンランドより「パソコンで描く『絵』の描き方」という書籍が発売されることになりました。 これは驚き!!エクセルで絵画制作する堀内辰男の職人技 テレビや海外メディアで紹介されあっとう...
本でも見ても楽しい!!「ピクセル百景 現代ピクセルアートの世界」が発売... 「ピクセル百景 現代ピクセルアートの世界」がグラフィック社から、2019/6/10に2,916円(256ページ)で発売されます。 レトロゲームのようなドット絵表現による「ピクセルアート」が国際的な注目を集めていますね。本書は、世界的流行となっているドット絵風アートの最前線を追った作品集で、人気...
図版650点。西洋の装飾品をアクセサリーごとに概観する初めての事典「アクセサリーの歴史事典」... 「アクセサリーの歴史事典:上 (頭部・首・肩・ウエスト)」が2019/1/10に八坂書房から3,024円で発売されます。著者はキャサリン・モリス・レスター(Katherine Morris Lester)、ベス・ヴィオラ・オーク(Bess Viola Oerke)で、翻訳古賀敬子さんです。 本...
     

SNSで更新情報を配信中!!